なか卯「トリュフの親子重」を賞味~

なか卯トリュフ親子重2018賞味サムネイル480調整後2

Yさま(@ysb_freeman)です。

なか卯が
「24年目の親子丼革命」第3弾
「トリュフの親子重」を
2018年12月6日(木)から
2019年1月上旬まで
数量限定で
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日に
賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

なか卯に来ました

2018年12月6日(木)。

この日から
2019年1月上旬まで
なか卯が
「24年目の親子丼革命」第3弾
「トリュフの親子重」を
数量限定で
販売開始するということで
お店へ向かいます。

別用事アリで
すっかり出遅れて、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_005

到着。

あたりは
すっかり夜な雰囲気。

時間は18時19分。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_006

店外には
豚角煮重
生ほたていくら丼
ののぼり。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_009

ガラス壁には
「豚角煮重」
のポスター。

はて?

「トリュフの親子重」
が見当たりませんねぇ~

と思ったら、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_010

出入口の横の
ガラス壁に
「トリュフの親子重」
のポスター。

トリュフの親子重
を注文

さっそく入店してみます。

まずは券売機へ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_014

TOP画面には、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_015

「トリュフの親子重(並)」

「トリュフの親子重と季節のおすすめ」

などの
ボタンがあります。

「大盛」とか
「特盛」とかを
注文する時は
この2つのボタンではなく
「店内」から
入っていくのが
正しい経路だったりしますが
「トリュフの親子重」は
サイズが「並」一択なので、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_016

芳醇な香りの贅沢トリュフ

新登場

トリュフの親子重 並

Oyakodon with Truffle

R

268 ¥990

このボタンを
ピロンッとタッチ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_017

「ご選択内容」を
よーく確認して
千円札を流し込み~

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_018

無事に
食券と
お釣りを
GETできました。

小さいテーブル席に
座ります。

やって来た
店員さんに
食券を渡して
残った半券はコチラ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_028

トリュフの親子重

18.12.-6

18:22

99円

73円(内税)

店内を観察

待っている間に
店内を眺めてみます。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_019

テーブルの上には
ステッカーが2枚。

手前は、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_020

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_022

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_024

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_025

「豚角煮重」
「トリュフの親子重」
ニコイチのステッカー。

奥は、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_023

「豚キムチうどん」
「生ほたていくら丼」
ニコイチのステッカー。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_013

壁には
「トリュフの親子重」
のポスター。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_078

「おしながき」の

季節限定
おすすめメニュー

を見ると、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_079

イチ押しの場所に
「トリュフの親子重」。

トリュフの親子重
を観察

待つこと4分、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_034

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_032

出てきました。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_038

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_036

なか卯で
すっかりおなじみの
黒塗りに金文字の重箱。

フタを開けてみます。

なか卯によると、、、

—–

お重の蓋を開けると
特製の割り下と
トリュフの芳醇な香りが広がり

—–

ということですが、、、

ぱかッ

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_044

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_042

香りは、、、

めっちゃ「玉ねぎ」。

次点が「割り下」。

トリュフっぽい香りは
あまり感じません。

とは言いつつも、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_047

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_048

スライスされた
トリュフは
ちょこちょこと
入っている様子。

断面から想像するに
黒トリュフの
サマートリュフでしょうかね~

まあ、わかりませんがあ~

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_053

鶏肉。

ごろんと大きめ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_057

玉ねぎ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_058

こだわり卵。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_068

端々から覗くごはん。

その他にも、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_064

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_064_2

なか卯トリュフの親子重に入っているいろいろ切り抜き20181206

いろいろ入っています。

それぞれ持ち上げて
さらに眺めてみます。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_070

トリュフ。

わずかに
箸が透けて見えます。

近付いて
香りを
くんくんしてみると、、、

シイタケのような香り。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_082

鶏肉。

大きめ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_094

玉ねぎ。

ちょい厚め。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_101

こだわり卵。

いろいろ
眺めているうちに
けっこうな量の
トリュフが
あちこちに
埋蔵されていることに
気が付き、、、

発掘してみることに。

よいしょ。

よいしょ。

よいしょ。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_113

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_106

めっちゃ出てきました。

まだまだ
埋蔵されている様子。

トリュフの親子重
を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

トリュフの
スライスを1枚、、、

はむッ

香りと同じく
まずはシイタケのようなお味。

そのお味が
だんだんと
ナッツのような
味わいに変化していきます。

鶏肉は
大きめながらも
やわらか~

玉ねぎは
くっきりとした食感。

こだわり卵は
とろっとろ~

ちょい乳化しかかっているような感じ。

ちょい味見は
このくらいにして、、、

トリュフ
鶏肉
玉ねぎ
こだわり卵
ごはんを
いっぺんに持ち上げて、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_115

そのまま
がぶりと
いこうとしたものの、、、

ボロボロと
崩れてしまい
再チャレンジ。

よいしょっと。

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_120

そのまま、、、がぶり。

味わいは
ほぼほぼ
いつもの
なか卯の親子丼。

合間、合間に
シイタケのような
ナッツのような
トリュフの味わいが
ほんわかと出現してきます。

ここで
小さいれんげを召喚。

がばッと持ち上げて、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_128

がぶり。

ここからは
がばがばと
賞味していくと、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_132

あっという間に完食。

冷たいお茶で一服して、、、

nakau_truffle_oyako_jyu_20181206_030

くわっちーさびたん。

Yさまのまとめ

いつもの
なか卯の
とろっとろの
親子丼が
重箱スタイルになって
トリュフのスライスを
大量投入したような感じ。

トリュフは
シイタケのような香り。

お味は
シイタケ風からはじまって
だんだんと
ナッツ風な味わいに
変化していく感じ。

けっこうな量が
入っていましたが
香りもお味も
存在は控えめ。

とろっとろの
卵に包まれて
さらに存在感が
うすーくなっているような。。。

それでも
発掘して
並べてみると
けっこうな迫力で
テンションがアガります。

とっても贅沢な気分。

「並」一択で
990円と
ちょいお高いですが
それなりに
楽しめました。