日高屋「ワンタン麺」麺大盛を賞味~

日高屋ワンタン麺2018麺大盛賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

日高屋が
「ワンタン麺」を
2018年2月8日(木)から
期間限定で
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
麺大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

日高屋に来ました

2018年2月8日(木)。

この日から
日高屋が
「ワンタン麺」を
期間限定で
販売開始するということで
お店へ向かいます。

何時から
販売開始なのか
情報を発見できなかったので
なんとなーく
午前10時台を目指すことに。

日高屋に来ました20180208

到着。

時間は午前10時37分。

軒先には、、、

日高屋軒先のワンタン麺フラッグ20180208

「ワンタン麺」のフラッグ。

いつもなら
4枚ぶら下がっていたりしますが
この日は2枚ですね~

日高屋ガラス扉のワンタン麺ポスター20180208

出入口の
ガラス扉には
「ワンタン麺」
のポスター。

さらに、、、

日高屋ガラス扉のワンタン麺予告貼り紙20180208

予告

ワンタン麺

2月8日(木)
発売!

と書かれた貼り紙。

ショーケースには、、、

日高屋ショーケースのワンタン麺POP_20180208

「ワンタン麺」
のPOP。

ワンタン麺
麺大盛を注文

さっそく入店してみます。

出入口に近いあたりに着席。

店内では、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_013

60くらいの男性客が
店員さんを呼び止めて
「餃子が小さい」と
激オコの真っ最中。

まだまだ時間が
かかりそうだったので
店内を眺めてみます。

目の前に
立てられている
メニューたちを
ガサゴソと物色してみると、、、

ワンタン麺の
独立ペラメニューを発見。

hidakaya_wantanmen_20180208_007

日高屋

期間限定

ワンタン麺

単品価格より
20円お得
餃子セット
810円 → 790円

単品価格より
40円お得
半チャーハンセット
840円 → 800円

ワンタン麺
単品590円

ということは
反対側は
餃子セットと
半チャーハンセットの
上下が入れ替わった
バージョンでしょうかね~

と思って、、、

ピラリ~

hidakaya_wantanmen_20180208_008

「冷凍業務用生ぎょうざ」
でしたあ~

hidakaya_wantanmen_20180208_011

壁には
「ワンタン麺」
のポスター。

まわりの席を眺めてみると、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_015

「ワンタン麺」の
ペラメニューが
手前になるように
立てられていますね~

そして、、、

ふとレジ横を見たら、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_010

「ワンタン麺」のフラッグが。。。

これから追加で
取り付けるのでしょうかね~

激オコなお客の
応対が終わり
店員さんがやって来ました。

Y「ワンタン麺。麺大盛で。サービス券ナシ」

店「へい」

その場で端末を
ピコピコとイジる店員さん。

なんなく発注に成功しました。

ワンタン麺
麺大盛を観察

待つこと9分、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_018

hidakaya_wantanmen_20180208_017

出てきました。

hidakaya_wantanmen_20180208_019

ワンタン。

hidakaya_wantanmen_20180208_022

メンマ。

hidakaya_wantanmen_20180208_024

味付け玉子が2分の1個。

hidakaya_wantanmen_20180208_027

小ぶりな海苔1枚。

hidakaya_wantanmen_20180208_029

ねぎ。

hidakaya_wantanmen_20180208_031

麺とか
スープとか。

それぞれ持ち上げて
さらに眺めてみます。

hidakaya_wantanmen_20180208_037

ワンタン。

と、ここで、、、

カメラが電池切れ寸前に。。。

電池を交換しようと思ったら、、、

あらら?

な、な、ない。。。

いつもは
バシバシと
写真を撮るYさまですが
ここからは
1ポーズにつき1枚だけという
「一撮入魂」スタイルに。。。

(↑不出来な写真の言い訳。。。)

hidakaya_wantanmen_20180208_039

メンマ。

脂でテカッているように見えます。

hidakaya_wantanmen_20180208_040

味付け玉子。

ツルツルと滑って
うまく持ちあがらなかったので
思い切って
ググッと箸を入れて、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_050

黄身が柔らかそうですね~

hidakaya_wantanmen_20180208_041

ねぎ。

hidakaya_wantanmen_20180208_042

海苔。

hidakaya_wantanmen_20180208_043

麺。

いつもの
日高屋の麺でしょうかね~

hidakaya_wantanmen_20180208_044

スープ。

醤油ベースでしょうか。

hidakaya_wantanmen_20180208_045

けっこう脂が浮いています。

ワンタンを数えてみます。

全て発掘して
並べてみると、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_049

7個でしょうかね~

ワンタンを
2分割して
断面を見てみます。

箸で、、、

ザクザクザク、、、

よいしょっと。

hidakaya_wantanmen_20180208_051

もう一方は、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_052

挽き肉メインな感じですね~

肉汁がじゅわじゅわしていそうです。

ワンタン麺
麺大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

スープをちょこっと、、、

ずず、、

醤油ベースで
やわらかい味わい。

ほんのり玉子っぽいような風味。

次は、、、

さきほどの
分割したワンタンの一方を、、、

がぶり。

スープを吸った皮の中から
挽き肉メインの中身が
広がっていくと、、、

甘口な肉汁が
じゅわじゅわ~

やわらかなスープと
相性良い感じ。

ワンタンと比べると
メンマの塩気が
ちょこっとキツく感じます。

賞味途中で
味変しようかと
ブラックペッパーを
眺めてみたものの、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_058

全体がやさしめな味わいだったので
ブラックペッパーはとりやめ。

がばがばと
賞味していくと、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_054

hidakaya_wantanmen_20180208_053

麺やら具やらを完食。

残ったスープも堪能して、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_057

完食完飲。

冷たい水で一服して、、、

hidakaya_wantanmen_20180208_012

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

余談:
コショウでクシャミ

賞味している間に
70くらいの
オニーサンがご来店。

Yさまの並びに着席。
(3席離れた席=間は2席空いています)

タンメンを発注。

そして出てきたタンメンに
ブラックペッパーを
ド派手にふりかけ~

容器をさかさまにして
底側をバンバン叩いて
ドッサドサにふりかけています。

Yさまの身体周辺は
めっちゃコショウの香り~

目に見えない
細かいコショウが
飛散している模様。

マンガだったら
クシャミが出るシチュエーションだなーと
思っていたら、、、

Yさま、クシャミ3連発~

自らは
ブラックペッパーを
起用せずでしたが、、、

結局は
前身で浴びることになりましたあ~

ワンタン麺
麺大盛の伝票

賞味終了したので
伝票を眺めてみます。

hidakaya_wantanmen_20180208_047

hidakaya_wantanmen_20180208_048

ワンタン麺 1 590

麺大盛 1 70

小計 660

合計 660

2018年02月08日

10:36

時間が
「10:36」に
なっていますが、、、

発注したのは
午前10時42分頃だったので
ちょこっと時間が
ズレているかも~

Yさまのまとめ

ワンタンが
やさしいお味だったからか
全体がやさしめな味わい。

ワンタンなので
餃子と比べると
中身が少なかったりしますが
ウマい汁は
十分に堪能できました。

ヒラヒラの皮と
スープとの馴染み具体が
良かったりするので
餃子(水餃子)とは
違った楽しみ方ができますね~

期間限定ということですが
日高屋の定番の中に
入り込んでいても
良さそうな感じでしたあ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする