松屋「ビーフカレー」(2017年ver)を大盛で賞味~

松屋ビーフカレー2017大盛賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

松屋の
「ビーフカレー」が
2017年3月7日(火)午前10時から
販売開始というか復活するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
大盛で賞味してきました。

この記事

ライスを湯豆腐に変更して松屋「焼鮭定食」を賞味~

からの続きです。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ビーフカレー大盛を注文

定食ライスを
湯豆腐へ変更した
焼鮭定食を完食完飲したYさま。

荷物を置いたまま席を立ち
再び券売機へ向かいます。

画面をピコピコとイジると、、、

お、出てきました。

松屋券売機画面のビーフカレー2017

新メニュー

ビーフカレー

唐辛子マーク1本

カレー単品
590円~

ポテトサラダ
セット
710円~

奥には
同日同時刻から
販売開始されている
バージョンアップした
「新オリジナルカレー」の画面が
見えますね~

「カレー単品」をピコッとタッチ。

松屋券売機のビーフカレー2017サイズ選択画面

並盛
590円

大盛
690円

「大盛」をタッチします。

食券をGETして
席へ戻りました。

やってきた店員さんに
食券を渡します。

今度はド肝を抜かれた感じはなく
フツーなリアクション。

ついでに
「焼鮭定食」を
片付けてもらいました。

残った半券はコチラ。

松屋ビーフカレー2017食券の半券

17.-3.-7

ビーフカレー大

¥690(税抜き 639円)

10:31

時間は「10:31」。

午前10時53分のバスまで
あと22分。

ビーフカレー大盛を観察

待つこと2分、、、

松屋ビーフカレー2017一式を真上から

松屋ビーフカレー2017一式をナナメから

出てきました。

「焼鮭定食」は
16分かかりましたが
「ビーフカレー大盛」は
めっちゃ早いですね~

じっくりと観察したいところではありますが
バスの時間が迫っているので
ササッと眺めていきます。

松屋ビーフカレー2017のカレー寄り真上

松屋ビーフカレー2017のカレー寄りナナメ

ビーフカレー大盛の本体。

松屋ビーフカレー2017のみそ汁

みそ汁。

こちらもフタ付き。

ちょい大きめな器。

ぱかッと開けると
具はいつもの
わかめと油揚げ。

松屋ビーフカレー2017のカレールー

たっぷりかかったカレールー。

松屋ビーフカレー2017のごはん

大盛のライス。

松屋ビーフカレー2017の福神漬け

福神漬け。

松屋ビーフカレー2017の角切りビーフと玉ねぎ

カレールーの海の中には
角切りビーフやら
玉ねぎやらが
見えます。

角切りビーフを持ち上げてみます。

よいしょっと。

松屋ビーフカレー2017の角切りビーフ持ち上げ

サイコロ的な
立方体っぽい感じではなく
長方形というか直方体な形状ですね~

続いて玉ねぎも、、、

よいしょっと。

松屋ビーフカレー2017の玉ねぎ持ち上げ

玉ねぎは
大きめカット。

次は、、、カレールーを、、、

よいしょっと。

松屋ビーフカレー2017のカレールー持ち上げ

この中に
「14種類のスパイス」が
調合されているのですね~

ビーフカレー大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます。)

まずは、、、カレールーをちょこっと、、、

ぺろり。

松屋いわく
「コクと深みがアップ」
ということですが、、、

確かにその通りな印象。

と言っても、、、

めっちゃ松屋らしいお味だったり。

続いて、、、角切りビーフをちょこっと、、、

かぷッ。

やわらか~です。

煮崩れる直前の
ちょうど良さめな感じ。

次は、、、玉ねぎをちょこっと、、、

はむッ。

火は通っているものの
シャキッとした食感が
残っています。

バスの時間もあるので
ここからは
がばがばと賞味していきます。

どばどばどば~~~

あっという間に、、、

松屋ビーフカレー2017を完食完飲

完食完飲。

冷たい水で一服して、、、

松屋の水20170307

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

時間は午前10時44分。

「あっという間」とか言いながら
11分もかかってしまったのは、、、

写真をパシャパシャ撮っていたからですね~

お店を出て振り返ってみると、、、

松屋を出て振り返る20170307

特に変化はない様子。

というワケで
午前10時53分のバスには
余裕で間に合ったのでした。

Yさまのまとめ

松屋のスタンダードなカレーと言えば
「新オリジナルカレー」。

これまでの
「新オリジナルカレー」よりも
確かにコク深いなーと感じました。

まあ、同じタイミングで
「新オリジナルカレー」も
バージョンアップしているので
まだ最新版とは比較できておりませんがあ~

ところで、、、

どのくらいコク深いのかと言うと、、、

この文章を書いている時間は
賞味終了から7時間以上経っていますが
いまだに身体中から
「カレー」の名残が。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする