かつや「全部のせカツ丼」ご飯大盛を賞味~

かつや全部のせカツ丼2018大盛賞味サムネイル480調整後

Yさま(@ysb_freeman)です。

かつやが
「SUPER HUNGRY SALE!!」
第2弾
「全部のせカツ丼」
「全部のせカツ定食」を
2018年9月10日(月)から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
「丼」の方を
ご飯大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

かつやに来ました

2018年9月10日(月)。

この日から
かつやが
「SUPER HUNGRY SALE!!」
第2弾
「全部のせカツ丼」
「全部のせカツ定食」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

何時から
販売開始なのか
わからなかったので
とりあえず
昼のランチタイムラッシュの
前あたりを目指すことに。

かつやに来ました20180910

到着。

時間は午前11時44分。

ちょこっと
出遅れましたかね~

店外には、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_007

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_009

「全部のせカツ丼」
のタペストリー。

おそらく
見えていない部分に
「全部のせカツ定食」が
載っているはず~

全部のせカツ丼
ご飯大盛を注文

さっそく入店してみます。

まずは券売機へ。

TOP画面から、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_010

「店内」を選択。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_011

次に現れる
「丼ぶり」or「定食」
選択画面で
「丼ぶり」をタッチすると、、、

お、出てきました。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_012

期間限定

全部のせカツ丼

ロースカツ
ヒレカツ
海老フライ
から揚げ

丼単品
740円

とん汁(小)付
860円

「丼単品」をピロンとタッチ。

余談ながら、、、

毎度、書いていますが、、、

「とん汁(小)付 860円」
を選択するのならば、、、

全部のせカツ定食
ご飯、とん汁(小)付
840円

の方が良いと思われます。。。

食券制でない店舗は
価格が異なります。

例えば

「全部のせカツ丼+とん汁(小)」は
税込874円

「全部のせカツ定食」は
税込853円

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_013

追加で

ご飯大盛変更
+120円

もポチッとしておきます。

このボタン。

毎度ものすごく
ピンボケするのですが
この日も
ピンボケしながらも
いつもよりは
マシな感じ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_014

「ご選択内容」を
よーく確認して
千円札を
ジジジジジ~と
流し込みます。

無事に
食券とお釣りを
GETしました。

店内をみまわすと
ランチタイムが
近付いていることもあって
そこそこお客がいる感じ。

空いていた
カウンター席に
座ります。

やって来た
店員さんに
食券を渡して
残った半券はコチラ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_024

18.-9.10

11:38

全部のせカツ丼

¥740

(内消費税54円)

18.-9.10

11:38

ご飯大盛変更

¥120

(内消費税9円)

時間が
「11:38」に
なってますね~

食券をGETしたのは
11時46分頃だったような。。。

待っている間に
店内を眺めてみます。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_025

「全部のせカツ丼」
「全部のせカツ定食」
のポスターがありました。

全部のせカツ丼
ご飯大盛を観察

待つこと9分、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_030

出てきました。

4方向から眺めてみます。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_031

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_032

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_033

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_034

揚げ物テンコモリですね~

全体にソースらしきが
ざざっとかけられています。

真横から眺めてみます。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_037

茶色い衣が
ゴツゴツと
岩山のように
そびえています。

それぞれ眺めてみます。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_038

ロースカツの端っこ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_041

海老フライ×2本。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_043

ヒレカツ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_045

ヒレカツの下に
から揚げ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_046

千切りキャベツ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_048

マヨネーズ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_054

合間から覗く
大盛のごはん。

いろいろ持ち上げてみます。

ちょこっとでも
触れると
崩れそうなので
一番取り出しやすそうな
ヒレカツから。

よいしょっと。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_056

デ、デカい。

これ1品だけで
1丼として
成り立ちそうな大きさ。

さらに驚くことに、、、

持ち上げた
跡地を眺めてみると、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_058

わわ~

ロースカツが
フルサイズで
横たわっています~

うひーーー

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_061

海老フライその1。

ストレートで
デカい感じ。

これを眺めながら
そー言えば

「曲がった海老をまっすぐに伸ばす」

というアルバイトの
募集を見たことがあったなー
なんて思い出してみたり。

なにげに
難易度が高いので
ササッと作業できる人は
重宝されるかもですね~

「曲がったバナナをまっすぐに伸ばす」

というアルバイトも
大変そうだなーと
思ってみたり。

おっと、、、

海老フライに
話を戻してっと。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_062

海老フライその2。

こちらもビッグサイズ。

この海老フライ2本だけでも
十分に1丼として
成り立ちそうなデカさ。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_066

から揚げ。

事前の情報通り
「から揚げ 1個」
ではありますが、、、

その1個が
こんなにデカいとは。。。

さすが、かつやさん。

ロースカツを
1切れ発掘してみます。

ぐりぐり、、、よいしょっと。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_069

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_073

厚めな衣の中に
ロースびっちり。

ほどよく水分が抜けて
ウマさが残っていそうな感じ。

全部のせカツ丼
ご飯大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

揚げ物たちを
元の位置に戻してっと。

さて、どの方向から
賞味していきましょうかね~

慎重に賞味していかないと
丼から飛び出しそうです。

ちょこっと考えて
いつもの方向にしてみることに。

くるり~

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_075

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_074

どう見ても
ごはんを掘り出そうとすると
揚げ物が落ちそうです。。。

こうなったら
揚げ物をちょこっと
先に片付けるしかありませんねぇ~

ということで
形状的に
最も幅を取っている
海老フライだけを
先に賞味してみます。

がぶがぶがぶ~~~

かつやの
いつもの
デカい海老フライです。

もちろんお味は上等。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_077

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_076

海老フライが
片付いたものの
ヒレカツが
不安定で落ちそうですねぇ~

それでも
ごはんを
発掘できそうな
スペースができたので
ここからは
ごはん&キャベツも
組み合わせて
賞味していきます。

まずは手前の
ロースカツのハシッコから。

がぶり。

こちらも
おなじみのお味。

ごはんとキャベツを
追加投入すると
慣れ親しんでいるお味に。

ヒレカツも
いつも通りのウマさ。

ヒレカツ全てと
ロースカツ半分くらいを
賞味した時点で
丼を眺めてみます。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_079

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_078

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_081

ごはんが
ビッチリと入っていますね~

千切りキャベツも
見た目よりは
たっぷりな様子。

それでも
揚げ物たちが
脂ザンマイなので
「千切りキャベツでサッパリ」
なんてことにはなりません。

ここで
いつものアレを
投入してみます。

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_016

カウンター上の
いろいろの中から、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_019

この壷を召喚。

フタを開けると、、、

ぱかッ

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_021

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_022

割干大根漬さまの
お~で~ま~し~

いつものように
遠慮のカケラもなく
ばっさ、ばっさと
投入していきます。

コリコリッとして
濃い目な塩分が効いて
ちょこっと水分があって、、、

揚げ物たちと
相性良し良し良し。

後半になって
ようやく
から揚げの出番到来。

さんざん
脂にまみれた後に
4種類目の揚げ物。

かつやの
から揚げと言えば
そのへんのカラアゲよりも
脂たっぷりなはずですが、、、

がぶッとやると、、、

あらら?

これまでの3品が
脂フェスティバル状態
だったためか
から揚げが
サッパリした味わいに感じます。

そしてここで
初めてマヨネーズを起用。

から揚げと
マヨネーズを
いっぺんに、、、がぶり。

脂と脂のコンボではありますが
マヨネーズの酸味で
かえってスッキリした感じに。

ここからは
がばがばと
賞味していくと、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_084

あっという間に完食。

マヨネーズは
から揚げ用に
温存していたこともあって
ちょこっと残ってしまいました。

冷たいお茶で一服して、、、

katsuya_zenbunose_katsu_don_20180910_017

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

フライもの
テンコモリ~

脂まつり状態。

千切りキャベツは
けっこうな量が
入っていましたが
これだけの脂の前では
存在感がペラペラな感じ。

そして
テンコモリ丼で
ありがちな
「最初に何かを片付けないと進めない」
という現象に。

というワケで
お財布に余裕がある人は
「定食」にするのが良いかも~

定食にして
ライス大盛2杯にして
それでも
フライの方が
多いくらいでしょうかね~

ここで、、、

ふと思ったのが、、、

Yさまは
ご飯大盛にしましたが
ごはんフツー盛りの人は
さらに脂、脂、脂、な味わいのはず~

税込740円で
(現金払いの店舗は税込745円)
脂パーティを
楽しみたい人は
期間限定メニューなので
お早めにどうぞ~