ANAスポーツパーク浦添 浦添運動公園が2018年10月1日から3年間

ANAスポーツパーク浦添誕生サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

「浦添運動公園」の
ネーミングライツ(命名権)を
ANAが3年間取得して
2018年10月1日から2021年9月30日まで
3年間
「ANA SPORTS PARK 浦添」
という愛称になりますね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ネーミングライツ概要

対象施設:浦添運動公園
(陸上競技場、体育館、市民球場、多目的屋内運動場、相撲場、温水プールを含む敷地)

愛称:ANA SPORTS PARK 浦添

契約期間:2018年10月1日~2021年9月30日(3年間)

浦添運動公園
概要

ANAスポーツパーク浦添鳥瞰写真20180718

施設名称:浦添運動公園

所在地:沖縄県浦添市仲間一丁目13番1号

建設年月日(供用開始):1991年(平成3年)4月1日

敷地面積:14.6ヘクタール

浦添運動公園
利用状況

2016年度(平成28年度)の実績では、、、

てだこまつり 約17万8000人

てだこウォーク 10,509人

陸上競技場 498,804人

体育館 260,2210人

野球場 54,697人

多目的屋内運動場 79,441人

まじゅんらんど 95,776人

浦添運動公園で開催される
主なイベントなど

てだこまつり

てだこウォーク

東京ヤクルトスワローズ春季キャンプ

日本ハンドボールリーグ

沖展

科学作品展

各種競技大会

新たな愛称になって変わるもの

ANA負担


敷地内外の
(既存の)看板等の表示変更
(施設名表示や案内板)

浦添市との協議の上
変更可能な表示について施工。

施工の範囲
実施時期
内容
などは別途協議。


新規看板については
設置の可否も含めて
ANAと浦添市で協議


新規に設置した看板等により
第三者に損害が生じた場合の負担は
ANAが負うこととする


契約終了後の
原状回復は
ANAが負担

浦添市負担


浦添市の印刷物や
浦添市ホームページの
表示変更


表示変更対象は
新規作成分のみ

Yさまの所感

対象施設を見ると、、、

浦添公園通りから
北西側の一帯
(いわゆる「運動公園ゾーン」)が
ほぼ全部といった感じでしょうか。

住所で言うと
「沖縄県浦添市仲間一丁目13番1号」
でひとくくりになっているエリア。

野球場だけとか
陸上競技場だけとかではなく
公園全部まとめての
ネーミングライツ取得ということで
けっこう大きな契約なのかもですね~

さぞかし大金が、、、

と思って
浦添市が
ネーミングライツ・パートナーを
募集していた時の
要項の内容を見ると
浦添市の提示は、、、

契約希望金額:2,000万円(年額/税込)

希望契約期間:3年間から5年間

となっていました。

実際の契約金額は
「非公表」だそうで。

そして、、、

よーく見ると
名前の挙がっている施設と
名前が挙がっていない施設が
ありますねー

具体的には、、、

■名前が挙がっている施設

浦添市陸上競技場
浦添市民体育館
浦添市多目的屋内運動場
浦添市民相撲場
浦添市民球場
温水プール(まじゅんらんど)

■名前が挙がっていない施設

浦添市武道場(トレーニング室)
浦添市多目的屋外運動場

まあ、細かいことはさておき
ようするに
「運動公園ゾーン全部」
みたいに捉えておけば
良いのでしょうかね~

浦添運動公園は
1991年4月1日から
供用開始ということなので
27歳半にして
新たな愛称をGETということですね~

余談ながら、、、

同時に募集していた
「浦添市てだこホール」の
ネーミングライツ
(希望年額1,000万円、希望期間3~5年間)は
どうなりましたかね~