すき家「牛すき焼き丼」ごはん大盛を賞味~

すき家牛すき焼き丼2018大盛賞味サムネイル480調整後

Yさま(@ysb_freeman)です。

すき家が
「牛すき焼き丼」を
2018年11月14日(水)午前9時から
期間限定
店舗限定で
販売開始していますが、、、

2018年12月26日(水)午前9時から
全店販売開始ということで
そのちょこっと前に
ごはん大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

牛すき焼き丼
全店販売開始

すき家が
期間限定
店舗限定で
販売している
「牛すき焼き丼」が
2018年12月26日(水)午前9時から
全店で販売開始されることに。

ちなみに
同じ日の午前8時に
期間限定で販売されている
「牛すき鍋定食」が
販売終了になります。

もうちょこっと
詳しく書くと、、、

2018年11月14日(水)午前9時から、、、


店舗数は
2018年10月31日時点

牛すき鍋定食:1800店舗

牛すき焼き丼:135店舗

で販売開始されていましたが、、、

全1,935店舗が
「牛すき焼き丼」に
統一されるということですね~

どちらも
「(2019年)1月中旬販売終了予定」
となっていましたが
「牛すき鍋定食」は
3~4週間前倒しで終了
といったところでしょうか。

すき家に来ました

2018年12月22日(土)。

店舗限定
ということもあって
なんとなーく
まだ賞味できていなかった
「牛すき焼き丼」を
賞味しようと
販売店舗へ向かうことに。

いろいろある中から
世田谷区にある
「千歳船橋駅前店」へ
行ってみることにします。

まずは千歳船橋駅へ。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_001

到着。

時間は16時25分。

北口へ出ると
すぐ目の前に
「すき家」の
看板が見えます。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_008

店前に到着。

ちなみに
右隣に階段がある
「トマトクラブ カラオケ」は
人の出入りが
ずーっと続いていて
なかなかの繁盛店な様子。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_011

出入口の上方には
「牛すき焼き丼」
の横断幕。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_012

白髪ねぎ牛丼
「とん汁たまかけ朝食」
のフラッグなんかも
掲げられています。

千歳船橋駅前店は
セルフサービスタイプ

さっそく入店してみます。

正面の出入口から入って
左側はカウンター席
右側はテーブル席
となっています。

ガラ空きだったので
テーブル席に座ります。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_014

テーブルの上には
ステッカーいろいろ。

手前は、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_016

期間限定

肉25%増量

すき家の
牛すき焼き丼

並盛 690円

ごはん大盛 720円

お肉たっぷり
肉2倍盛
+200円

おすすめ
たまごセット
プラス120円

「牛すき焼き丼」
のステッカー。

奥にあるのは、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_017

「白髪ねぎ牛丼」
のステッカー。

牛すき焼き丼
ごはん大盛を注文

なんて眺めていると、、、

店「ご注文はコチラでお願いしまーす」

と聞こえてきます。

どうやら
セルフサービスタイプの
店舗な様子。

声がする方を見ると、、、

店舗の一番奥が
注文口兼お渡し口に
なっています。

スタスタと
近付いていくと、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_023

注文口兼お渡し口の
上方の
デジタルサイネージの中に
「牛すき焼き丼」
が見えます。

Y「牛すき焼き丼。ごはん大盛で」

店「へい」

なんなく発注に成功しました。

店内を観察

待っている間に
店内を眺めてみます。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_038
sukiya_gyusukiyakidon_20181222_035

壁には
「牛すき焼き丼」の
ポスターやら
フラッグやら。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_036

別な場所にも
「牛すき焼き丼」
のフラッグ。

ちなみに
このフラッグの上は、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_025

水。

当然ながら
水も
セルフサービスです。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_133

べタベタと
貼り出されている
メニューたち。

通常の店舗だと
メニューブックが
客席に配置されていますが
この店舗は
注文口で発注するので
こうやって
貼り出されているのですね~

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_128

「白髪ねぎ牛丼」と
「牛すき焼き丼」が
2大プッシュメニュー。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_131

最上段にも
「牛すき焼き丼」。

牛すき焼き丼
ごはん大盛を観察

待つこと4分、、、

店「牛すき焼き丼のおきゃくさまーーー」

とお声がかかりました。

さっそく受け取りに。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_033
sukiya_gyusukiyakidon_20181222_028

着丼~

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_039

牛肉の煮肉。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_042

煮込まれた玉ねぎ。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_043

しらたき。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_047

白菜。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_048

長ねぎ。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_074

長ねぎとにんじん。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_051

お麩。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_053

垣間見える
大盛のごはん。

いろいろ持ち上げて
さらに眺めてみます。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_060

牛肉の煮肉。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_063

煮込まれた玉ねぎ。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_069

さらに別個体。

玉ねぎは
通常の
すき家の
牛丼よりも
めちゃめちゃ少なめ。

見た目と
量から
想像するに、、、

通常の
牛丼用の
玉ねぎは
入っていないかも。。。

まあ、真相はわかりません~

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_076

長ねぎ。

このサイズの
緑色の部分が
数切れのみ。

白い部分が
ブツ切りで
入っていると
さらに良いかも~

などと思ってみたものの
丼の中には
見当たらず。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_085

にんじん。

ミニサイズの
短冊切りが4切れ。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_093

白菜。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_097

しらたき。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_107

お麩。

ナルトのように
くるくるっと
うずまき模様。

牛すき焼き丼
ごはん大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

白菜をちょこっと、、、

はむッ

ポスターなどには
「特製の割り下」
となっていますが、、、

たしかに
「割り下」というか
「すき焼き」っぽい汁が
白菜の中から
じゅわッと出てきます。

と言っても
その汁は控えめ感じ。

続いて、、、

しらたきを
ちょこっと、、、

かぷッ

しらたきの方が
汁を多く含んでいる感じ。

にんじん
長ねぎ
玉ねぎは
チビチビサイズなのと
数が少なかったりで
ちょい味見は見送ります。

お麩も1個だけなので
賞味途中で
堪能することにします。

牛肉は
いつもの
すき家のお味、、、

よりも
ちょこっと
味が薄めなような。
(↑これは気のせいかもしれませんが)

せっかくなので、、、

小さいれんげを召喚して、、、

牛肉
玉ねぎ
白菜
しらたき
にんじん
長ねぎ
ごはんを
いっぺんに持ち上げて、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_116

そのまま、、、がぶり。

ふわーッと広がる
割り下。

遅れて
少しずつ
牛肉のお味が
拡がっていきます。

牛肉のお味は
やはりちょこっと
マイルドなような。。。

店舗やら
個体によって
違いがあるのでしょうかね~

ここからは
がばがばと
賞味していくと
あっという間に、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_123

完食。

水で一服

丼本体を
完食したので
セルフサービスの
冷たい水で一服します。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_125

ぶはッ

み、み、みずですねぇ。。。

ここまで
2回も「水」と
書いておきながら
「水」であることに
驚くYさま。

すき家と言えば
「麦茶」という
イメージが強かったので
何も考えずに
吸引してみたら
「水」だったので
ビックリしてしまったのでした。

そして
後味から
想像するに
フツーの
水道水でしょうかね~

まあ、真相はわかりません~

麦茶を出す店舗でも
麦茶パックを入れて
フツーの水道水を
じゃぼじゃぼ注入して
冷やしているだけ
だったりしますね~

なんて思いながら
フツーの水で
一服を終えて、、、

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

牛すき焼き丼
ごはん大盛のレシート

賞味終了したので
レシートを眺めてみます。

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_018
sukiya_gyusukiyakidon_20181222_020

2018年12月22日(土)16時28分

670 牛すき焼き丼大盛 ¥720

内税品計 ¥720

合計 ¥720

(内、消費税 ¥53)

Edy ¥720

現金計 ¥0

お釣り ¥0

食器類を返却

セルフサービス店舗なので
お店を出る前に
食器類を返却するのかなーと
店内を見回してみると、、、

sukiya_gyusukiyakidon_20181222_134

返却口を発見。

「ごちそうさまでした」
と声をかけつつ
食器類を返却して
お店を出ました。

時間が
5時過ぎということは、、、

丼1杯で
30分以上
かかったワケですが、、、

なぜに
そんなに時間が
かかったのかは
下の「余談2」を
ご覧くださいませー

余談その1
Sukipassを忘れる

この2カ月くらい。

多い時は
週5で
すき家を
利用しているYさま。

最大の理由は
Sukipass(すきパス)。

期間内であれば
牛丼や
カレーが
何度でも
70円引きになる
ありがたーーーいパス。

1会計で
合計3品まで
利用できるので、、、

例えば、、、

牛丼1杯では
まったく足りない
Yさまの場合、、、

牛丼2杯で

350円×2杯=700円

のところ

(350-70)×2杯=560円

なんてことを
繰り返す日々。

そして
「牛すき焼き丼」も
70円引きの対象商品
だったりするワケですが、、、

この日は
いつもと違うカバンで
お出かけしたYさま。

お店の前に
辿り着いた時に
はじめて
気が付きました。

「あ、、、」

「Sukipass、いつものカバンの中だったーーーー」

せっかく
すき家さまが
用意してくれたサービスを
1回分ムダにしてしまいましたあ~

余談その2
千歳船橋

入店する前から
退店するまで
バシバシと
写真を撮り続けていたYさま。

写真を
撮っていると
人が集まってくる
ということが
よくあります。

若い人たちは
写真を撮っていると
よけてくれたりしますが、、、

高齢の人たちは
むしろ
寄ってくることが
多いような印象。

そして
被写体の前から
ずーっと動かない
なんてことが
多かったり。

そんな時は
眺めている人たちが
満足して
いなくなってくれるまで
待つようにしています。

そしてこの日。

やはり
人が寄って来たのですが、、、

どーゆーワケか
若い女子ばかり。

例えば、、、

例1

メニューの写真を
バシバシと
撮りはじめると、、、

若い女子が
すすーーっと
メニューに寄ってきて
すぐ横に立ち止り、、、

メニューに
背中を向けて
スマホをイジりはじめ~

(↑つまりメニューに用事はナイ様子)

明らかに
写り込んでいることは
本人もわかっているはずですが、、、

さらに一歩
寄せてきたり。

Yさまとの距離は
1メートルありません。

まさに目の前。

上にも
書いた通り
店内は
ガラガラ状態だったので
いくらでも
スペースはあるはず。。。

なのになぜ
わざわざこの場所に!?

もしかしたら、、、

写り込みたかったのでしょうかね~

それとも
これほどの至近距離でも
スマホに集中し過ぎて
気が付いていないとか???

結局、この時は
撮影はあきらめて
しばらく時間が経ってから
撮りなおしたのでした。

例2

着丼してから
丼をバシバシと
撮影していると、、、

タイトで
短めな衣装の
中学生くらいの女子が
母親らしき人と
ご来店。

そして
Yさまの
正面あたりの
カウンターに着席。

カウンター席は
壁向きなので

「後ろ姿が写り込んじゃうなー」

なんて思っていたら、、、

さにあらず。

どーゆーワケか
Yさまの方を向いて着席。

そして
スマホを
イジりはじめます。

こ、こ、これはイカン。。。

見えそうどころか

時々見え、、、ゴホッゴホッ

そして隣には
母親らしきが
座っているという状況。

ちなみに
母親らしきも
Yさま向き。

つまり
母娘そろって
バシバシと
写真を撮っている最中の
Yさまの正面に
わざわざYさま向きで
着席しているという状態。

誰がどう見ても
写り込んでしまうのは
明らかな位置。

上にも書いた通り
店内は
ガラガラ状態なのに
なぜココに!?

さすがに
撮り続けるワケにはいかず
しばらく丼を眺めながら
時を過ごしたのでした。

Yさまのまとめ

余談はさておき、、、

丼自体は
牛肉部分と
すき焼き部分と
ニコイチの
合い盛り丼のような状態。

すき焼き部分は
「特製の割り下」が
控えめな味わいで
効いているような感じ。

体積のほとんどは
白菜としらたき
という印象でした。

牛肉部分は
いつもの
すき家の牛丼よりも
ちょこっとマイルドに
感じましたが
気のせいか
もしくは
単なる
「個体差」
かもしれません。

そして
牛丼に入っている
玉ねぎは
見当たらなかったかも~

全体的には
「マイルドな割り下の味」
といった感じでした。

店舗側も
お客側も
「牛すき鍋定食」
よりも
手軽でありながら
ほぼ同じ味わいを
楽しめるということで、、、

「牛すき焼き丼」に
統一された理由が
わかるような
気がしましたあ~