世田谷区

スポンサーリンク
世田谷

世田谷駅周辺の満開の桜2015

ちょっと前になりますが、東京に桜満開宣言が出た3月29日の3日後と4日後。2015年4月1日と2日に世田谷駅周辺の満開の桜の写真を撮りに歩いてみました。円光院、上町天祖神社、松丘小学校、浄光寺などなど。写真を撮影した以外にも、あちこちに立派な桜がありました。ちょっとした桜の名所のようです。楽しいお花見散歩でした。
世田谷

満開の場所も!世田谷駅周辺の桜開花状況(2015年3月28日時点)

世田谷駅周辺の桜の開花状況を眺めてきました。2015年3月28日(土)夕方。世田谷駅南側の円光院の桜はチラホラといった感じ。樹にもよりますが2~3分咲きといったところでした。世田谷駅北側のとある民家の桜はけっこう咲いていました。部位によってはほぼ満開。気象庁の予想では3月30日(月)が満開日。あと2日後です。
若林

世田谷通り「常盤歩道橋」塗装工事の足場撤去作業を目撃~

2015年1月から塗装工事をしていた世田谷通りの若林三丁目バス停の近く「常盤歩道橋」の作業用の足場を撤去しているところを目撃しました。日時は2015年3月26日(木)21時過ぎ頃。塗装工事の終了予定は3月19日だったので、すでに7日オーバー。朝までに足場撤去が終われば工事完了でしょうか。近々また様子を見に行ってみます。
世田谷

うさぎや(世田谷駅前)警察官突入翌日の様子を観察~

東急世田谷線世田谷駅近くの駒沢公園通り沿い「うさぎや」に警察官が突入していった翌日の様子を観察してきました。最初は突入から10時間後の翌日午前3時台。店主の自転車が駐まったままです。鍵がついていたガラス部分が外れていました。さらに翌日午後2時台にも前を通りかかりました。外れたガラスが紙とガムテープで塞がれていました。
世田谷

うさぎや(世田谷駅近く)の鍵を開けて警察官突入~

世田谷駅近くの「うさぎや」の鍵を開けて警察官が中へ入っていく様子を目撃しました。はじめは警察官がガチャガチャと「うさぎや」の鍵を開けようと奮闘。ようやく鍵が開いて警察官が中へ。特に変わった様子はなく、何か調べている模様。さて、何が起きたのでしょう???
世田谷

世田谷駅南駐輪場が4月1日午前7時オープン~

東急世田谷線世田谷駅の近くにコイン駐輪場が完成しつつありますが、オープン日時が貼り出されていました。2015年4月1日(水)午前7時オープンだそうです。駐輪場の名前は「世田谷駅南駐輪場」。料金は2時間無料、以降8時間毎100円(大型用7時間毎100円)、1日最大300円。料金から推測するに区営ではなく民営のようです。
世田谷

世田谷駅周辺で自転車・バイクを放置すると4月1日から撤去されます~

東急世田谷線世田谷駅の近くを歩いていたら前にはなかった看板がありました。近づいて見てみると「自転車・バイク放置禁止区域」の看板と「4月1日から撤去します」という撤去予告の看板でした。世田谷駅前に駐輪場が整備されていたのは、こういうことだったのですね。みなさん、自転車・バイクを駐める際は駐輪場へ。
世田谷

世田谷駅前にコイン駐輪場ができてます~

世田谷駅前に新しくコイン駐輪場ができています。場所は旧道というか、元の世田谷駅前の通り。「まちもりCafe」の正面あたり。「月極駐車場 世田谷駅前駐車場」だったところです。60台分くらいある様子。
世田谷

補助154線ができて26軒ものお店が消滅していたのでしたあ~

世田谷駅前交差点から北へ伸びていく新しい道路「補助154号線」開通当日に開催された「補助第154号線の開通を祝う会」での世田谷駅前商店街理事長のお話をまとめてみました。この道路ができることによって26軒ものお店が消滅したこと、世田谷駅の踏切に横断歩道がないこと、旧道に抜け道として車が入ってくることなどなど。
世田谷

補助154線が開通したので世田谷駅前から世田谷三丁目まで歩いてみましたあ~

世田谷駅前交差点から北へ伸びていく新しい道路「補助154号線」が平成27年3月14日(土)午前10時39分に全面開通したので、開通した区間、世田谷駅前交差点から世田谷三丁目交差点まで歩いてみました。広くてキレイな9メートル道路。青くペイントされた自転車レーンが設けられていました。世田谷区の南北を結ぶ役割が期待されます。
スポンサーリンク