那覇の安宿で必要なものリスト|ゲストハウス、ドミトリーなど

那覇の安宿で必要なものリストサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

この記事は
那覇の安宿で

「将来、再び安宿を利用することになったYさま」

に向けて
書いています。

安宿利用が
久々だったので
必要なものを
忘れかけていました。

この安宿には
14泊15日滞在予定。

ということで
必要なものたちを
「持ってきたもの」
「現地調達したもの」
に分けて
アップしておきます。

リストアップの後に
その理由も書いておきます。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

持ってきたもの

手のひらサイズの置時計

洗顔料

現地調達したもの

100均

サンダル(居室用)

サンダル(シャワー往復用)

バスタオル

バスマット

タオル(枕用)

コップ(歯ブラシ立てる用)

大きめなトレイ(濡れ物置く用)

3口タップ

床拭きシート

Tシャツ(身支度時に着用)

100均以外

歯ブラシ(ドラッグストア)

コロコロ(ドンキ)

ティッシュ5箱(コンビニ)

必要な理由

手のひらサイズの置時計

安宿の居室には
ほとんどの場合
時計はナイ

今回の宿も
やはり時計はナシ

持ってきてヨカッタ

洗顔料

シャワールームには
リンスインシャンプー
ボディソープ
が完備されているはず。

となると
顔もボディソープで
洗うことになるワケで、、、

どんな
ボディソープなのか
行ってみないと
わからないので
普段、宮殿で使用している
洗顔料を持参。

結果、、、

持参してヨカッタ

サンダル(居室用)

宿を予約する時に
「スリッパ類はあるか?」
とたずねたところ
「そんなものは、、、ナイ」
ということだったので
宿へ向かう途中に
100均で調達。

宿到達前に
調達した
唯一の物資。

「履くモップ」
でも良かったかも。

サンダル(シャワー往復用)

到着翌日(2日目)
シャワールームへ
クツで行ったら
復路で
びちゃびちゃに。

シャワー往復“専用”の
サンダルが必要と思い
追加購入。

バスタオル

宿にはナイので必須

バスマット

予約の時に
確認したところ

「バスマットはアル」

ということだったものの、、、

びっちゃびちゃで
まったく役に立たず。

MYバスマットが
必要と判断して
追加購入。

タオル(枕用)

枕が
どんな状態なのか
予想できなかったので
枕にかぶせる
タオルを購入。

結果、ヨカッタ。

コップ(歯ブラシ立てる用)

歯ブラシを
立てるためだけなれど
あると良し。

大きめなトレイ(濡れ物置く用)

コップ
歯ブラシ
シャワー後の洗顔料
などなど
ちょい濡れな物を置く。

居室に
収納がナイので
ちょっとした
小物の置き場としても活躍中。

3口タップ

居室には
2口コンセントが
あるものの
パソコンのすぐ横。

コンセントの
方向を変えるためだけに
3口タップが必要。

3口あるものの
フルで使用すると
ブレーカーが
落ちそうなので
くれぐれも
1口だけの利用にするべし。

床拭きシート

清掃状態が
わからなかったのと
どちらにしても
自ら掃除の必要が
出てくるので購入。

ただし、、、

100均のシートは
そーとーイマイチ。

後日
ドンキで
別製品をGETするべし。

Tシャツ(身支度時に着用)

汚れても良いけれど
他の客に見られても
許容できる
というレベルのTシャツ。

歯磨き
ヒゲ
シャワー往復
などなどで活躍。

新たにGETする必要は
ないものの
100円なので
これはアリかなーと。

歯ブラシ(ドラッグストア)

宿にはナイので必須

コロコロ(ドンキ)

枕、布団などなど
状態がわからなかったのと
どちらにしても
自らコロコロする必要があるので
こちらも必需品。

ティッシュ5箱(コンビニ)

なくても
過ごせることが
だんだん
わかってきたものの
やはりあると便利。