イオンタウンみらいあさひに2022年春開業予定|千葉県旭市

みらいあさひ鳥瞰イメージ_1205_20200722

Yさま(@ysb_freeman)です。

千葉県旭市の
新たな賑わい創出拠点
「みらいあさひ」に
2020年春
イオンタウンが出店する予定です。


「みらいあさひ」が
まちの名称なのか
コンセプトなのか
いまいちボンヤリとして
よくわからなかったりしますが。。。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

生涯活躍のまち・あさひ形成事業
事業概要

事業用地:千葉県旭市イ字振田4322番地ほか

事業予定者:
イオンタウン株式会社(代表企業)
大和ハウス工業株式会社
阿部建設株式会社
株式会社楽天堂

導入機能:
商業施設
住宅
居住施設
介護施設
多世代交流施設
ほか

開業時期:2022年春(予定)

※以降も段階的な整備を行う

生涯活躍のまち・あさひ形成事業
場所と交通アクセス

あさひみらい_地図_1205_20200722

「旭中央病院」
一帯の隣接地。

「旭中央病院」の
「道の駅 季楽里あさひ」側。

最寄駅は
JR総武本線
旭駅で
距離約1.3キロ。

バスならば、、、

旭市コミュニティバス
「旭中央病院東」
バス停留所
が近い感じではありますが、、、

まちびらき後は
なにやら
変化がありそうな予感びんびん。

そしてこのバス停。

千葉交通/京成バス
銚子東京線
のバスも停車するので
東京都の
浜松町やら
東京駅やらから
1本で行けてしまったりします。


実は
旭市による
事業者募集時には
「東京駅との往来拠点~休憩所を兼ねた施設」
という機能も
求められていました。

まち全体の
主な導入機能


以下は
事業提案時の
内容なので
変更されていく可能性アリ

商業ゾーン


このゾーンが
イオンタウン担当
だと思われます

スーパーマーケット
ドラッグストア
生活雑貨
衣料品

フードホール
レストラン
サービス
植物工場ユニット agri-cube

行政・コミュニティゾーン
<多世代交流ラウンジ>

交流ラウンジ
農Cafe
プレイルーム
図書コーナー
学習コーナー
コワーキングスペース
キッチンスタジオ
音楽スタジオ
工作室
ダンススタジオ
高齢者支援センター

健康ゾーン

健康増進施設
クリニックモール(内科、耳鼻科、小児科、眼科等)
Wellness Saloon

居住ゾーン

介護施設
移住者向け住宅
子育て支援住宅

Yさまの所感

旭駅の北側には
すでに
(イオンも含めて)
商業施設が
集積していたりしますが、、、

旭駅南側の
「旭中央病院」と
「道の駅 季楽里あさひ」を
一体的にまとめて
あらたな賑わい施設を創設
といったところでしょうかね~

お隣の
銚子市にある
イオンモール銚子に
引っ張られていたお客を
イオンタウンで
取り戻すことになるとか。。。

イオン
イオンモール
イオンタウン
(だけではありませんが)

イオングループ強し
ですかね~

なんてことは
さておき、、、

正式名称
オープン日時
営業時間
テナント
駐車場台数
駐輪場台数
などなど
新たな情報を
入手したら
この記事に追記するか
別記事で
アップするつもりです~

タイトルとURLをコピーしました