吉野家「鶏生姜丼」大盛を賞味~

吉野家鶏生姜丼2018大盛賞味サムネイル480_20180906調整後

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
「豚生姜定食&丼&皿」
「牛カルビ生姜定食&丼&皿」
「鶏生姜定食&丼&皿」を
2018年9月6日(木)から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日に
「鶏生姜丼」を
大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2018年9月6日(木)。

この日の
午前10時から
吉野家が
「豚生姜定食&丼&皿」
「牛カルビ生姜定食&丼&皿」
「鶏生姜定食&丼&皿」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

朝から別用事アリで
かなーり出遅れ。

吉野家に来ました20180906

到着。

時間は16時07分。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_005

ガラス壁には
「豚生姜定食」
「豚生姜丼」
のタペストリー。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_007

3社合同定期券の
タペストリーもあります。

鶏生姜丼
大盛を注文

さっそく入店してみます。

カウンター席に座りました。

カウンターの上には、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_009

3社合同定期券
のステッカー。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_015

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_018

3社合同定期券
のPOPもあります。

メニューを
取り出してみます。

よいしょっと。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_010

グランドメニューと
ペラ(ウラシロ)1枚。

どちらも
まだ新しい感じ。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_011

ペラメニューは
生姜シリーズですね~

反対側は真っ白。
(なので通称“ウラシロ”)

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_012

グランドメニューの
表紙は
「豚生姜定食」
「豚生姜丼」。

ピラリと開いてみると、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_013

鶏丼のコーナーに
「鶏生姜丼」がありました。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_014

豚丼と
牛カルビ丼の
コーナー内には
「豚生姜丼」
「牛カルビ生姜丼」
が載っています。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_017

壁には
「3社合同定期券」
さんま炭火焼き
のポスターたち。

生姜シリーズの
ポスターは
見当たらず。

鶏生姜丼
大盛を観察

待つこと4分、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_022

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_021

出てきました。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_025

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_023

丼本体。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_028

別添で
マヨネーズ。

取り出して
よーく眺めてみます。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_030

販売者
「株式会社吉野家ホールディングス」
とありますが
製造者は表記ナシ。

「アマニオイル入り」
なのですね~

9g入り。

ひっくり返してみます。

ぴらり~

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_031

ぷよんぷよんの
容器の中に
マヨネーズが
びっちりと
詰まっています。

丼へ戻って
観察を続けます。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_037

鶏肉。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_039

生姜タレ。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_042

千切りキャベツ。

だけでなく、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_043

にんじんも
混ざっていますね~

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_047

合間から覗く
大盛のごはん。

持ち上げて
さらに眺めてみます。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_051

鶏肉。

よくある
焼き鳥の
2~3倍くらいの
大きさ。

絡んでいる
生姜タレに
こまかーい
粒々が見えます。

すりおろした
生姜でしょうかね~

もしくは
事前の情報にあった
「ローストオニオンパウダー」
でしょうか???

まあ、眺めただけでは
わかりません。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_055

千切りキャベツとにんじん。

水分少なめで
もっさりとした感じ。

鶏生姜丼
大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

生姜タレをちょこっと、、、

ぺろり。

事前の情報では、、、

—–

2種類の醤油をブレンド

ローストオニオンパウダーを追加

隠し味に味噌を追加

コクのあるタレ

—–

ということでしたが、、、

たしかに醤油ベースな味わい。

ブレンドかどうかは
判別できません。

当たり前ながら
めっちゃ生姜味。

オニオンっぽいお味も
味噌っぽいお味も
ほとんどわかりません。

言われてみれば
感じるような、感じないような。。。

コクはありますが
キレが良いので
味に深みが増すというよりは
スッキリした感じ。

一味唐辛子とか
七味唐辛子とかと
相性が良さそうです。

続いて、、、

鶏肉をちょこっと、、、

はむッ。

めちゃやわらか~

生姜タレが効いています。

ちょこっと味見は
このくらいにして、、、

マヨネーズを
投入してみます。

せーの、、、

ぴろぴろぴろ~~~

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_059

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_058

キャベツにはかけずに
鶏肉部分だけに
広範囲に
投入してみました。

マヨネーズがついた
鶏肉を持ち上げて、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_061

そのまま、、、がぶり。

「コクがあるのにキレがある」
という状態から
マヨネーズが
加わったことにより
「後を引くコク」に変化しました。

上で

—–

一味唐辛子とか
七味唐辛子とかと
相性が良さそう

—–

と書きましたが
むしろその逆を行く感じ。

鶏肉自体は
サッパリしているものの
マヨネーズが
プラスされて
ちょこっとコッテリ気味になった
とも言えるような。

「コクがある」
というよりは
「コクの後に脂アリ」
といったところでしょうか。

次は、、、

鶏肉
マヨネーズ
キャベツ&にんじん
ごはん
をいっぺんに持ち上げて、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_070

まるごと、、、がぶり。

きゃべつ
にんじん
ごはん
が組み合わさると
脂っぽさが
マイルドになります。

それでいて
元からあった
生姜タレのコクは
活きている感じ。

個別で賞味するよりも
全要素が
揃った時に
ちょうど良いお味になるように
いろいろ調整されているのでしょうかね~

このまま
賞味をすすめていくと、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_071

玉ねぎのような
キャベツのような
何かを発見。

お味は、、、

キャベツでした。

この後も
何体か
「玉ねぎ風のキャベツ」
が出てきました。

さらに賞味を
進めていくと、、、

ゴリッという食感。

鶏肉の軟骨部分だと
思われますが
念のため目視してみることに。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_081

やはり
鶏肉の軟骨でした。

適度に混入していると
コリコリとした
歯ごたえが良かったりしますが
1粒だけだと
「軟骨?異物?どっちー!?」
となってアセります。

賞味を再開して
がばがばと
進めていくと
あっという間に、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_078

完食。

冷たい水で
一服して、、、

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_016

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

鶏生姜丼
大盛の伝票

賞味終了したので
伝票を眺めてみます。

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_034

yoshinoya_tori_shoga_don_20180906_035

1 とり生姜丼 大 590

小計 590

合計 590

2018年09月06日

16:10

メニューでは
「鶏」ですが
伝票では
「とり」ですね~

Yさまのまとめ

吉野家の
生姜シリーズの
2018年秋バージョン
でしょうかね~

鶏メニューへの適用は
初でしょうか???

牛や豚を使った
新たな丼や定食が
登場するたびに
鶏にも適用されていくので
鶏メニューのバリエーションが
どんどん広がっていきますね~