沖縄県・瀬底島に10万坪の大型リゾートホテル。2020年までに開業予定

瀬底島大型リゾート2020年開業サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

沖縄県の瀬底島の
瀬底ビーチに面する
約10万坪の土地を
森トラストが取得したと
発表がありましたね。

滞在型のリゾート施設として
開発する予定だとか。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

取得土地概要

瀬底島位置図

瀬底島全景

瀬底島周辺地図

所在地:沖縄県国頭郡本部町字瀬底下地原5750番ほか(地番)

土地面積:335,131平方メートル(101,377.12坪)

スケジュール:2015年12月25日 取得に係る売買契約締結(引受日は2016年2月末日を予定)

取得者:森トラスト株式会社

取得地の地図を見ると
瀬底島の西側一帯。

ちょうど
全長約800メートルの
瀬底ビーチを
ブロックするような位置ですね。

「土地面積:335,131平方メートル」
ということなので
正方形換算で
約578メートル四方。

かなり広いですね。

瀬底ビーチ沿いの
インターナショナルホテル

森トラストによると

  • ホテル用地としては沖縄県内最大級
  • 国内外の旅行者に対応
  • インターナショナルなサービスを提供
  • 滞在型リゾート施設
  • 2020年までの開業を計画

とのこと。

瀬底島の近くは
「沖縄美ら海水族館」
があったり
2020年には
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)
が開業予定だったり
いろいろ需要はありそう。

というよりはむしろ
この2施設へのお客が
メインターゲットなのでしょうね。

「沖縄美ら海水族館」は
2014年度の入場者数が
323万人だったとか。

さらにUSJが開業した後は
5年以内に
2施設合わせて
600万人超の来場者を目指す予定だとか。。。

ただ瀬底島には
ほとんど何もないので
施設内に
あらゆるものを
揃えていくことになるのでしょうかね~

瀬底ビーチリゾート廃墟を買い取り?

瀬底島で
大型リゾート施設というと
「瀬底ビーチリゾート」が
思い浮かびますね。

開発を進めていた
「都市デザインシステム」が
経営破たんして
(負債総額203億7500万円)
2008年(平成20年)8月29日に
民事再生手続き開始が受理されて
2008年9月末には
全従業員を解雇、、、

建設途中だった
「瀬底ビーチリゾート」は
そのまま残されて廃墟に。。。

その時の計画を
掘り起こしてみたら、、、

瀬底ビーチリゾートプロジェクト(仮称)

客室数:  360
敷地面積: 約34万平方メートル
客室内容: 全室100平方メートルを超えるオールラグジュアリールーム

むむ。

敷地面積が
ほぼ同じですね。

場所も同じ模様。

どうやら
「瀬底ビーチリゾート」廃墟を
森トラストが取得した
といったところでしょうか。

Yさまのまとめ

インターナショナルホテル
ということですが
沖縄へ訪れる外国人は
ほとんどがアジアから。

例えば
直近の
2015年11月では
アジア4国だけで
81%を占めています。

そして彼らの目的は
観光ではなく「買い物」。

というのは
この記事を書いている
2015年の話で
彼らが何度か沖縄を訪れていくうちに
観光にも目を向けてくれるように
なっているかもしれませんね~

この記事を書いている日付は12月28日。

そろそろあの辺りでは
桜が開花し始める頃ですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする