かつや「ねぎ塩カツ丼」ご飯大盛を賞味~

かつやねぎ塩カツ丼2018大盛賞味サムネイル輝度15アップ

Yさま(@ysb_freeman)です。

かつやが
「ねぎ塩カツ丼」
「ねぎ塩カツ定食」を
2018年4月20日(金)から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
「丼」の方を
ご飯大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

かつやに来ました

2018年4月20日(金)。

この日から
かつやが
「ねぎ塩カツ丼」
「ねぎ塩カツ定食」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

朝イチで
別用事があったので
ちょこっと出遅れ。

かつやに来ました20180420

到着。

時間は午前11時28分。

お店の前には、、、

かつやねぎ塩カツ丼and定食のタペストリー20180420

「ねぎ塩カツ丼」
「ねぎ塩カツ定食」
のタペストリー。

タペストリーの下方は、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_007

予告

感謝祭

5/18(金)~24(木)

ダブルカツ丼/ダブルロースカツ定食

とってもお得!!

160円引き

翌月の感謝祭の
予告ですね~

ねぎ塩カツ丼
ご飯大盛を注文

さっそく入店してみます。

まずは券売機へ。

かつや券売機TOP画面20180420

「店内」を選択。

かつや券売機丼ぶりor定食選択画面20180420

「丼ぶり」を
選択すると、、、

お、出てきました。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_011

期間限定

ねぎ塩カツ丼

丼単品
640円

とん汁(小)付
760円

「丼単品」を
ピロッとタッチ。

さらに、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_012

ご飯大盛変更
+120円

をタッチ。

選択内容を確認して、、、

(↑後続にモリモリと人が並びはじめたので写真はナシ)

食券をGETしました。

カウンター席に座ります。

やって来た店員さんに
食券を渡して
残った半券はコチラ。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_016

18.-4.20

11:27

ねぎ塩カツ丼

¥640

(内消費税47円)

18.4.20

11:27

ご飯大盛変更

¥120

(内消費税9円)

時間が
「11:27」になっていますが、、、

食券GETは
おそらく
午前11時32分くらいなので
ちょこっと
ズレているのでしょかね~

待っている間に
店内を眺めてみますが、、、

「ねぎ塩カツ丼」
「ねぎ塩カツ定食」
らしき要素はナシ。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_014

いつもなら
フェアメニューの
ポスターが
掲出されている枠は
空きになっています。

ねぎ塩カツ丼
ご飯大盛を観察

待つこと3分、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_022

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_021

出てきました。

と思ったら、、、

再び店員さんがやって来て、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_024

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_023

レモンを追加。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_025

山盛りの白髪ねぎ。

かつや特製塩だれが
たっぷりとかかっています。

黒い粒々は
ブラックペッパーでしょうかね~

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_028

レモン。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_029

千切りのキャベツ。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_033

白髪ねぎの山の裾野に
ちょこっと見える
ロースカツ。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_034

白髪ねぎと
からみまくっている
かつや特製塩だれ。

レモン汁を
絞ってみます。

じょばじょば~~

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_036

役目を果たしたレモン。

白髪ねぎの山を
よけて
ロースカツを
眺めてみます。

よっこらしょっと。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_040

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_039

相変わらず
デカいですね~

6分割されています。

塩だれが
たっぷりしみています。

1切れ持ち上げてみます。

よいしょっと。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_041

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_047

筋繊維が
横にバッツリと
カットされています。

1切れ持ち上げた
跡地を眺めてみると、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_049

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_050

千切りキャベツが
もりもり~

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_052

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_053

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_054

千切りキャベツが
山盛りになっていて
ロースカツが
ナナメに傾いています。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_057

白髪ねぎ。

かつや特製塩だれ
だけでなく
水分もたっぷり。

ねぎ塩カツ丼
ご飯大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

賞味していく体制に
丼の向きを変えてみます。

くるり~

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_056

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_055

さて、、、

はじめに、、、

塩だれを
たっぷりと
まとったあたりの
白髪ねぎをちょこっと、、、

はむッ

風味をお味も
めっちゃネギ。

塩だれは
けっこうな塩分。

ごま油
ブラックペッパー
などの存在を感じます。

続いて、、、

ロースカツをちょこっと、、、

かぷッ

サクッとした感じではなく
塩だれがしみて
しんなりした食感。

塩だれの塩分が
良い感じに効いています。

せっかくなので、、、

ロースカツ
かつや特製塩だれ
白髪ねぎ
千切りキャベツ

などを
いっぺんに持ち上げて、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_066

がぶり。

塩だれの
塩分とごま油が
ばふぉーッと広がり、、、

白髪ねぎと
ツンとした感じ。

ブラックペッパーの
心地よい刺激。

ワンテンポ遅れて
ロースカツのウマさが
広がっていきます。

やがて、、、

白髪ねぎ
千切りキャベツ
からの水分で
全体がマイルドになっていく感じ。

このまま
ごはんと組み合わせて
賞味を進めていきます。

賞味中盤からは
カウンター上の
いろいろの中から、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_015

この壷を召喚。

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_018

フタを開けてみると、、、

ぱかッ

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_019

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_020

割干大根漬が登場~

いつもならば
バッサバッサと
大量投入するところではありますが、、、

「ねぎ塩カツ丼」は
塩分がけっこう効いているので
チビチビと投入していきます。

そしていつものように、、、

Yさまが
割干大根漬を
投入すると
まわりのお客たちも
割干大根漬を投入するの法則。

同じカウンター席のお客のうち
2人が割干大根着けを
バサバサと投入しはじめました。

そんな様子を
横目で感じながら
がばがばと賞味していくと、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_068

完食。

冷たいお茶で一服して、、、

katsuya_negi_shio_katsu_don_20180420_013

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

デカいロースカツ
山盛りの白髪ねぎ
特製塩だれ
千切りキャベツ
ごはん
レモン

という組み合わせ。

コッテリな
ロースカツを
他の要素たちが
サッパリ方向へ
ひっぱって行くような味わい。

お店を出た後に
近所の電光掲示板を見たら
気温「25度」という表示。

気温が上昇してくる頃には
ちょうど良い
フェアメニューかもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする