吉野家「ねぎ塩鶏丼」大盛を賞味~

吉野家ねぎ塩鶏丼2018大盛賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
夏季限定商品
「ねぎ塩鶏丼」
「ねぎ塩豚丼」
「ねぎ塩牛カルビ丼」を
2018年5月24日(木)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
「ねぎ塩鶏丼」を
大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2018年5月24日(木)。

この日の
午前10時から
吉野家が
夏季限定で
「ねぎ塩鶏丼」
「ねぎ塩豚丼」
「ねぎ塩牛カルビ丼」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

吉野家に来ました20180524

到着。

時間は午前9時45分。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_005

ガラス壁には
すでに
「ねぎ塩」シリーズ
(↑と勝手に呼んでいます)の
タペストリーが
出現しています。

ねぎ塩鶏丼
大盛を注文

午前10時直前に入店。

カウンター席に座ります。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_008

壁には
ねぎ塩シリーズの
ポスター。

メニューを
取り出してみます。

よいしょっと。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_011

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_012

まだピカピカで
真新しい感じ。

表紙は
ねぎ塩シリーズですね~

上半分は、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_013

ねぎ塩豚丼。

下半分は、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_014

ねぎ塩鶏丼。

ピラリと開いてみると、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_015

「新定番 鶏丼」
のコーナーができています。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_016

豚丼コーナーの
イチ押しの場所に
季節限定
「ねぎ塩豚丼」。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_017

牛カルビ丼コーナーも
イチ押しの場所は
季節限定
「ねぎ塩カルビ丼(柚子胡椒つき)」。

いろいろある
ねぎ塩シリーズですが
Yさまが
まだ賞味したことがない
(おそらく新登場?)
「ねぎ塩鶏丼」にしてみます。

午前10時になったので
店員さんにお声掛け~

Y「ねぎ塩鶏丼。大盛で」

店「へい」

なんなく発注に成功。

やがて
奥の方から
ジュージューと
何かを焼いている音が
聞こえてきました。

ねぎ塩鶏丼
大盛を観察

待つこと3分、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_020

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_019

出てきました。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_022

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_021

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_023

ねぎ塩鶏丼本体。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_024

別添で
ゆずこしょう。

原材料は
ゆず皮
青唐辛子
食塩
クチナシ色素
となっています。

反対側は、、、

ぴらり~

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_025

カネク株式会社

東京都青梅市日向和田3-866

青梅市のカネク製ですね~

青梅線
日向和田駅の
すぐ近くに本社がある
わさびメインの会社。

ねぎ塩鶏丼を
さらに眺めてみます。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_029

鶏肉。

「鶏すき丼」と
同じならば
蒸した鶏もも肉のはず。

【参照】

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_031

玉ねぎ。

白さが残っていますね~

けっこう焦げ目がついている
玉ねぎもチラホラとあります。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_035

煎りごま。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_037

鶏もも肉の
合間から
ねぎ塩ダレが
ちょこっと見えます。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_040

中央に
どさッと
青ねぎ。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_044

チラリと見える
大盛のご飯。

それぞれ持ち上げて
さらによく眺めてみます。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_049

鶏もも肉。

サッパリしていそうにも
見えますが
表面は脂がテカッていますね~

ちょこっと
焦げ目がついているので
蒸した後に
鉄板で焼かれているのでしょうかね~
(↑想像)

あの
ジュージュー音は
この鶏もも肉だったのでしょうか。

まあ、真相はわかりませんがあ~

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_055

玉ねぎ。

白いまま。

キラキラと
脂をまとっています。

いつもの
牛丼や豚丼よりも
玉ねぎの量は多め。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_063

ごまが
たっぷりと付着した
鶏もも肉。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_070

青ねぎ。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_075

ねぎ塩ダレ。

ゆずこしょうを
載せてみます。

ねりねり~~

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_081

緑色の
ペーストの表面に
黄色がかった粒々。

粒々は
ゆず皮でしょうかね~

ねぎ塩鶏丼
大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

ねぎ塩ダレをちょこっと、、、

ぺろり。

ぼわっと広がる
ねぎ塩ダレの風味。

ごま油?

かんきつ系の果汁?

まあ何が使用されているのか
わかりませんが
香ばしい感じ。

次は、、、

鶏もも肉をちょこっと、、、

はむッ

めっちゃサッパリしています。

表面に脂をまとってはいますが
内部のサッパリさが圧倒的に優勢。

ちょい味見は
このくらいにして、、、

鶏もも肉
玉ねぎ
青ねぎ
ごま
ゆずこしょう

(と、ちょっぴり、ごはん粒)

をいっぺんに持ち上げて、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_084

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_097

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_092

そのまま、、、がぶり。

ねぎ塩ダレと
ゆずこしょうが
いっきに広がります。

ちょい遅れて
玉ねぎからの汁やら
しみていた脂やら。

最後に
パサッとした
鶏もも肉。

時々、青ねぎの食感。

持ち上げた跡地を見ると
ご飯の上には
ねぎ塩ダレが
けっこう載っていそうな雰囲気。

表層あたりは
良い感じに
ねぎ塩ダレが
しみています。

ここからは
がばがばと賞味していくと
あっという間に、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_101

完食。

冷たい水で一服して、、、

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_009

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

ねぎ塩鶏丼
大盛の伝票

賞味終了したので
伝票を眺めてみます。

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_026

yoshinoya_negishio_toridon_20180524_027

ねぎ塩とり丼 大 590

小計 590

合計 590

2018年05月24日

10:00

伝票では
「鶏」ではなく
「とり」なのですね~

時間が
販売開始時間ちょうどの
「10:00」になっています。

Yさまのまとめ

吉野家の
夏の定番
ねぎ塩シリーズ。

その(おそらく)新登場の
「ねぎ塩鶏丼」を
初賞味でしたあ~

鶏もも肉は
一度、蒸してあるだけあって
めちゃサッパリ。

そのサッパリ肉に
サッパリ系のねぎ塩ダレ
という組み合わせ。

別添えの
柚子胡椒をプラスすると
さらにスカッとした味わいに。

それでいて
ねぎ塩ダレやら
玉ねぎやらの水分で
しっとりさが
確保されている感じ。

「夏季限定」
というだけあって
暑い日に良さそうな味わいでしたあ~