松屋「ネギだく塩ダレ豚カルビ定食」をライス大盛無料で賞味~

松屋ネギだく塩ダレ豚カルビ定食2018大盛賞味サムネイル自動調整後

Yさま(@ysb_freeman)です。

松屋が
「ネギだく塩ダレ豚カルビ定食」を
2018年7月10日(火)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
ライス大盛無料で
「選べる小鉢」は
「キムチ」で
賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

松屋に来ました

2018年7月10日(火)。

この日の
午前10時から
松屋が
「ネギだく塩ダレ豚カルビ定食」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

松屋に来ました20180710

到着。

時間は午前9時56分。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_003

壁にはすでに
「ネギだく塩ダレ豚カルビ定食」
のタペストリー。

なにやら
貼り紙がありますねぇ~

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_008

新メニュー

ネギ塩ダレ豚カルビ定食
をご注文のお客様限定

ライス大盛
サービス実施中!

7/10(火)10:00→7/24(火)10:00まで

サービス期間中にライス特盛を
ご希望のお客様は+40円にて承ります

「ライス大盛サービス実施中」
の貼り紙ですね~

松屋ガラス壁の塩キャベツ豚丼のポスター20180710

ガラス壁には
塩キャベツ豚丼
のポスター。

ネギだく塩ダレ豚カルビ定食
ライス大盛無料を注文

午前10時になったので
入店してみます。

まずは券売機へ。

松屋券売機TOP画面20180710

画面がひかりまくり~

よーく見ると
「店内」か
「お持ち帰り」かを
選択する画面。

「店内」を選択。

次の画面で
「期間限定メニュー」
のタブを選択すると、、、

お、出てきました。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_013

ネギだく塩ダレ豚カルビ定食
(とろろ)

ライス大盛
無料
サービス実施中

定食
ライス選択
620円~

W定食
ライス選択
950円~

下段は
(キムチ)バージョンですね~

となっていることに
気が付いたのは
この写真を見てからだったり。。。

実は、、、

画面ピカピカ状態で
(↑という言い訳)
上段の
(とろろ)の方しか
視界に入っておりませんでした。

なんの躊躇もなく
(とろろ)の方の
「定食ライス選択」を
ピロッとタッチ。

松屋ネギだく塩ダレ豚カルビ定食2018ライス選択画面20180710

定食
650円

ライス大盛
無料サービス
650円

ライス特盛
今だけ+40円
690円

ライスミニ
620円

せっかくなので
「ライス大盛無料サービス」
を選択。

千円札を
投入して
食券とお釣りをGETします。

当然のことながら
「とろろ」の食券が
出てきたワケですが、、、

そんなことには
まったく気が付いておらず
「選べる小鉢」は
店員さんに指定するものと
思い込んでいたYさま。

そして
「とろろ」ではなく
「キムチ」を選択する気まんまん。

なぜならば、、、

「とろろ」の組み合わせは
2015年に賞味している気がしたので、、、

【参照】

小さいテーブル席に座りました。

やって来た店員さんに
食券を渡しながら、、、

Y「キムチで」

店(しばし食券を眺めて、、、)

店「???」

Y(はて?通じていないのかな?)

Y(別途、単品でキムチが出てきたらイカン)

Y「“選べる小鉢”はキムチで」

店「??????」

店「へ、、、い、、、」

なんとも頼りないリアクション。

それもそのはず。

「とろろ」の食券を
差し出して
ドヤ顔で
「キムチ」
とか言っているワケで。。。

ほんとーにスミマセンでした。

残った半券はコチラ。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_017

18.-7.10

塩豚カルビ定とろろ大

¥650(税抜き 602円)

10:00

食券に
「とろろ」と
明記してありますが、、、

この時点でも
まったく気が付いておらず。。。

フシアナ状態ですね~

そして
時間が
販売開始時間ちょうどの
「10:00」になっています。

待っている間に
店内を眺めてみます。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_015

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_016

「ネギだく塩ダレ豚カルビ定食」
のPOP。

いつもならば
壁にポスターが
出現しているはずですが
この日は見当たらず。

ネギだく塩ダレ豚カルビ定食
ライス大盛無料を観察

待つこと6分、、、

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_023

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_022

出てきました。

手前から
眺めていきます。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_024

大盛のライス。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_028

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_026

ネギだく塩ダレ豚カルビ。

続いて2列目。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_029

生野菜。

キャベツメインで
にんじん
トレビス
コーン
という
いつもの構成ですが、、、

いつもより
トレビスが
目立っているかも~

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_030

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_031

キムチ。

「とろろ」の
食券を出しても
バッチリとキムチ。

松屋さま
ありがとうございます。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_034

この器というか
お椀は、、、

フタを開けてみます。

ぱかッ

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_033

みそ汁ですね~

具はいつもの
油揚げとみそ汁。

ネギだく塩ダレ豚カルビを
さらによく眺めてみます。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_035

豚カルビ
というか
豚バラ肉。

黒い粒々は
黒コショウでしょうかね~

ということは
いつもの通り
鉄板で
塩コショウで
焼き上げられていそうな雰囲気。

ちなみに
数えてみたら
16枚でした。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_037

青ねぎ。

たっぷり~

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_041

青ねぎに
絡む白ごま。

と共に、、、

塩ダレらしきが
絡みまくっていますね~

お皿をちょこっと傾けて、、、

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_042

底にたまっている汁。

うすーく
醤油っぽい色が
入っているように見えます。

いろいろ持ち上げて
さらによーく眺めてみます。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_046

豚カルビ。

松屋で
おなじみの
いつもの
豚バラ肉な感じ。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_050

青ねぎも
いつもの感じ。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_054

塩ダレが
絡んでいるあたりの
青ねぎ。

ピンボケですねぇ。。。

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_060

いろいろ持ち上げた跡地の
豚カルビの上に
塩ダレらしきが
たまっています。

ネギだく塩ダレ豚カルビ定食
ライス大盛無料を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

お皿の底の汁をちょこっと、、、

ぺろり。

塩っぽいような
うすーく醤油っぽいような。

次は、、、

豚カルビと
青ねぎを
いっぺんに持ち上げて、、、

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_058

そのまま、、、がぶり。

塩味のような
醤油味のような。

豚カルビは
脂っぽいコクを感じます。

ちょこっと遅れて
青ねぎの風味が
ばふーんと
横に広がります。

続いて、、、

豚カルビ
青ねぎ
キムチ
をいっぺんに持ち上げて、、、

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_063

そのまま、、、がぶり。

キムチの存在が
めっちゃ大きい感じ。

キムチ85
その他15

といった印象。

そのキムチは
ピリリとした刺激。

けっこうな塩分。

ということもあって
めっちゃごはんが進むお味。

大盛ライスが
3杯くらいで
ちょうど良いくらいかも~

とは言いつつも
大盛ライスは1杯なので
うまーくペース配分しながら
賞味していくと、、、

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_066

あっという間に完食完飲。

冷たい水で一服して、、、

matsuya_negidaku_shiodare_buta_karubi_teishoku_20180710_019

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

松屋の夏の定番
となりつつある
ネギだく塩ダレシリーズ
(↑と勝手に呼んでいます)。

前年(2017年)夏の
「ネギたっぷり塩ダレチキン定食」以来、、、

【参照】

1年ぶりに賞味。

安定のお味ですね~

このシリーズを
賞味すると
「夏だあーーー」
という気分が
盛り上がります~