能登丼=能登牛ローストビーフ丼を賞味~。第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷

能登丼能登牛ローストビーフ丼サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷
の初日午前中に行ってきました。

100以上ある出展ブースの中から

弟子屈ラーメン「全部のせ味噌」
奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会「能登丼」

を賞味しました。

こちらの記事では
奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会「能登丼」
を賞味した様子をアップします。

【クオーゼイ2015シリーズ】

  1. 【写真大量1】第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷(2015)にれの木広場編
  2. 【写真大量2】第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷(2015)大噴水前広場編
  3. 弟子屈ラーメン全部のせ味噌を賞味~。第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

能登丼のブースに来ました

「弟子屈ラーメン全部のせ味噌」を賞味して
まだまだ腹に入りそうだったので
もう一品賞味することに。

「弟子屈ラーメン」が北海道なので
北海道以外のものを探すことに。

ウマそうなものが
いっぱい、いっぱい、いっぱいありましたが
「能登丼」にしてみます。

能登丼能登牛ローストビーフ丼の看板

能登丼の旗

能登丼
能登牛ローストビーフ丼
600円

能登丼を持って芝生広場へ

注文するとすぐに出てきました。

能登丼を持って
さっき「弟子屈ラーメン全部のせ味噌」を賞味した
芝生広場へ。

テーブルに能登丼を置いて
眺めてみます。

能登丼能登牛ローストビーフ丼外観

手のひらサイズです。

フタを開けてみましょう。

パカッ。

能登丼能登牛ローストビーフ丼

ごはんの上に
何枚かのローストビーフ。

温泉卵がちょこんと載っています。

能登丼能登牛ローストビーフ丼のローストビーフ

ローストビーフの上には
なにやらソースなのかタレなのかが
かかっています。

能登丼能登牛ローストビーフ丼の温泉卵

温泉卵は特に変わった様子はなし。

ローストビーフを
箸で持ち上げてみます。

能登丼能登牛ローストビーフ丼のローストビーフを持ち上げる

柔らかくてウマそうですね。

さて、温泉卵をどうしようか考えて、、、

潰してみることにします。

それっ。

能登丼能登牛ローストビーフ丼の温泉卵をつぶす

お、なんか、良い感じですね。

能登丼を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは温泉卵の黄身に
ローストビーフをたっぷりつけて、、、

能登丼の温泉卵の黄身をつけたローストビーフ

がぶり。。。というかペロリ。。。

ごはんも一緒にぱくり。

温泉卵の黄身の旨味が
パアッと広がって
その中からローストビーフの赤身の旨味。

見た目は
ローストビーフの半分くらいは脂身ですが
脂っぽさはあまりなく
サッパリとした感じ。

手のひらサイズだったので
あっという間に完食。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

ウマいローストビーフに
それに合うタレ。
温泉卵とは相性良し。

お味はとってもステキでした。

ただ600円で手のひらサイズというのは
いわゆる「イベント価格」なのかなあ、、、と思ったら
地元ではこの2~3倍のお値段な模様です。

「能登丼」というものは
初めて知ったので
【ローストビーフ+温泉卵】で
「能登丼」なのかと思いましたが
一緒にもらったパンフレットを見たら
海鮮丼
豆腐丼
から揚げ丼
メンチカツカレー丼etc
めっちゃバラエティに富んだ感じ。

奥能登産のコシヒカリ、水、メイン食材
能登産の器と箸
などなどの条件で「能登丼」だそうで。

今回はイベントなので
「能登産の器と箸」ではないかもしれませんが。。。

今回のクオーゼイの出展者の名義は
特定のお店ではなく
「石川県 能登丼」となっています。

ジャンプするHPは
「奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会」。

もらったパンフレットは
「能登丼事業協同組合」となっていました。

【クオーゼイ2015シリーズ】

  1. 【写真大量1】第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷(2015)にれの木広場編
  2. 【写真大量2】第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷(2015)大噴水前広場編
  3. 弟子屈ラーメン全部のせ味噌を賞味~。第2回!地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする