吉野家「鰻重一枚盛」を賞味~|土用の丑の日2018

吉野家鰻重一枚盛2018賞味土用の丑の日2018サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

2018年7月20日(金)。

2018年夏の
「土用の丑の日」の
「一の丑」。

ということで
吉野家で
「鰻重一枚盛」を
賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2018年7月20日(金)。

2018年夏の
「土用の丑の日」の
「一の丑」。

ということで
鰻を賞味しようと
吉野家へ向かうことに。

この日は
午前中に
かつやで
「ピリ辛ゆず胡椒のおろしチキンカツ丼」
を賞味していたりで、、、

【参照】

すっかり夕方に。

吉野家に来ました20180720

到着。

時間は17時15分。

お店の外には、、、

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_010

「鰻」のタペストリー。

「今年のタレは、傑作です。」

と書いてあります。

期待しちゃいますよー

鰻重一枚盛を注文

さっそく入店。

カウンター席に座ります。

目の前の
メニューを
取り出してみます。

よいしょっと。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_013

グランドメニューと
鰻のペライチメニュー。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_014

イチ押しは

「鰻重 一枚盛 790円」

でしょうかね~

セットも
いろいろある様子。

グランドメニューを
開いてみます。

ピラリ~

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_015

こちらは
セットのみ掲載。

せっかくなので
イチ押しメニューにしてみます。

店員さんを呼んで、、、

Y「鰻重。一枚盛」

店「へい」

なんなく発注に成功しました。

鰻重一枚盛を観察

待つこと2分、、、

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_019

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_018

出てきました。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_021

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_020

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_022

鰻重本体。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_023

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_024

山椒。

「こちら側のどこからでも切れます」

となっていながらも、、、

中央付近に
切れ目が
入ってますね~

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_027

うなぎさま。

いわゆる
「うなぎの蒲焼き」。

ふっくらした感じ。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_029

ごはん。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_031

ごはんにしみこむタレ。

うなぎさまを
ひっくり返してみます。

ぺろーん

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_032

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_033

皮の部分。

鰻重一枚盛に
山椒をふりかけ~

本格的に
賞味する前に
山椒を
ふりかけてみます。

せっかく中央付近に
切れ目が入っているので
そこから、、、

飛び散らないように
慎重に、、、

どばばばばばーーー

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_034

めっちゃ飛び散りました。。。

中央付近の
切れ目に
惑わされずに
もっと端の方から
開封した方が
良かったかもです。。。

小袋に残存している
山椒を
ふりかけてみます。

ぱさぱさ~~

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_036

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_035

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_037

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_038

けっこう残っていました。

十分な量が
ふりかかった感じ。

鰻重一枚盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは
自ら「傑作」と
宣言している
タレがしみ込んだあたりの
ごはんをちょこっと、、、

かぷッ。

醤油ベースっぽい香ばしさ。

程良い甘辛さ。

これまでの
タレとの違いは
ハッキリとは
わかりませんが、、、

「傑作」と
言いたくなる気持ちは
わかるような出来栄え。

それでは
本格的に
賞味してみます。

うなぎ
山椒
タレ
ごはん

全てを持ち上げて、、、

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_042

がぶり。

うなぎは
ふっくらして
やわらか~

皮のねっとりした感触が
うなぎらしさを感じさせます。

タレは
うなぎとの相性も
ごはんとの相性も
良いですね~

山椒は
マイルド気味。

じっくりと
味わいたい
ところでしたが、、、

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_046

一瞬で完食。

冷たい水で一服して、、、

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_012

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

鰻重一枚盛の伝票

完食したので
伝票を眺めてみます。

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_025

yoshinoya_doyou_no_ushinohi_20180720_026

1 鰻重 790

小計 790

合計 790

2018年07月20日

17:19

790円。

吉野家としては
高級な部類に
入りますが
「鰻重」の相場としては
お安いですね~

こんなお値段で
気軽に鰻重を賞味できるとは
ありがたや~

Yさまのまとめ

2018年の
土用の丑の日も
無事に
うなぎを賞味できました。

790円ということで
量は少なめではありましたが
しっかりと「鰻重」。

うなぎ本体も
タレも
けっこう良かったなー
という印象。

いつか
ウナギの完全養殖が
安定的&大量に
実現できる日が
訪れますよーにー