「昆虫10種食べ比べ」など昆虫13種類で昆虫食フェア|米とサーカス

米とサーカス昆虫6種食べ比べセット2018サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

「米とサーカス」で
2018年8月1日(水)から
2018年9月30日(日)まで
昆虫食フェア
『未来の食卓、昆虫料理 vol.3』を
開催してますね~

合計13種類の昆虫で
9品のメニューを展開しています。

※店舗情報は後半にまとめてアップしておきます

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

昆虫食フェア
米とサーカス高田馬場店
提供メニュー

米とサーカス_昆虫食第3弾_メニュー20180819

米とサーカス_昆虫料理第3弾メイン20180819

昆虫6種食べ比べ 1780円
(イナゴ/ハチノコ/ゲンゴロウ/タガメ/カイコ/コオロギ)
米とサーカス_昆虫6種食べ比べセット2018_20180819

セミの親子串揚げ (抜け殻付き)780円
米とサーカス_セミの親子串揚げ_抜け殻付き_20180819

ヤママユガのサナギ 蒲焼き風 680円

サソリネギマ(1本)880円

ジャイアントミールワームの和風チヂミ 780円

巨大イナゴ(タイワンツチイナゴ)のカレーフライ 780円

地蜂(クロスズメバチ)チャーハン 890円
米とサーカス_地蜂_クロスズメバチ_チャーハン20180819

アリの卵と蜂の子の2層ゼリー
(虫食いライタームシモアゼルギリコ氏監修)640円
米とサーカス_アリの卵と蜂の子の2層ゼリー20180819

徳島大学養殖コオロギつかみ取り 720円
米とサーカス_徳島大学養殖コオロギつかみ取り20180819

米とサーカス_徳島大学養殖コオロギつかみ取り_ヨコ312_20180819

昆虫食フェア
米とサーカスダービー通り店
提供メニュー

昆虫10種食べ比べ 2980円
(イナゴ/ハチノコ/ゲンゴロウ/タガメ/カイコ/コオロギ/アルゼンチンモリゴキブリ/セミ幼虫/オケラ/カブトムシ雌 )
※入荷により内容は異なります。
米とサーカスダービー通り店_昆虫10種食べ比べセット20180819

米とサーカスダービー通り店_昆虫10種食べ比べセット_ヨコ400_20180819

昆虫食フェア
バーあでぃくしょん(8/31まで)
提供メニュー

タガメカクテル 800円

スズメバチカクテル 800円

タガメソーダ

カメムシジントニック

スズメバチハニーレモン

店舗情報

米とサーカス 高田馬場店

東京都新宿区高田馬場2-19-8

(JR山手線・東西線・西武新宿線の高田馬場駅「早稲田口」徒歩1分)

03-5155-9317

月~木・日:17時~翌1時
金土:17時~翌5時

定休日:無休

米とサーカス ダービー通り店

東京都墨田区江東橋3-9-21 ニュー錦糸町ビル1F

(JR総武線・半蔵門線の錦糸町駅 徒歩3分)

03-6659-4929

月~金:17時~23時半
土日:12時~23時半

定休日:無休

バーあでぃくしょん

東京都新宿区高田馬場2-19-8

(JR山手線・東西線・西武新宿線の高田馬場駅「早稲田口」徒歩1分)

03-6233-9889

月~土:17時~翌5時
日:17時~24時

定休日:無休

Yさまの所感

ジビエとか
昆虫食とか
あまり馴染みのない
食材を使った
料理を提供してくれる
「米とサーカス」。

2018年夏の
昆虫食フェアですね~

ちょくちょく
開催している
イメージがありますが
2016年2月、7月に続く
第3弾だそうで。

ということは
2年ぶりの開催。

第3弾の特徴は
徳島大学で行っている
「フタホシコオロギ食用化プロジェクト」
で養殖したコオロギを
飲食店として
初めて使用しているところ。

そして
パッとメニューを眺めると
「昆虫6種食べ比べセット」が
イチ押しっぽく感じますが、、、

よーく見ると、、、

錦糸町では
「昆虫10種食べ比べセット」
を提供していますね~

入荷状況によって
内容は異なるというものの、、、

イナゴ
ハチノコ
ゲンゴロウ
タガメ
カイコ
コオロギ
アルゼンチンモリゴキブリ
セミ幼虫
オケラ
カブトムシ雌

というラインナップ。

21世紀の
フツーの日本人ならば
「ウギャー」と
なりそうな虫が
多いと思われますが
先入観なのでしょうかね~

大正時代の日本では
55種類程度の昆虫が
食用にされていたとか、、、

薬用としては
123種類が
利用されていたとか、、、

大正時代の
日本人にしてみれば
10種類くらいは
「ふーん」程度
なのかもしれませんね~

そー言えば、、、

西洋の料理に
多用されている
「じゃがいも」なんかも
16世紀に
南米から
ヨーロッパに
入ってきた頃は
「見た目が悪い」
「アノ本に載っていない」
「種芋で増える」
ということで
めっちゃ避けられていたとか。。。

もしかしたら
500年後あたりに

「21世紀の日本ではアルゼンチンモリゴキブリは受け入れられなかった」

なんて語られていたりするのかもですね~

まあ、21世紀でも
イナゴ
ハチノコ
カイコ
あたりは
まだ日本人に
馴染みがある方でしょうかね~

コオロギは
アジア(特にタイ)なんかに
よく行く人は
フツーに見かけているはず。

オケラは
Yさま自身は
その姿を
見かけなくなりました。

(↑賞味したことはありません)

というか
今世紀になってから
一度も目撃していないかも。。。

鳴き声すら聞いていない気がします。

日本でも郊外には
まだ生息しているのでしょうかね~

まあ、
世界中の熱帯と温帯に
分布しているようなので
まだまだ数多く生息していると良いですね~
(世界中で数が減っているらしいですが)

そんなこんなで
馴染みのない人が
多いと思われるので
もし賞味してみようという人は
店員さんに
賞味のやり方を
きいてみましょうね~

基本的には
カタイ部分や
トゲトゲした部分は
取り去るのが良いはず~

ウマいかどうかは
人それぞれだと思います~

Yさまはというと、、、

オゴッてもらえるなら、ぜひ~

できれば10種の方で~