イオンモール白山(仮称)2021年夏開店予定

イオンモール白山_仮称_鳥瞰イメージ_1205_20190920

Yさま(@ysb_freeman)です。

「(仮称)イオンモール白山」が
2021年夏にオープン予定ですね。

石川県白山市横江町土地区画整理事業地内。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

(仮称)イオンモール白山
計画概要

所在地:石川県白山市横江町土地区画整理事業地内

敷地面積:約175,000平方メートル

延床面積:約110,000平方メートル

総賃貸面積:約73,000平方メートル

駐車場台数:約4,000台

開店予定:2021年夏

(仮称)イオンモール白山
地図と交通アクセス

▼横江町土地区画整理事業地

イオンモール白山_仮称_周辺航空写真_1205_20190920

▼白山市横江地区地区計画区域図

白山市横江地区地区計画区域図_1205_20190920

▼「(仮称)イオンモール白山」位置図

イオモール白山_仮称_地図_1205_20190920

都市計画道路「横江松本線」
(県道194号線)

県道8号線
(金沢外環状道路海側幹線)

都市計画道路「横江福増線」

に囲まれたあたり。

南側の区画が
どうなるのかは
わかりません。

「横江」交差点に近接。

北陸自動車道
「白山IC」
からも近い感じ。

イオンモールによると

「北陸3県からの集客も期待できる」

とのこと。

最寄駅は
JR北陸本線
野々市駅で
距離約1.3キロ
徒歩16~17分くらい。

バスならば、、、

白山市コミュニティバス
めぐーる
北ルート
「福増」
バス停留所が
近い感じ。

ではありますが、、、

この記事を書いている
2019年9月20日の時点では

平日のみ
1日3往復

だったりするので
「(仮称)イオンモール白山」が
オープンしたら
いろいろ変化が
ありそうな予感。。。

運賃100円
(未就学児は無料)
というは良いですね~

(仮称)イオンモール白山
屋内環境

イオンモール白山_仮称_屋内環境イメージ_1205_20190920

メインエントランスを
入ると
メインストリートが
出現します。

1年中
天候に左右されず
街歩きを楽しめます。

ストリートの
両サイドには
ライフスタイル
ファッション
カフェ
などを配置。

ショッピングモール
でありながら
「アーケード街」
のような雰囲気に
なるのでしょうかね~

どんなモールになるのか

モールコンセプトから
どんなモールになるのか
という部分を
ひろってみます。


地元店舗から
グローバル店舗まで
トレンドをリードする
圧倒的規模の専門店


「テナントを数多く揃える」
ということだと解釈できます


“いつもの日”も
“特別な日”も
対応可能な
エリア内最大級の食体験


フードコートや
レストラン街なども
「エリア内最大級」
を目指す
ということでしょうかね~


全天候対応型の
エンターテインメント・子どもの遊び場


「天候に左右されない」
という意味の表現は
いたるところに見られますね~
実はこれが
メインコンセプトなのではと
思えてくるレベル


地域の文化を体感し、
再発見できる場


大規模商業施設が
出店するには
必要不可欠な要素ですね~

(仮称)イオンモール白山
特徴いろいろ


季節や天候に関わらず快適で
“年中お出かけ日和”
な空間づくりに取り組む


行政機関や
地域企業と連携


雄大な白山連峰の
山並みを背景に
シンボリックな
エントランス


外装デザインは
勾配屋根や建物ボリュームの構成で
白山連峰の山並みを表現

白山市に広がる
景観要素をモチーフにする。

白山三峰を表現する
シンボリックな屋根

手取峡谷を意識した
開放的でダイナミックなアトリウム

など

タイトルとURLをコピーしました