南町田グランベリーパークにスヌーピーミュージアム2019年秋開館予定

南町田グランベリパークにスヌーピーミュージアム開館サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

2019年秋にまちびらき予定の
「南町田グランベリーパーク」内に
「スヌーピーミュージアム」が
開館する予定ですね。

六本木からの移転。

■商業施設「グランベリーパーク」計画概要はコチラ~

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

スヌーピーミュージアム
概要

六本木のスヌーピーミュージアム外観
スヌーピーミュージアム六本木写真20180816

運営:株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ

協力:チャールズ M. シュルツ美術館(アメリカ、カリフォルニア州)

延床面積:約2,600平方メートル+カフェ約200平方メートル(アネックス)

開館予定:2019年秋

アメリカの
カリフォルニア州
サンタローザにある
「チャールズ M.シュルツ美術館」の
世界唯一の
サテライトミュージアム(分館)。

2016年4月から
東京・六本木で
オープンしてきましたが
2018年9月24日に会期終了で閉館予定。

六本木にかわる
新たな場所として
南町田グランベリーパーク
への移転が決定しました。


「南町田グランベリーパーク」の
中央部分に位置する
「パークライフ・サイト」に開館


六本木の約2倍の規模


緑あふれる環境を活かした
エンタテインメントや
アウトドア・プログラムを提供


世界中の新聞に掲載された
コミック「ピーナッツ」を紹介


スヌーピーの魅力を
原画や資料で紹介


「スヌーピーミュージアム」
だけで手に入る
オリジナルグッズを販売


隣接するアネックスにカフェを併設

スヌーピーミュージアム
六本木ではこんな感じ

六本木での内容が
そのまま南町田へ
移行されるかどうかは
わかりませんが
とりあえず
六本木でのいろいろを
列挙しておきます。


ミュージアムの屋外では
初期の子犬から
おなじみの姿まで
5体のスヌーピーが並んでいます。


毎日変わる
メモリアルチケット

来館日の新聞に掲載された
コミックが印刷されています。


4500枚の
コミックを並べて作った
モザイク壁画

本家シュルツ美術館にもあります。


原画、映像、ヴィンテージグッズなど
200点以上を展示


「BROWN’S STORE」
(ブラウンズストア)では
ここでしか手に入らない
ステーショナリー
雑貨
コラボレーション商品
などを販売

参考までに
六本木での最終回は
「くたくたウサギのぬいぐるみ」
限定柄のポスター
など。

定番商品は
原画をカラフルにあしらった
トートやマグカップなどが多数。


「Cafe Blanket」
(カフェブランケット)では
西海岸テイストの
軽食
ドリンク
スイーツ
などを提供

参考までに
六本木での最終回は、、、

ともだち同士が
塀に寄りかかって
語らうシーンをイメージした
「FRIENDSHIPホットドッグ」

真っ赤なピアノをイメージした
「シュローダーのベリーパンケーキ」

不思議キャラクターの
ユードラをイメージした
「ユードラのパープルサンデー」

などを提供。


館内の随所に
本家シュルツ美術館と
共通の仕掛け


半年ごとに
展示内容を入れ替え
ストアや
カフェのメニューも
変更

スヌーピーミュージアム
六本木時代の入館料

南町田での
入館料は
まだわかりませんが
参考までに
六本木時代の
入館料をアップしておきます。

【 前売券/当日券 】

一般 1,800円/2,000円

大学生 1,200円/1,400円

中学・高校生 800円/1,000円

4歳~小学生 400円/600円

Yさまの所感

六本木の
「スヌーピーミュージアム」が
南町田へ移転ですね~

敷地面積:約22.2ha
という広大な「まち」の
中心部。

開館は「2019年秋」。

「南町田グランベリーパーク」
(MINAMIMACHIDA GRANDBERRY PARK)
の「まちびらき」に合わせた開館とのこと。

駅名が
「南町田駅」から
「南町田グランベリーパーク駅」へ
名称変更になったり

店舗数約200店舗の
商業施設
「グランベリーパーク」
(GRANDBERRY PARK)が
オープンしたり

街が大きく変わりそうですね~