イオンモール(仮称)八幡東田プロジェクト出店|スペースワールド跡地

イオンモール仮称八幡東田PJT2021年中開業目標サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

イオンモールが
スペースワールド跡地に
「(仮称)八幡東田プロジェクト」を
2021年中を目標に出店すると
発表しましたね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

(仮称)八幡東田プロジェクト
全体計画概要

所在地:福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番101外

施設名称:(仮称)八幡東田プロジェクト

敷地面積:約270,000平方メートル(計画地 全体面積)

開店予定日:2021年中(目標)

(仮称)八幡東田プロジェクト
地図と交通アクセス

イオンモール仮称八幡東田プロジェクト計画地640_20180219

最寄駅
JR鹿児島本線
スペースワールド駅と
枝光駅との
駅間のほとんどの部分と
隣接かほぼ隣接している一帯。

上にも書いた通り
2018年1月1日(月)午前2時に閉園した
「スペースワールド (SPACE WORLD) 」の跡地。

計画地は3つに分かれています。

計画地A:
敷地面積:約220,000平方メートル
土地所有者:新日鐵住金株式会社

計画地B:
敷地面積:約10,000平方メートル
土地所有者:新日鐵住金株式会社

計画地C:
敷地面積:約40,000平方メートル
土地所有者:新日鉄興和不動産株式会社

3つ合計で
敷地面積:約270,000平方メートルとなります。

土地の所有権は移転せずに
イオンモール株式会社と
土地賃貸借の契約を
締結することになっています。

スペースワールドの
遊具や施設などを
全て撤去した時点で
本契約する予定だそうで。

契約期間や
契約金額は
発見できず。

上の位置図を見ると
「敷地面積:約10,000平方メートル」
というデカさの
「計画地B」が
狭い土地に感じるくらいの
大規模っぷりですね~

そして
「計画地A」と
南側に隣接しているのは
2006年11月22日(水)開業で
現在でも営業中の
「イオンモール八幡東」。

当然のことながら
「イオンモール八幡東」と
「(仮称)八幡東田プロジェクト」とは
連携した施設となると思われます。

どんな施設になるのか?

この記事を書いている
2018年2月19日(月)の時点では
施設の詳細は何も発表されていません。

が、、、

ヒントのようなものは
示されています。


国内外から集客して
地域経済の活性化に繋がる
新たな『地域拠点』とする


ショッピング
エンターテインメント
カルチャー

を融合した施設

なんだか
ぼんやりとしていますね。。。

とは言いつつも
巨額を投じることになる開発を
決定したということは
ある程度は
内容を決め込んでいるはず。

これから
ちょこっとずつ
発表されていくのでしょうかね~

Yさまのまとめ

スペースワールド閉園前から
跡地利用の
開発事業者として
「イオンモールに優先交渉権」
とされていましたが、、、

2018年2月19日(月)に
イオンモール株式会社から
正式発表がありました。

発表内容は、、、

(1)
スペースワールド跡地の
開発事業者として正式決定した

(2)
大規模集客施設
「(仮称)八幡東田プロジェクト」を出店

全て予想の範囲内
といったところでしょうか。

すでに
「イオンモール八幡東」が
営業中ということもあるので
正式名称がどうなるのか
気になるところです。

「イオンモール」名義ではない?

「THE OUTLETS(ジ アウトレット)」とか?

【参照】

全くの新フォーマット???

まあ、正式発表を
楽しみに待つことにします。

新たな情報を入手したら
この記事に追記するか
新たな記事でアップするつもりです~