赤坂インターシティAIR(エア) 2017年8月竣工予定

赤坂インターシティAIR2017年8月竣工予定サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業の
施設名称が
「赤坂インターシティAIR」に決定しましたね。

2017年8月竣工予定。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

赤坂インターシティAIR
地図

赤坂インターシティAIR地図

赤坂インターシティAIR位置図

溜池交差点のすぐ近く。

六本木通り沿い。

溜池山王駅からも近いです。

ということもあって
溜池山王駅からは
地下通路連絡通路を新設します。

赤坂インターシティAIR
施設配置図

赤坂インターシティAIR配置計画図

メインの高層棟以外は
緑地いっぱい。

緑化率50%以上だそうで。

緑地面積は5,000平方メートル超。

この配置図を見ると
新設する地下鉄連絡通路は
既存の地下道から
ちょこんと分岐するような感じですね。

赤坂インターシティAIR
断面図

赤坂インターシティAIR断面図

ほとんどが事務所用のフロア。

そこに共同住宅が
貼り付いているような構造でしょうか。

地下は駐車場ですね。

赤坂インターシティAIR
基準階平面図

赤坂インターシティAIR基準階平面図

共同住宅がある13階までと
14階から上とでは
若干、広さが違う模様です。

この図は高層階の平面図。

オフィスが5区画。

エレベーター8台。

赤坂インターシティAIR
竣工イメージ

赤坂インターシティAIR緑越しの完成イメージ

このイメージ図を見ると
2棟のようにも見えますね~

敷地内には約200メートルの街路樹。

「赤坂虎ノ門緑道計画」の西側の起点になるそうで。

このまま虎ノ門方面へ約850メートル続く計画。

赤坂インターシティAIR竣工イメージ1

緑いっぱいの中に
ウッドデッキ的な遊歩道。

緑化された敷地内には飲食店を配置する計画。

赤坂インターシティAIR竣工イメージ2

六本木通りに面したあたりでしょうか。

地下通路への出入口が見えます。

ということは
「地下鉄連絡広場」のあたり?

植えられている木々は
「けやき」っぽいですね~

赤坂インターシティAIR
ロゴ

赤坂インターシティAIRロゴ

赤坂の「A」と
「AIR」の「A」を
イメージした形だそうで。

青は空
緑は植物
間の白は遊歩道を
イメージしているとのこと。

ちなみに赤坂の「A」と書きましたが、、、

AIR自体が、、、

A・・・Akasaka
I・・・Icchome
R・・・Re-development

「赤坂一丁目再開発」の頭文字でもあるそうで。。。

赤坂インターシティAIR
建築概要

事業名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業

施設名称:赤坂インターシティAIR

所在地:東京都港区赤坂一丁目5番の一部、6番、8番、9番の一部

交通:
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅地下通路直結
(東京メトロ千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前」駅接続)

主要用途:事務所、共同住宅、会議施設、店舗等

敷地面積:16,088.32平方メートル

延床面積:178,328.01平方メートル

最高高さ:205.08m(TP+214.23m)

階数:地下3階、地上38階、塔屋1階

構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造

制振装置 アンボンドブレース、iRDTダンパー、増幅機構付粘性減衰装置
エレベーター オフィス低層8基、中層8基、高層8基、人荷用兼非常用2基、その他11基(計37基)

駐車場台数:314台(自走式132台、機械式182台)

竣工予定:2017年8月

施行者:赤坂一丁目地区市街地再開発組合

設計監理:株式会社日本設計

施工:株式会社大林組

Yさまのまとめ

2013年9月発表時の計画では
メインの高層棟は37階でしたが
2016年3月の時点では
38階に変更になっていますね~

竣工予定も
2017年4月→2017年8月に変わっています。

まあ、計画が後ろ倒しになっていくのは
よくあるパターンだったりします。

店舗なども入居するようなので
建物の低層には
入っていけそうですね。

緑化された敷地は
「地域にも開かれた憩いの空間」
ということなので
竣工したら
ちょこっと歩いてみたいかもです~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする