ファミリーマート「勝浦タンタンメン」(税込480円)を賞味~

勝浦タンタンメンサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

ファミリーマートで
「勝浦タンタンメン」を発見したので
賞味してみました。

成分や原材料などのDATAは
最後にまとめて書いています。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

「勝浦タンタンメン」の外観をチェック

レジで温めてもらい
イートインコーナーへ。

さて、眺めてみましょう。

勝浦タンタンメン外観

ラベル以外には
何もありません。

ラベルを見てみましょう。

勝浦タンタンメンのラベルのアップ

  • FamilyMartのロゴ
  • B-1グランプリのロゴ
  • 勝浦タンタンメンのロゴ
  • 熱血!!勝浦タンタンメン船団のロゴ

なんだかロゴがいっぱいです。

QRコードがついています。

かざしてみると、、、

千葉県勝浦市
「熱血!!勝浦タンタンメン船団」の
公式ページに繋がりました。

「勝浦タンタンメン」を開封

それでは開封してみます。

フタを、、、パカッと。

勝浦タンタンメン開封

麺の上、約半分くらいに
ミジン切りの玉ネギと挽肉の炒め物。

長ねぎの輪切りと、長ねぎの白髭ねぎ。

勝浦タンタンメンの麺のアップ

麺は角麺のストレートですね。

ちょこっと黄色がかっています。

勝浦タンタンメンの長ねぎのアップ

青々とした長ねぎ。

勝浦タンタンメンの白髭ねぎ

白髭ねぎは
半分、汁にしみています。

現地、勝浦では
真ん中にドバッと盛られているお店が多いです。

勝浦タンタンメンの挽き肉炒め

勝浦タンタンメンの特徴のひとつ。
ミジン切りの玉ネギと挽肉の炒め物。

もうひとつの特徴であるラー油が
左の方にちょこちょこ浮いていますね。

勝浦タンタンメンの鷹の爪

鷹の爪がパラパラと載っています。

麺を持ち上げてみましょう。

勝浦タンタンメンの麺を持ち上げる

勝浦タンタンメンの麺を持ち上げたアップ

こうして写真で見ると
柔らかそうにも見えますが
箸から伝わってくる感触は
ちょい固めです。

「勝浦タンタンメン」を賞味

それでは賞味してみましょう。

まずは混ぜ混ぜしてから。。。

ずるずるずる。。。

醤油ラーメンと坦々麺の
中間のような味がします。

玉ねぎと挽き肉の旨みが効いています。

ちょこっと辛さがあります。

勝浦タンタンメンというと
ラー油たっぷりで真っ赤でピリ辛いイメージがありますが
こちらは色も辛さもマイルドな感じです。

とは言いつつも
賞味しているうちに
じわじわと辛さが湧いてきました。

麺を完食した後は
汁の底に沈んだ
挽き肉と玉ねぎを
サルベージして賞味します。

最後は汁もろとも完飲。

ウマかったです。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

真っ赤でピリ辛い勝浦タンタンメンというよりは
見た目も辛さもマイルドになった
「醤油味の坦々麺」といった感じでした。

それでも
ミジン切りの玉ネギと挽肉の炒め物が
勝浦タンタンメンらしさを醸し出しています。

温かいし
ピリ辛いし
ウマいし
寒い冬には
なかなか良いと思いました。

「勝浦タンタンメン」
DATA

本体445円(税込480円)

レンジ加熱目安
1600W 1分30秒
500W 4分30秒

1包装当り
熱量409kcal
蛋白質23.7g
脂質8.4g
炭水化物60.1g
Na2.6g

名称 調理麺

原材料名
スープゼラチン
ゆで中華麺
玉ねぎ豚肉炒め
(玉ねぎ、植物性たん白、豚肉、醤油、植物油、ラー油、こしょう)
ねぎ
ラー油
とうがらし
増粘剤(加工デンプン、アルギン酸エステル)
調味料(アミノ酸等)
pH調整剤
酒精
かんすい
グリシン
着色料(紅麹、クチナシ、カロチノイド)
香辛料
硫酸Ca
(原材料の一部に小麦、卵、ごま、鶏肉を含む)

保存方法 10度以下
製造者 株式会社ジョイアス・フーズ 児玉工場
※児玉工場では、そば・卵を含む製品を生産しています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする