チーム安部礼司のコラボツアー2018 in 横浜に行ってきましたあ~

あ安部礼司コラボツアー2018in横浜観覧記サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

「チーム安部礼司のコラボツアー2018 in 横浜」
が2018年9月2日(日)に
日産グローバル本社ギャラリーで
開催されるということで
行ってきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

チーム安部礼司のコラボツアー2018 in 横浜
開催概要

開催日:2018年9月2日(日)

開催時間:ハッキリとした表示ナシ
(なんとなーくなタイムテーブルは後述)

開催場所:日産グローバル本社ギャラリー
(〒220-8686 神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号)

出演:
安部礼司
飯野平太
大場嘉門
五十嵐明
鞠谷アンジュ
水倉沙良
筧 美和子

コラボアーティスト:大澤誉志幸

チーム安部礼司のコラボツアー2018 in 横浜
タイムテーブル

しっかりとした
タイムテーブルは
発表されていません。

が、、、

なんとなーくな
タイムテーブルは
こんな感じ。

10:00|日産ギャラリー営業開始(=開場)

10:30|グッズ販売開始(1Fリバーサイド側奥)

12:00頃|名刺お渡し会(安部礼司、大場嘉門)

12:30頃|名刺お渡し会(飯野平太、水倉沙良)

13:00頃|名刺お渡し会(五十嵐明、鞠谷アンジュ)

14:00~15:00|生ラジオドラマ&ライブ(1回目)

16:00~17:00|生ラジオドラマ&ライブ(2回目)

17:00頃|名刺お渡し会(安部礼司、五十嵐明、水倉沙良)

17:30頃|名刺お渡し会(飯野平太、大場嘉門、鞠谷アンジュ)

18:00頃|終了

20:00|日産ギャラリー営業終了

当選ハガキ到着

2018年8月後半のある日。

ポストに
デカいハガキが。

取り出してみると、、、

あ安部礼司コラボツアー2018in横浜当選ハガキオモテscan_タテ480_20180909

おお、、、

TOKYO FM
「NISSAN あ、安部礼司 ~ BEYOND THE AVERAGE ~」
からですねぇ~

ということは、、、

反対側を見てみます。

ぴらり~

あ安部礼司コラボツアー2018in横浜当選ハガキウラscan_タテ480_20180909

チーム安部礼司のコラボツアー2018 in 横浜

生ラジオドラマ観覧チケット

当選のお知らせ

生ドラマ
14:00~の回

観覧チケットに
当選してましたあ~

当落に関係なく
イベントには
行くつもりでしたが
ホールで観覧できるのは
良いですね~

日産グローバル本社ギャラリー
に来ました

2018年9月2日(日)。

イベント当日。

会場になっている
おなじみの
日産グローバル本社ギャラリー
へ向かいます。

全体の
タイムテーブルが
ぼやーんとした感じだったので
とりあえず
物販が始まる
午前10時30分より前あたりを
目指すことに。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_003

JR横浜駅で下車。

時間は午前10時5分頃。

東口を出て
地下街を抜けて
「はまみらいウォーク」へ
出てみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_004

日産グローバル本社が
見えてきます。

時間は午前10時16分。

1Fの
日産ギャラリーを
眺めてみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_005

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_006

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_007

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_008

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_009

スクリーンは
イベントモードに
なっていますね~

はまみらいウォークで
帷子川(かたびらがわ)を
渡って日産グローバル本社へ。

建物に入って
2階部分の
歩行者通路
「NISSANウォーク」に到着。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_049

いつもならば
イベント用の
デカいバナーが
掲げられていたりしますが
この日は
通常のバナーのままですね~

日産ギャラリーへ入場

さっそく入場してみます。

日産ギャラリーへと
下りるエレベーターの
入口には、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_010

注意書きいろいろ。

エレベーターを
下りながら
ステージを眺めてみます。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_011

おお~

イベントっぽい雰囲気~

ステッカー2種類GET

エレベーター下付近で
ステッカーを配布していたので
もちろんGET。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_014

この日の
コラボアーティスト
大澤誉志幸さんの
シルエットと
出演者の中から
5人のシルエット。

水倉沙良さんと
筧美和子さんは
シルエットなし。

というか、、、

単発の
筧さんはさておき
準レギュラー的な
水倉沙良さんの
シルエットって
あったかなー?

ハテナ?

見たことが
あるような
ないような
あいまいな記憶。

なんて思っていると、、、

もう1種類
ステッカーがある様子。

配布場所へ
近付いてみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_013

安部家の新車納車記念!!

新型セレナe-POWER記念撮影スポット

~リツイートしてステッカーをもらっちゃおう!大作戦~

説明を眺めてみると
安部スタッフの
Twitterアカウントの
投稿をリツイートすると
ステッカーが
もらえるとのこと。

すかさずリツイートして
看板の隣りにいる
スタッフに見せて、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_016

2種類目の
ステッカーをGET。

2017年2月の
「日産エクストレイル SURF JAM featuring 刈谷勇」
公開収録で
配布していたステッカーと
同じテイストですね~

【参照】

会場内を観察

もらえるモノは
GETしたので
会場内を
練り歩いてみます。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_020

メインステージ。

ステージ上は
車輌が展示されていて
通常仕様ではありますが、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_018

スクリーンは
イベント仕様ですね~

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_017

イベントの立て看板。

案内板を除けば
このイベントだけ用の
看板(パネル?)は
これが唯一のように見えました、、、

この時は。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_022

会場内の
あちこちにある
モニターたちも
イベント仕様ですね~

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_024

ステージ前にも
注意書きの看板。

いつもならば
開場前に長蛇の列で
会場内は朝から
人もりもりだったりしますが
この日は
人まばらな感じ。

と思っていたら、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_025

お、なにやら行列が。。。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_026

物販の列ですね~

予定通り
午前10時30分に
物販開始。

午前10時53分頃に
戻ってくると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_032

行列は解消して
待ち時間ゼロ。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_033

子供連れも
多かったので
ゲームコーナーは
そこそこ栄えている感じ。

ゲームコーナーの隣りは、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_034

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_036

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_035

「日産マーチ ナデシコピンク」背景の
ID-PHOTO。

午前中は
ほとんど利用されて
いませんでしたが
午後は行列していました。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_040

ちょっとした案内も
イベント仕様ですね~

日産ギャラリーを出て
さらに観察

それほど広くない
日産ギャラリー。

なんとなーく
一巡してしまったので
日産ギャラリーを出て
再び2階の
「NISSANウォーク」へ。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_041

メインステージ。

いつもなら
場所取りの人たちが
ズラリと並んでいますが
この日はスッキリしています。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_043

上から眺めてみると
よくわかりますが、、、

スクリーン
モニター
以外は
ほとんど通常モードですね~

そして人はあまりおらず。。。

スクリーンに
流れる内容を
眺めてみます。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_045

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_046

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_047

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_048

イベントタイトルが
横スクロールしています。

生ラジオドラマを観覧

すっかり
やることが
なくなってしまい
日産グローバル本社を
一時離脱。

近所で
燃料補給やら
スマホ充電やらを実施。

当選していた
生ラジオドラマの
集合時間
「13:20」の
ちょっと前に
日産グローバル本社へ戻ります。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_067

時間は13時17分。

すでに
けっこうな行列が
できています。

最後尾に付いて
徐々に進みながら
日産ギャラリーを
見下ろしてみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_068

午前中は
気が付きませんでしたが
安部家の新型セレナの横に
立て看板がありますね~

後で行ってみることにします。

列の先の方を見ると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_070

ホールへと続く
2階ブリッジにも
人いっぱい。

ブリッジ出入口あたりに
受付がありますね~

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_071

牛歩で進んで
ようやく
「公開収録イベント集合場所」。

ここで
当選ハガキに
ハンコが押されて
さらに進みます。

整理番号100番ごとに
分けて整列。

厳密な番号順にはせず
10人単位で
会場へ流し込まれていきます。

Yさまは後半でしたが
高い位置にはなったものの
ほぼセンターの席をGET。

ステージを眺めてみます。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_075

モニター3台。

中央に
ブームのマイクスタンド7台。

イスも7個。

下手側に
イス
モニター2台
譜面台
などが見えます。

ほぼ時間通り
14時頃から開演。

並びは
左から
大場嘉門さん
水倉沙良さん
筧 美和子さん
安部礼司さん
飯野平太さん
鞠谷アンジュさん
五十嵐明さん。

下手側のイスは
コラボアーティスト
大澤誉志幸さん。

内容は、、、

詳しくは書きませんが、、、

大澤誉志幸さんの
有名な「アノ曲」を
モチーフにしたようなストーリー。

大澤誉志幸さんは
中盤に「ラ・ヴィアンローズ」
後半に「そして僕は途方に暮れる」
の2曲をアコギ弾き語りで歌唱。

ただ歌うというだけでなく
「コラボする」とは
こーゆーことか、、、

という内容でした。

再びいろいろ観察

生ラジオドラマ観覧が終わり
ホールを出ます。

さきほど発見した
安部家の新型セレナへ
向かうことに。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_080

この頃になると
日産ギャラリーに
人が増えてきて
新型セレナにも
常に誰かが貼り付いている状態。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_077

安部家の新車
新型セレナ
e-POWER

の立て看板。

下方に
日付が入っているので
このパネルも
このイベント用ですね~

結果的には
おそらく
このパネルと
ステージ前のパネルの
2枚だけが
この日のイベント用
といった感じでした。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_079

新型セレナe-POWER
の説明板。

こちらは汎用できそう。

物販コーナーへ
向かってみます。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_081

相変わらず
待ち時間ゼロですね~

ちょことお外へ出てみます。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_088

正面側から見た
日産グローバル本社。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_087

日産自動車株式会社
グローバル本社

の看板。

この後は
日産ギャラリーに戻って
生ラジオドラマ
16:00からの回を
スクリーンで観覧。

内容は同じでした。

名刺お渡し会

12:00頃から
名刺お渡し会が
行われていましたが
前半は参加せず。

17:00頃の回と
17:30頃の回に参列。

ちょうど会場では
「NISSAN あ、安部礼司」の放送が
流れています。

いわゆる
パブリックリスニング
ですね~

が、、、

並んでいる場所では
ほとんど聴こえずでした。

いつもなら
コンプリートするには
数時間かかりますが、、、

この日は
1時間も経たずに
6人分を
コンプリートできました。

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_090

左上から
もらった順番に
並べてみました。

五十嵐さんの
ロゴが
「明」になっていますね~

イベント終了

タイムテーブル上では
最後になっている
17:30頃からの
名刺お渡し会は
18時になる前には終了。

特に何のアナウンスもなく
イベントが
終了したのかどうか
いまいちよくわからない状態。

会場内を
ウロウロしながら、、、

「そー言えば、スピーカーが見当たらないなー」

と思って
あちこち見回してみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_091

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_093

天井に3台あるのを発見。

けっこう高い場所なので
取り付ける作業は
大変だったのでしょうかね~

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_094

メインステージ周辺は
相変わらず
人はいない状態。

なんて眺めていると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_096

スクリーンに
横スクロールで
流されていた
イベントタイトルが
パッと消えました。

モニター類は
全て通常モードに。

時間は18時頃。

アナウンスは
ありませんが
「無言で終了の意思表示」
といったところでしょうかね~

2階から眺めてみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_100

通常モードの
日産ギャラリーに
ポツンと
パネルが1枚
残されています。

日産グローバル本社を離脱

イベントが終了した模様なので
日産グローバル本社を
離脱します。

来た時と同じく
「はまみらいウォーク」で
帷子川(かたびらがわ)を
渡って振り返ってみると、、、

abe02_collaboration_tour_2018_in_yokohama_20180902_101

黄昏時の
日産グローバル本社。

このままJR横浜駅へ向かい
世田谷への帰途につきました。

Yさまのまとめ

2018年5月に
番組がリニューアルしてから
初めて参加したイベントでした。

そもそも
リニューアル後の
イベント自体が
「NISSAN あ、安部礼司コラボツアー2018」
が初だったりしますね~

富山に続いて
横浜は2カ所目。

ちなみに3カ所目は鹿児島。

いつもの
ストロングスタイルな
イベントではなく

生ラジオドラマ

名刺お渡し会

物販

ステッカー配布

車両展示

だけの
ゆるーい感じの
イベントでした。

費用も最低限な感じ。

それでも
8時間くらいは
「あ、安部礼司」の世界を
堪能できました。

ストロングスタイルだと
あっちも、こっちも
アレも、コレも
となって
全て堪能するには
休みなく動きまわることになりますが
このくらい
緩やかな内容だと
余裕をもって楽しめますね~

もちろん
ストロングなイベントも
待望しております~