北斗星の食堂車グランシャリオがレストランになって東川口にオープン

北斗星食堂車両レストラン東川口にオープン予定サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

ブルートレイン
北斗星の
食堂車両を
そのままレストランにして
東川口で
2016年4月下旬にオープンすると
発表がありましたね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ブルートレイン北斗星の食堂車
グランシャリオ

北斗星食堂車両外観写真20160409

北斗星食堂車両内観写真20160409

北斗星食堂車グランシャリオのステッカー写真20160409

2015年8月22日(23日到着)で引退した
最後のブルートレイン
「北斗星」。

その7号車として連結されていたのが
食堂車両(スシ24-504)
「グランシャリオ(GRAND CHARIOT)」。

フランス語で「北斗七星」。

ディナータイムは
フランス料理のコースか
懐石御膳コース。

乗車日3日前までの事前予約制。

その時々によって
お値段は上下していましたが
だいたい3000円から10000円の間。

ディナータイムが終わると
予約ナシでも入れました。

ラストオーダー22時30分。

営業終了23時。

翌朝は6時30分から営業開始で
こちらも予約ナシで利用可能。

和定食と洋定食がありました。

各1000円という頃もあったようですが
各1600円という時代が長ったような印象。

終盤は定食スタイルではなく
(ほぼ)同じ共通の料理で
「御飯セット」か「パンセット」の選択性だったそうで。

1度も入れなかったグランシャリオ

北斗星に乗車はしても
グランシャリオには
入ったことがありません。

なぜならば、、、

上に書いた通り
お値段がステキだったから。。。

乗車前にいろいろ買い込んで
グランシャリオの隣
6号車のロビーカーでノンビリというスタイル。

ロビーカーには
飲料自動販売機があって
泡がシュワシュワ出るような飲料もあったので

1缶、、、また1缶、、、

日が暮れるとまっくらで何も見えない窓の外を
ぼんやり眺めながら
さらにまた1缶、また1缶、、、

いつしかヘベレケになってB寝台へ。

早朝にすごいブレーキ音で覚醒すると
そこは函館。

はるばる来てしまった、、、

と、ついついサブちゃんの顔が
思い浮かびます。

朝6時30分からは
グランシャリオで
モーニングタイムの営業が始まるものの
1600円というお値段は
ハードルが高く
やはり入れず。

結局、ロビーカーで
噴火湾というか内浦湾を眺めて過ごして
海が見えなくなると
いよいよ札幌が近くなって、、、降りる準備。

ということで
ヘベレケになって
睡眠している時間以外は
だいたいはロビーカーで過ごしていました。

食堂車グランシャリオへ続くドアを時々眺めながら。

グランシャリオがそのままレストランに

ついにグランシャリオへ入ることなく
2015年8月23日上野駅到着で
北斗星が引退。

車両たちは
売却されたり
譲渡されたりされたりもしましたが
残った車両たちは
解体がはじまったときいていました。

そして「グランシャリオ」のことは
すっかり忘れていたところに
「東川口でレストランとして復活」との情報。

「グランシャリオ復活」以上に
「東川口」というところに驚きました。

食堂車両グランシャリオを
そのまま活用というのは
良いアイデアですね~

東川口のどこに!?

さて、その東川口。

JR武蔵野線という
ローカルな路線の
乗換駅でもなんでもない
さらにローカルな駅。。。

というのは過去の話で、、、

2001年に埼玉高速鉄道が開業して
乗換駅に昇格。

2014年の実績では
JRの乗車人員が1日平均で33065人
埼玉高速鉄道の乗車人員が1日平均で13875人。

わわ、けっこうな規模になっているのですね~

と言っても
駅のまわりは
まだまだローカルな雰囲気が
残っていたりします。

そんな東川口の
どこにグランシャリオが来るのかと言うと、、、

ピュアヴィレッジ東川口という場所。

住所は
埼玉県川口市戸塚3-31-31。

ということで
さっそく地図で見てみると、、、

東川口駅前で
線路と直角に交わっている
県道381号線沿い。

この道
いつの間にか
「東川口駅前通り」
という名前がついているのですね~

JR東川口駅を出て
駅前の道を
600メートルくらい南へ行ったあたり。

徒歩8分くらいでしょうか。

東川口駅前通りの上に
でっかい陸橋がかかっているので
そこを越えてすぐ左側です。

ピュアヴィレッジ東川口

「ピュアヴィレッジ東川口」は
どんな場所なのかと言うと、、、

日本蕎麦屋
「旬の味そば 名倉」

リストランテ
「ristorante nagura リストランテ ナグラ」

ベーカリー
「ベーカリー&カフェ ナグラ」

高齢者向けサービス付き住宅
「ピュアテラス東川口 壱番館」

の4施設で構成されています。

さらにキッチンカーを使った
シェーブアイス屋をオープン予定だとか。

食堂車グランシャリオは
どのように活用されるのか?

「ピュアヴィレッジ東川口」で
グランシャリオは
どのように使われるのかというと、、、

予定では
4月中旬にJR東日本の車両基地から
ピュアビレッジ東川口へ移設。

(余談:4月5日に東十条で牽引されている姿が目撃されていますね。)

「車両内外装はそのままに、石窯パンや本格イタリアンを楽しめる空間」

となって
2016年4月下旬にオープンするとのこと。

ということから想像するに、、、

既存施設の
リストランテとベーカリーから
料理を運んで来るスタイルでしょうかね~

できれば屋外で雨ざらし状態ではなく
屋内に設置してほしいかもです。。。

Yさまのまとめ

「グランシャリオ」も
「東川口」も
しばらくぶりに目にしたので
ついつい記事にしてしまいました。

この10数年で
ちょこちょこと
発展しているようなので
街の様子を観察しがてら
初グランシャリオを
堪能したくなってきたような。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする