吉野家「辛辛キムチ鍋膳」を宇都宮で賞味~

吉野家辛辛キムチ鍋膳2017賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
「地域限定鍋」
「牛すき鍋膳」を
2017年11月1日(水)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

販売開始から3日後の
2017年11月4日(土)に
栃木県宇都宮市で
「辛辛キムチ鍋膳」を
賞味してきました。

■初日に東京で「鬼辛豚チゲ鍋膳」を賞味した様子はコチラ~

よろしければ最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

宇都宮の吉野家へ向かいます

2017年11月4日(土)。

この日に開催されている
「第19回 宇都宮餃子祭り2017」へ
行くために宇都宮へ。

【参照】

この日は
東京・中野で
「第24回 チャランケ祭 2017」が
開催されていたりもするので
ハシゴするために
宇都宮餃子祭りは
1時間くらいの滞在にして
中野へ向かうことにします。

電車に乗る前に
宇都宮駅にある
吉野家に立ち寄ることに。

餃子ではなく
吉野家という
その理由は、、、

11月1日(水)午前10時から
販売開始されている
地域限定鍋の
北海道・東北・新潟・北関東エリア版
「辛辛キムチ鍋膳」を
賞味するため。

 

宇都宮の吉野家に到着

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_006

到着。

時間は午前11時40分。

この店舗は
前年(2016年)も
「ご当地鍋」を
賞味したお店だったりします。

【参照】

お店の前には
「辛辛キムチ鍋膳」、、、

ではなく、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_009

「鶏すき丼」のポスター看板。

んん???

「鶏すき丼」!?

初めて見るような。。。

「店舗・期間限定」となっています。

【追記】この翌日に賞味しましたあ~

店舗外観を
よーく眺めてみますが
「辛辛キムチ鍋膳」らしき要素は
見当たらず。。。

 

辛辛キムチ鍋膳
大盛を注文

せっかく来たので
入店してみます。

カウンター席に座り
メニューを取り出してみます。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_010

グランドメニューと
「鶏すき丼」の独立ペラメニュー。

グランドメニューの表紙は
「牛すき鍋膳」になっていますね~

そして、、、

よーく見ると、、、

お、ありました。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_013モザイク

NEW!

地域限定

辛辛キムチ鍋膳

並盛680円

大盛780円

当店ではコンロではなく、
鍋敷きでのご提供となります。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_014モザイク

こちらは
「鶏すき丼」の
独立ペラメニュー。

並盛420円(税込)
大盛520円(税込)

みそ汁、お漬物付の
「鶏すき丼セット」は
並盛490円(税込)
大盛590円(税込)。

グランドメニューを
開いてみます。

ぴらり~

さっそく出てきました。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_019

鍋膳のページ。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_020

肉2倍盛 +300円

ねぎ増し +100円

テイクアウトできます

テイクアウトにお漬物をつきません。

さらに
ページを進めていくと、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_018モザイク

牛すき鍋弁当

辛辛キムチ鍋弁当

の案内。

弁当は
(ご飯・玉子つき)
なのですね~

値段が
店内と同じなので
漬物のかわりに玉子
といったところでしょうかね~

壁を見ると、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_012

お、いろいろ掲げてありますねぇ~

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_021

「鶏すき丼」のポスター。

その奥には、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_022

「辛辛キムチ鍋膳」のポスター。

店員さんを呼んでみます。

Y「辛辛キムチ鍋膳。大盛で」

店「へい」

なんなく発注に成功、、、

と思っていました。

この時は。

 

辛辛キムチ鍋膳
を観察

待つこと9分、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_026

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_025

出てきました。

手前から順番に
眺めていきます。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_027

大盛のごはん、、、

のわりには
小ぶりなような。。。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_028

空の小鉢。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_029

漬物。

白菜メイン。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_031

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_032

辛辛キムチ鍋。

鍋の具たちを
持ち上げて
さらによーく眺めてみます。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_037

肉。

豚肉でしょうかね~

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_039

長ねぎ。

ナナメのブツ切り。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_045

長ねぎ。

緑色の部分。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_048

にんじん。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_051

白菜。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_056

うどん。

ひらべったい角麺。

短めですね~

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_060

玉ねぎ。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_066

水菜。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_069

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_073

豆腐。

絹ごし。

 

辛辛キムチ鍋膳
を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、豚肉をちょこっと、、、

はむッ。

キムチっぽいお味が
絡みついています。

「辛辛」ということですが
感覚的には「ピリ辛」くらいな印象。

一通り、野菜たちを
ちょこっとずつ賞味。

キムチっぽいお味で
統一されています。

というか、、、

「辛辛」かどうかは
さておき、、、

キムチが
入っていることには
気が付きませんでしたが、、、

メニュー名に
「キムチ」と入っているので、、、

いわゆる「豚キムチ鍋」という感想。

ここからは
ごはんと一緒に
がばがばと賞味して、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_078

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_077

豚肉、野菜、豆腐を完食。

残ったうどんも
ちゅるちゅると楽しんで、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_081

完食。

冷たい水で一服して、、、

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_015

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

 

辛辛キムチ鍋膳
の伝票

完食したので
伝票を眺めてみます。

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_074

yoshinoya_karakara_kimuchi_nabezen_20171104_075

むむむむむ。。。

吉野家辛辛キムチ鍋膳の伝票の並の表記20171109

吉野家辛辛キムチ鍋膳伝票の並切り抜き20171109

「並」!?

あーーーれーーー

どんまい。

気を取り直して
再びよーく眺めてみます。

地域鍋・並 680

小計 680

合計 680

2017年11月04日

11:46

時間が「11:46」。

昼のランチタイムラッシュの
ちょっと前の入店でしたね~

賞味している途中から
どんどんとお客が入って来ていました。

繁盛してますね~

 

Yさまのまとめ

上にも書いた通り
「辛辛」かどうかは
さておき
いわゆる「豚キムチ鍋」な味わい。

この3日前に賞味した
「鬼辛豚チゲ鍋膳」が
まさに「鬼辛」だったので
辛さ控えめに感じたのかもしれません。

大盛を発注したつもりが
並盛というのは
たまーにありますね~

かなりハッキリと
発声したつもりでしたが
伝わっていなかったのですね~

そしてこの翌日。

同じ店舗で
「鶏すき丼」大盛を
賞味するのですが、、、

さらに驚きな出来事が、、、

続く。。。

■続きはコチラ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする