吉野家「おろし牛カルビ丼」特盛を賞味~

吉野家おろし牛カルビ丼2018特盛賞味サムネイル480自動補正後

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
夏季限定商品
「おろし牛カルビ丼」
「おろし豚丼」
「おろし鶏丼」を
2018年7月26日(木)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
「おろし牛カルビ丼」を
特盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2018年7月26日(木)。

この日の
午前10時から
吉野家が
夏季限定商品
「おろし牛カルビ丼」
「おろし豚丼」
「おろし鶏丼」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

吉野家に来ました20180726

到着。

時間は午前9時53分。

タペストリーは
「ハムエッグ定食」
になっています。

まだ「朝ごはん」モードですね~

「おろしシリーズ」
(↑と勝手に呼んでいます)
らしき要素は
見当たらず。

おろし牛カルビ丼
特盛を注文

午前10時ちょっと前に入店。

カウンター席に座ります。

店内を眺めてみますが
やはり
「おろしシリーズ」
らしき要素はナシ。

目の前の
メニューを
取り出してみます。

よいしょっと。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_009

グランドメニューと
この日の午前10時で
販売終了になる
「ねぎ塩シリーズ」の
ペラメニュー。

店員さんが
やって来たので
発注してみます。

Y「おろし牛カルビ丼。特盛で」

店「・・・へ!?・・・」

おっと、まだ午前10時前でしたか。。。

Y「(午前)10時になったら」

店「へい」

どうやら
無事に発注できた様子。

ウラシロの差し替えを目撃

完成を待っていると
店長らしき人が
店員さんに指示を出しているのが
聞こえてきます。

店長「ねぎ塩のウラシロだけ回収して」

店員「へい」

店長「かわりにオロシ」

店員「へい」

片面印刷のペラメニューは
「ウラシロ」と
呼ばれているのですねぇ~

なんてやっていると
「ねぎ塩」のウラシロは回収されて
「おろし」のウラシロが
配給されてきました。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_017

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_019

レイアウトだけ
見る限りでは
完全に
「おろし牛カルビ丼」押し
ですね~

その下に
「おろし豚丼」
「おろし鶏丼」
という順番。

よーく見ると
単価が高い順ですね~

豚丼と鶏丼は
並盛と大盛の価格は
同じですが
豚丼の方が
高価格なバリエーションがあります。

ようするに、、、

おろし牛カルビ丼:590円~790円

おろし豚丼:490円~790円

おろし鶏丼:490円~590円

となっています。

おろし牛カルビ丼
特盛を観察

なんてやっていると
待つこと4分、、、

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_016

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_011

出てきました。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_026

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_024

丼本体。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_028

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_027

大根おろし。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_030

牛カルビ。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_031

青ねぎ。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_035

合間から見える
特盛のごはん。

お、、、

ポスターの
差し替えを
実施しています。

差し替わった
ポスターを
眺めてみると、、、

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_036

「パスポート配布中」
のポスターでした。

さて「丼」観察の続き。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_041

牛カルビ。

1切れの面積が
大きめないつもの感じ。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_045

青ねぎ。

いつもより
元気がなさそう。

牛カルビ丼に
大根おろしを投入

別添えになっている
大根おろしを
牛カルビ丼に投入してみます。

まずは、、、

青ねぎを
ちょこっとよけて
大根おろしの
着地スペースを
確保してみます。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_048

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_047

丼の中央から右側あたりへ
大根おろしを投入~

どばどば~~

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_054

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_051

大根おろしの量が
おもったより多い感じ。

ありがたや~

おろし牛カルビ丼
特盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは牛カルビをちょこっと、、、

はむッ。

事前の情報では

「柑橘系のタレを使用した醤油ポン酢仕立て」

ということでしたが、、、

なんだか
いつもの牛カルビと
あまり変わらないような。。。

単体ではなく
組み合わせて
賞味してみます。

牛カルビ
大根おろし
青ねぎ
をいっぺんに持ち上げて、、、

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_058

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_063

そのまま、、、がぶり。

牛カルビのウマい汁と
大根おろし由来の水分が
それぞれ
じゅわーと広がりながら
一体となっていきます。

ちょい遅れて
青ねぎの風味。

醤油ポン酢らしきお味は、、、

やはりあまり感じないような。。。

牛カルビを持ちあげた跡地を
眺めてみると、、、

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_068

ごはんに
タレがしみこんでいます。

試しに
タレたしみこんだ
ごはんをちょこっと
味見してみると、、、

牛カルビっぽい
コクのあるウマさは
感じるものの、、、

醤油ポン酢っぽいお味は
感じません。

ここからは
がばがばと賞味していくと
あっという間に、、、

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_070

完食。

冷たい水で一服して、、、

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_010

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

おろし牛カルビ丼
特盛の伝票

完食したので
伝票を眺めてみます。

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_020

yoshinoya_oroshi_gyu_karubi_bowl_20180726_021

1 オロシ カルビ丼・特 790

小計 790

合計 790

2018年07月26日

09:59

時間が
「09:59」に
なっていますね~

発注はちょこっと
フライングしてしまいましたが
出てきたのは
午前10時3分頃だったので
セーフということで。。。

店員さんにきいてみる

「醤油ポン酢」らしき味を
感じられなかったので
支払いの時に
店員さんにきいてみることに。

Y「いつもの牛カルビ丼と違いがわかりませんでした」

店「えーそうでしたか? ポン酢を使っているんですけどねー」

どうやらやはり
Yさまが
「違いのわからない美少年」
だった様子。

まだまだ修業が足りませんね~

Yさまのまとめ

「醤油ポン酢」の存在は
わかりませんでしたが
牛カルビからのウマい汁と
大根おろしからの水分が
組み合わさって
サッパリとウマい丼でした。

猛暑が続く
2018年の夏には
よく似合う丼かもですね~