吉野家「ねぎ塩豚丼」大盛を賞味~

吉野家ねぎ塩豚丼2017大盛賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
「ねぎ塩豚丼」
「ねぎ塩牛カルビ丼」を
2017年5月25日(木)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
「ねぎ塩豚丼」を
大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2017年5月25日(木)。

この日の
午前10時から
吉野家が
「ねぎ塩豚丼」
「ねぎ塩牛カルビ丼」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

吉野家に来ました20170525

到着。

時間は午前9時36分。

吉野家店外のねぎ塩豚丼2017タペストリー

ガラス壁には
「ねぎ塩豚丼」
「ねぎ塩牛カルビ丼」
のタペストリー。

「豚丼」の方が
イチ押しな感じですね~

ねぎ塩豚丼大盛を注文

しばし時をやり過ごして
午前10時直前に入店。

カウンター席に座りました。

店員さんがやって来たので、、、

Y「10時になったら「ねぎ塩豚丼」大盛」

店「へい」

なんなく発注に成功。

吉野家店内を観察

待っている間に
店内を眺めてみます。

吉野家店内メニュー表紙のねぎ塩豚丼2017

メニューブックの
表紙に
「ねぎ塩豚丼」
「ねぎ塩牛カルビ丼」。

定食もありますね~

吉野家店内の菅田スペシャルの独立ペラメニュー20170525

あらら?

「菅田将暉スペシャル」
のペラメニューが
まだありますねぇ~

2017年4月28日(金)10時から
5月7日(日)22時まで
期間限定だったはずですが。。。

まあ、組み合わせるだけなので
「牛丼並盛」
「キムチ」
「ねぎ玉子」
の3品がある限り
続けることができますね~

吉野家店内のポスターたち20170525

壁のポスターは
この日の午前4時に復活した
「ハムエッグ定食」などなど。

「ねぎ塩」は見当たらず。

余談ながら、、、

2017年4月28日(金)に
「菅田将暉スペシャル」を
賞味した時、、、

沖縄県那覇市の店舗では
すでに「ハムエッグ定食」は
フツーに販売中だったりしました。

【参照】

先行販売だったのでしょうかね~

ねぎ塩豚丼大盛を観察

待つことおそらく3~4分。

午前10時3分。

吉野家ねぎ塩豚丼2017大盛一式を真上から

吉野家ねぎ塩豚丼2017大盛一式をナナメから

出てきました。

吉野家ねぎ塩豚丼2017の丼を真上から

吉野家ねぎ塩豚丼2017の丼をナナメから

ねぎ塩豚丼本体。

吉野家ねぎ塩豚丼2017のすりおろし生姜

別添えで
すりおろし生姜。

吉野家ねぎ塩豚丼2017の豚肉

豚肉。

吉野家ねぎ塩豚丼2017の玉ねぎ

玉ねぎ。

吉野家ねぎ塩豚丼2017の長ねぎ

写真では
白髭ねぎっぽい
感じでしたが
フツーの長ねぎ。

吉野家ねぎ塩豚丼2017のねぎ塩ダレ

ねぎ塩だれ。

それぞれを
持ち上げて
さらに観察してみます。

吉野家ねぎ塩豚丼2017の豚肉持ち上げ

豚肉。

赤身と脂身が
層になっていますね~

いつもの
豚丼の煮肉でしょうかね~

吉野家ねぎ塩豚丼2017の玉ねぎ持ち上げ

玉ねぎ。

ちょい厚めで
繊維がしっかりしている感じ。

こちらも
いつもの豚丼の
玉ねぎでしょうかね~

吉野家ねぎ塩豚丼2017の長ねぎ持ち上げ

長ねぎ。

白髭とまでは
いかないまでも
白い部分が多め。

吉野家ねぎ塩豚丼2017のねぎ塩ダレ持ち上げ

ねぎ塩だれ。

みじん切りの玉ねぎに
いろいろ絡んでいます。

白ごまとか。

黒っぽい粒々は
何でしょうかね~

ねぎ塩豚丼大盛へ
すりおろし生姜を投入

すりおろし生姜を
ねぎ塩豚丼へ
投入してみます。

投入の見本にしようと
メニューの写真を見てみると、、、

すりおろし生姜投入の見本にしようとしたねぎ塩豚丼の写真20170525

投入前の姿ですね。

しばし目の前の丼を眺めて、、、

ねぎ塩だれが
多いあたりの
すぐ横に投下してみます。

せーの、、、

ぽとり。

吉野家ねぎ塩豚丼2017へ生姜投入真上から

吉野家ねぎ塩豚丼2017へ生姜投入ナナメから

お、なんだか良い感じに
着地しましたね~

ねぎ塩豚丼大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

ねぎ塩だれをちょびっと、、、

ぺろり。

塩味の中にちょい酸味。

みじん切りの
玉ねぎは
まだシャキッとした
感触が残っています。

いつもの
豚丼に入っている
豚肉と
玉ねぎは
やはり、いつものお味。

それでは、、、

せっかくなので、、、

豚肉
玉ねぎ
ねぎ塩だれ
長ねぎ
すりおろし生姜

全要素を持ち上げて、、、

吉野家ねぎ塩豚丼2017の全要素持ち上げ

がぶり。

まずは長ねぎの刺激。

続いて
いつもの豚肉と玉ねぎのお味。

すりおろし生姜の
ピリリとした感触の後に
ねぎ塩だれが広がっていきます。

(↑この順番は各要素の積み重なり方で変わってくると思われます)

ここからは
がばがばと賞味していきます。

豚肉はけっこうな量があります。

それに対して、、、

玉ねぎは最初に賞味した
1切れ(+カケラ)のみだった模様。

貴重な1切れでしたね~

ごはんの量も
しっかり「大盛」らしい量。

すっかりいろいろ堪能して、、、

吉野家ねぎ塩豚丼2017大盛を完食

完食。

冷たい水で一服して、、、

吉野家の水20170525

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

ねぎ塩豚丼大盛の伝票

完食したので
伝票を眺めてみます。

吉野家ねぎ塩豚丼2017大盛の伝票

吉野家ねぎ塩豚丼2017大盛の伝票寄り

1 ねぎ塩 豚丼 大盛 620

小計 620

合計 620

2017年05月25日

09:59

時間が
販売開始1分前の
「09:59」になっていますね~

出てきたのが
午前10時3分だったので
フライングではない、、、はず、、、たぶん。

Yさまのまとめ

しばらくぶりの
吉野家のねぎ塩だれ。

前年(2016年)との違いは
はっきりとはわからなかったものの
相変わらずのウマさ。

これから暑くなっていくと
どんどん人気上昇かもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする