吉野家|新『ベジ丼』(ベジ丼、ベジ牛、ベジカレー)3月3日(木)販売開始

吉野家新ベジ牛販売開始サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
新『ベジ丼』
(ベジ丼、ベジ牛、ベジカレー)を
2016年3月3日(木)朝10時から
販売開始しますね。

いろいろ情報を収集してみました。

【追記】実際に賞味した記事はコチラ!

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

新『ベジ丼』

新ベジ牛ポスター画像20160225

玉ねぎ1個分の
ケルセチン入り
オニオンソース

ベジ丼 480円(税込) 399kcal

ベジカレー 590円(税込) 601kcal

ベジ皿 380円(税込) 138kcal

新ベジ牛 590円(税込) 582kcal

ということで
いままで
「うま塩ダレ」だったベジ丼が
ケルセチンを加えた
「オニオンソース」に変わります。

価格も新価格。

野菜たちは
季節によって変わるとのことですが
ポスター画像の背景には、、、

ベビーコーン
にんじん
ブロッコリー
赤パプリカ
さつまいも
スナップエンドウ
玉ねぎ
オクラ

などなどが見えますね。

新ベジ丼の中を見るとさらに、、、

黄パプリカ
いんげん
きゃべつ

のようなものも見えますね。

ケルセチンとは?

ところで、、、

サラリと書いてある
「ケルセチン」って何でしょう???

と思ってちょこっと調べてみました。

簡単に言うとポリフェノールの1種ですね。

ポリフェノールの中でも
フラボノイドのひとつ。

抗酸化力が向上することが
確認されているとか。

他にも、、、

まだ人間ではなく
動物での結果ですが、、、

  • 関節炎改善
  • 骨密度減少の抑制
  • 血流の改善
  • 毛細血管密度の増加
  • 赤血球の溶血率の抑制
  • 赤血球の柔軟性改善
  • 大動脈壁へのコレステロールの蓄積を抑制
  • 血中LDLコレステロールの低下
  • 最高血圧上昇の抑制

などなどの実験結果を発見できました。

で、なぜに「オニオンソース」なのかというと
玉ねぎにケルセチンが多く含まれているから。

かなーり前から
「玉ねぎで血液サラサラ」なんて
言われてきましたが
そのしくみがだんだんと解明されてきているのですね~

Yさまのまとめ

3月3日販売開始ということで
まだ寒い時期ではありますが
確実に春に向かっている頃。

春野菜というワケではありませんが
野菜いっぱいのベジ丼で
春を先取りしてみたいかもですね~

販売開始されたら
さっそく賞味してみます~

【追記】初日に賞味してきました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする