吉野家「鶏すき丼」(2018年ver)大盛を賞味~

吉野家鶏すき丼2018年ver大盛賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
「鶏すき丼」(2018年ver)を
2018年4月26日(木)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
大盛で賞味してきました。

【追記】
この5時間後には同じ店舗で「炙り塩鯖定食」を賞味してましたあ~

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2018年4月26日(木)。

この日の
午前10時から
吉野家が
「鶏すき丼」(2018年ver)を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

この前日から
沖縄県那覇市に
滞在していたので
那覇市の店舗へ行くことに。

4店舗ある中から
「吉野家ひめゆり通り店」を選択。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_004

到着。

時間は午前9時48分。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_005

すでに
「鶏すき丼」の
デカいバナーが
出現していますね~

反対側から見ると、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_015

こちら側も
「鶏すき丼」。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_006

「鶏すき丼」
のタペストリー。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_001

のぼりも
いろいろ
出ていますねぇ~

yoshinoya_torisuki_don_20180426_003

「鶏すき丼」
ののぼり。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_002

この日の
15時から
販売開始される
「炙り塩鯖定食」
ののぼりも出ています。

また、、、

沖縄の店舗ということで、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_007

yoshinoya_torisuki_don_20180426_008

ガラス壁には
一対のシーサー。

さらに店舗看板の
下あたりにも、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_009

yoshinoya_torisuki_don_20180426_009矢印付き

一対のシーサー。

向かって右側は、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_013

yoshinoya_torisuki_don_20180426_010

yoshinoya_torisuki_don_20180426_014

口を開いているシーサー。

向かって左側は、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_012

yoshinoya_torisuki_don_20180426_011

口を閉じているシーサー。

どちらのシーサーも
手に持っているのは
吉野家のドンブリですね~

鶏すき丼(2018年ver)
大盛を注文

午前10時直前。

入店してみます。

広い店内。

テーブル席に座ります。

メニューを取り出してみると、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_018

yoshinoya_torisuki_don_20180426_019

表紙部分に
「鶏すき丼」。

中面を開いてみると、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_020

鶏すき丼

テイクアウトできます

新!

とろけ出す半熟玉子が、
たっぷりの甘辛鶏肉と
ひとつになりました。

鶏すき丼
並450円 大550円

鶏すき皿
並350円 大450円。

他のメニューたちを
眺めてみると、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_021

タコライス

ビフタコ

半熟てりタコ

沖縄限定メニュー
「タコライス」と
そのバリエーション。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_022

この日の
15時から
販売開始される
吉野家の晩ごはん
「炙り塩鯖定食」
「炙り塩鯖牛定食」
もすでに掲載されています。

店員さんが
やって来たので
発注してみることに。

Y「10時になったら鶏すき丼。大盛で」

店「10時なったらでよろしいでしょうか?」

Y「???」

Y「もう注文できるのでしょうか?」

店「へい」

Y「もう販売しているんですか!?」

店「へい」

Y「もしかして、、、」

Y「炙り塩鯖定食ももう販売しているのでしょうか?」

店「へい。(午後)3時からですが」

どうやらこの店舗では
「鶏すき丼」も
「炙り塩鯖定食」も
先行販売されている様子。

Y「鶏すき丼。大盛で」

店「へい」

ということで
無事に発注に成功しました。

待っている間に
店内を眺めてみます。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_023

壁には
肖像画のように
ポスターたちが
掲げられています。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_016

「鶏すき丼」
のポスター。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_017

「炙り塩鯖定食」
のポスター。

鶏すき丼(2018年ver)
大盛を観察

鶏もも肉を
蒸した後
注文が入ってから
特製の甘辛口のタレで
和えて焼き上げる
ということですが、、、

待つこと5分、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_027

yoshinoya_torisuki_don_20180426_026

出てきました。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_029

yoshinoya_torisuki_don_20180426_028

丼本体。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_030

yoshinoya_torisuki_don_20180426_031

山椒。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_035

鶏もも肉。

タレが絡みまくっています。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_038

鶏もも肉たちの狭間に
玉ねぎがチラホラと見えます。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_042

半熟玉子。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_050

鶏もも肉たちの
合間から
ちょこっとだけ見える
大盛のごはん。

鶏もも肉を持ち上げてみます。

よいしょっと。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_045

照り照りですね~

テカッているのは
タレでしょうかね~

yoshinoya_torisuki_don_20180426_048

玉ねぎ。

タレがしみこんでいる外縁部と
白さを残す中心部。

鶏すき丼(2018年ver)
大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

タレをちょこっと、、、

ぺろり。

「甘辛口」ということですが、、、

甘さの方が目立っている印象。

次は、、、

鶏もも肉をちょこっと、、、

はむッ

一度、蒸しているだけあって
やわらか~な食感。

タレがしっかりと効いています。

続いて、、、

玉ねぎをちょこっと、、、

かぷッ

タレの甘さが
ひきたっている感じ。

半熟玉子を展開してみます。

箸を近づけて、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_052

どすッ

ぷしゃッ

yoshinoya_torisuki_don_20180426_053

どろどろどろ~~~

yoshinoya_torisuki_don_20180426_054

箸で広げてみます。

ぐりぐりぐり~~~

yoshinoya_torisuki_don_20180426_056

yoshinoya_torisuki_don_20180426_055

黄身は
しみこんでしまい
うまーく広がらず。。。

白身部分は
表層に残っていますね~

黄身が
どっぷりと
絡んでいるあたりの
鶏もも肉を
持ち上げてみます。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_058

ねっとりと
絡みまくり~

このまま、、、がぶり。

タレの甘さと
黄身の甘さが
ねっとりと
入り混じって
ちょこっと遅れて
中から鶏もも肉由来のウマさ。

このまま
賞味を進めてしまいたい
ところではありますが、、、

山椒をふりかけてみます。

小袋を開けて、、、

パサパサ~~

yoshinoya_torisuki_don_20180426_062

yoshinoya_torisuki_don_20180426_061

yoshinoya_torisuki_don_20180426_063

全体にまんべんなく、、、

とはいかず、、、

どばどばどばッと着丼。

鶏肉
玉ねぎ
白身
黄身
山椒

をいっぺんに持ち上げて、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_066

がぶり。

ふわーッと
甘さが広がり、、、

山椒のキリリとした刺激。

その刺激は
長続きはせずに
すぐに
黄身やら白身やらに
包まれていきます。

やがて
玉ねぎに
しみこんでいた
タレたちが解放されると
再び甘さが復活してくる感じ。

ここからは
がばがばと
賞味していくと、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_070

あっという間に完食。

冷たい水で一服して、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_024

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

鶏すき丼(2018年ver)
大盛の伝票

賞味終了したので
伝票を眺めてみます。

yoshinoya_torisuki_don_20180426_032

yoshinoya_torisuki_don_20180426_033

2018年04月26日

09:59

1 鶏すき丼 大 550

小計 550

合計 550

時間が
「09:59」になっていますね~

伝票を持って
レジへ進み、、、

yoshinoya_torisuki_don_20180426_071

楽天Edyで支払い。

シャリ~ン

沖縄の吉野家は
楽天Edyが使えるので
ありがたや~です。

Yさまのまとめ

なんだかんだと
あちこちで
先行販売されていた
「鶏すき丼」。

ついに全国販売ですね~

と思って
訪店した店舗でも
先行販売中でした。

Yさまが初賞味したのは
2017年11月の宇都宮でしたが、、、

【参照】

その時のバージョンから
変化はないような印象。

場所も
栃木県宇都宮市やら
沖縄県那覇市やら
離れた土地だったりしますが
それでもお味は変わっていない印象。

全国どこの店舗でも
変わらぬウマさを
提供しているのですね~

■この5時間後には同じ店舗で「炙り塩鯖定食」を賞味してましたあ~