かつや「カキフライ丼」ご飯大盛を賞味~

かつやカキフライ丼2018大盛賞味サムネイル480調整後

Yさま(@ysb_freeman)です。

かつやが
「カキフライ丼」
「“あったか”とん汁とカキフライ定食」を
2018年11月2日(金)から
期間限定で
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日に
「丼」の方を
ご飯大盛で
賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

かつやに来ました

2018年11月2日(金)。

この日から
期間限定で
かつやが
「カキフライ丼」
「“あったか”とん汁とカキフライ定食」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

朝っぱらから
別用事があり
かなーり出遅れ。

katsuya_kakifuraidon_20181102_014

到着。

時間は
昼12時36分。

ランチタイム
真っ只中。

katsuya_kakifuraidon_20181102_015

katsuya_kakifuraidon_20181102_010

店外には
「カキフライ丼」
「“あったか”とん汁とカキフライ定食」
のタペストリー。

ここで
入店できれば
良かったものの、、、

さらに別用事があって
いったん見送りに。。。

ようやく戻って来たのは
すっかり陽が暮れた頃。

katsuya_kakifuraidon_20181102_020

時間は17時45分。

夏だったら
まだまだ
明るい時間ですが
11月ともなると
すっかり夜な雰囲気。

katsuya_kakifuraidon_20181102_022

タペストリーには
照明が当てられてますね~

カキフライ丼
ご飯大盛を注文

さっそく入店してみます。

まずは券売機へ。

katsuya_kakifuraidon_20181102_024

TOP画面から
「店内」を選択。

katsuya_kakifuraidon_20181102_025

次の画面で
「丼ぶり」をタッチすると、、、

お、出てきました。

katsuya_kakifuraidon_20181102_026

期間限定

さっくり
広島県産
ぷっくり

カキフライ4個

カキフライ丼

丼単品
640円

とん汁(小)付
760円

「丼単品」を
ピロンッとタッチ。

余談ながら、、、

「丼+とん汁(小)」は
760円ですが、、、

「とん汁(大)」が
付いてくる
「定食」は
740円ですね~

katsuya_kakifuraidon_20181102_027

ご飯大盛変更
+120円

を追加。

毎度のことながら
このボタンは
どーゆーワケか
ピントが合いません。。。

katsuya_kakifuraidon_20181102_028

「ご選択内容」を
よーく確認してから
千円札を
流し込みます。

ジリジリ~~

無事に
食券とお釣りを
GETできました。

カウンター席に座ります。

やって来た
店員さんに
食券を渡して
残った半券はコチラ。

katsuya_kakifuraidon_20181102_032

18.11.-2

17:39

カキフライ丼

¥640

(内消費税47円)

18.11.-2

17:39

¥120

(内消費税9円)

時間が
「17:39」に
なっていますね~

食券をGETした時間は
17時47分頃だったような。。。

待っている間に
店内を眺めてみます。

katsuya_kakifuraidon_20181102_040

壁に
「カキフライ丼」
「“あったか”とん汁とカキフライ定食」
のポスターを発見。

2箇所に掲出されていました。

カキフライ丼
ご飯大盛を観察

待つこと8分、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_043

出てきました。

めっちゃ牡蠣の香り。

そしていつもは
あまり目立たない
三つ葉の香りも
けっこう感じます。

牡蠣の香りが
三つ葉の香りを
引き立てているような印象。

4方向から
眺めてみます。

katsuya_kakifuraidon_20181102_045

katsuya_kakifuraidon_20181102_046

katsuya_kakifuraidon_20181102_047

katsuya_kakifuraidon_20181102_048

さらに
よーく眺めてみることに。

katsuya_kakifuraidon_20181102_049

デカいカキフライ。

4個あります。

katsuya_kakifuraidon_20181102_052

中央に三つ葉。

katsuya_kakifuraidon_20181102_053

カキフライの合間に
まだナマ状態の玉子の白身。

「雪の季節の渓谷と川」
みたいな眺めですね~

katsuya_kakifuraidon_20181102_055

玉子の
黄身
白身
出汁が
一体となっているあたり。

katsuya_kakifuraidon_20181102_057

ちょっとした
隙間から
ちょこっと覗く
大盛のごはん。

いろいろ
持ち上げてみます。

まずは、、、

カキフライを、、、

よいしょっと。

katsuya_kakifuraidon_20181102_063

デカいです。

重さもしっかりあります。

katsuya_kakifuraidon_20181102_068

カキフライを
持ち上げた跡地。

katsuya_kakifuraidon_20181102_059

三つ葉。

カキフライを展開してみます。

箸を近づけて、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_070

せーの、、、

どすッ

katsuya_kakifuraidon_20181102_071

ぐりぐりやって
2分割。

断面を眺めてみます。

katsuya_kakifuraidon_20181102_074

もう片方。

katsuya_kakifuraidon_20181102_076

なんてやっていると、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_082

玉ねぎを発見。

この後に、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_084

大量に発掘。

カキフライ丼
ご飯大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

玉子とじの
玉子部分をちょこっと、、、

はむッ

めっちゃ出汁が効いています。

続いて、、、

カキフライをちょこっと、、、

かぷッ

わずかにサクッとした感じが
残っています。

中身はやわらか~

牡蠣のウマさが噴出します。

このままごはんをがぶり。

ごはんにも
ウマい汁が
ちょこちょこと
しみこんでいて
良い感じ。

このまま
賞味していくと
ものすごいスピードで
進んでいきます。

半分くらい
賞味したところで
再び眺めてみます。

katsuya_kakifuraidon_20181102_090

katsuya_kakifuraidon_20181102_088

katsuya_kakifuraidon_20181102_092

katsuya_kakifuraidon_20181102_091

「ご飯大盛変更」
にしただけあって
ごはんは
けっこう入っているものの、、、

カキフライ&玉子とじが
ごはんと相性良すぎで
あっという間に
半分ほどなくなってしまいました。

ここで
ちょこっと
変化をつけてみます。

そう、、、いつものアレで。

katsuya_kakifuraidon_20181102_033

カウンター上の
いろいろの中から、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_034

この壷を召喚。

フタを開けると、、、

ぱかッ

katsuya_kakifuraidon_20181102_035

katsuya_kakifuraidon_20181102_037

割干大根漬さまが出現~

いつもなら
ばっさばっさと
投入するところではありますが
この日はちょこっとだけ投入。

さっそく賞味してみると、、、

案の定、
カキフライ丼にとっては
割干大根漬のお味が
ちょこっと強め。

ケモノ系の
重厚な揚げ物には
割干大根漬の大量投入が
良かったりしますが
わりとライトなカキフライには
少量の方が良い感じ。

このまま
後半も賞味していくと
やはりあっという間に、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_096

完食。

温かいお茶で一服して、、、

katsuya_kakifuraidon_20181102_041

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

カキフライの
玉子とじ丼ですね~

かつやにしては
ライトな味わい。

玉子とじからの汁が
ごはんにしみこんで
良い感じ。

ライトなだけあって
賞味の進み具体が
めっちゃ速かったという印象。

いつもの調子で
賞味してしまうと
瞬く間になくなってしまうので
落ち着いて
ゆったりとした気持ちで
賞味するのが良いかも~