沖縄

スポンサーリンク
沖縄

深夜の桜坂周辺を4軒目を求めて徘徊~【那覇市牧志】

浦添「おる」、那覇市牧志「海遊人’s Cafe Kaito Club。」、桜坂「餃子の店 新茶家」とハシゴして、さらに4軒目を求めて桜坂やら竜宮通りやらを徘徊しました。桜坂や竜宮通りを歩きまわり、「CB」、「ドラミンゴ」などにトライするも入店ならず。けっこう歩き回ったような気がしましたが30分くらいの徘徊でした。
沖縄

那覇市の新店情報【2015年1月編】

2015年1月以降の那覇市の新店情報です。 ※情報入手できた分だけです ※開店日までは調べていません
沖縄

餃子の店 新茶家でホックホクのにんにく入り餃子を賞味~【那覇市牧志・桜坂】

浦添「おる」、那覇市牧志「海遊人's Cafe Kaito Club。」とハシゴして、「Kaito Club」で一緒だった友人たちと、そのまま「餃子の店 新茶家」へ。ここの餃子はにんにくが1片そのまんまの姿でまるまる入っています。ホックホクでじゃがいものような食感。不思議なことに、にんにくの匂いはしません。めちゃウマ。
沖縄

海遊人’s Cafe Kaito Club。でもつ鍋やら手羽唐揚げやらを賞味~【那覇市牧志】

浦添「おる」でさんざんウマいものを賞味していたら別の友人たちからお呼び出しが。那覇市牧志の「山羊料理さかえ」ということでしたが行ってみると誰もおらず近所の「海遊人’s Cafe Kaito Club。」で無事に合流できました。もつ鍋、手羽唐揚げと2品を賞味。短い時間でしたがウマいものを堪能できました。
イベント・祭り

ソーキそばを賞味~。世田谷ボロ市1日目【世田谷ボロ市2015年1月編】

南岸低気圧の影響を受けた2015年1月の世田谷ボロ市初日、1月15日に沖縄料理の屋台でソーキそばを賞味してきました。600円。白くてちょい縮れて、もちもちめな麺。デカい軟骨ソーキは、とろけるような肉とプルンプルンな軟骨。白い沖縄かまぼこは、麺と一緒ならW主役に、単体でもしっかりと味のあるマルチプレイヤー。温まりました。
沖縄

浦添「おる」でウマいものいっぱい賞味してきましたあ~【浦添市牧港】

普段は那覇の徒歩圏内をウロウロしていることが多いのですが、ちょこっと遠出して浦添「おる」でウマいものをいっぱい賞味してきました。塩ゆでブロッコリ、さつまあげ、ハムカツサンド、マグロピリ辛炒め、冷しトマトなどなど。猫好きのご夫婦が運営していて、猫好きの間ではけっこう有名なお店だったりします。
沖縄

大福「チャンポン」(600円)を賞味~【那覇市牧志・沖映通り】

那覇へ来ると沖映通り「さぬきや」と並んでしょっちゅう来てしまう「大福」で「チャンポン」(600円)を賞味しました。キャベツ、にんじん、もやし、ほうれん草、短冊切りのポークといった構成。賞味してみると、野菜から出た旨味や卵、野菜自体、ポークやらの旨味が噴き出してきます。シメに小椀の沖縄そばを一滴残らず賞味して完食完飲。
そば・うどん

さぬきや「激辛うどんそば始めました!!」が気になります~【那覇市牧志・沖映通り】

那覇市牧志・沖映通りの「さぬきや」で、いつものようにたぬきそば大盛を賞味していたら店内に気になる貼紙を発見しました。「激辛うどんそば始めました!!」と書いてあります。店員さんに尋ねてみたら、激辛のものを載せるうどん・そばのようです。値段は50円プラス。実物を見せてもらったら豆板醤ぽい感じ。さらに辛いものをプラスな模様。
沖縄

さぬきや「たぬきそば大盛」(600円)を賞味~【那覇市牧志・沖映通り】

那覇に来ると、ついつい行ってしまう那覇市牧志・沖映通りの「さぬきや」。その「さぬきや」でよく注文する「たぬきそば大盛」を3ヶ月ぶりに賞味しました。450円に大盛150円で合計600円。表面を覆う大量のあげ玉。その上に、こんもりと盛られた大量のねぎ。味も風味をしっかりとした蕎麦と出汁が効いた汁。安定のウマさです。
沖縄

サウスウィンズ「さんまバター」(650円)を賞味~【那覇市牧志・沖映通り】

那覇市牧志の沖映通りにある「サウスウィンズ」にしばらくぶりに入店しました。「さんまバター」(650円)を注文。さんまバター、おろしポン酢、シューマイ、玉子焼き、サラダ、ポテトサラダ的なリンゴサラダ、バナナ、ごはん、小さな沖縄そばという構成。ドリンク付きだったのでホットーコーヒーを選択。多種類の味を堪能できました。
スポンサーリンク