吉野家「牛カルビ生姜焼き丼」大盛を賞味~

吉野家牛カルビ生姜焼き丼大盛賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

吉野家が
「牛カルビ生姜焼き丼」
「牛カルビ生姜焼き定食」を
2017年2月9日(木)午前10時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日の午前中に
「牛カルビ生姜焼き丼」を
大盛で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉野家に来ました

2017年2月9日(木)。

「肉の日」ですね~

この日の午前10時から
吉野家が
「牛カルビ生姜焼き丼」
「牛カルビ生姜焼き定食」を
販売開始するということで
お店へ向かいます。

吉野家に来ました20170209

到着。

時間は午前9時31分。

ちょこっと早かったですね~

吉野家店外の牛カルビ生姜焼き丼タペストリー

お店の外にはすでに
「牛カルビ生姜焼き丼」の
タペストリーが
掲げられています。

牛カルビ丼の
バリエーションも
載っていますね~

「牛カルビ生姜焼き定食」の要素は
入っていない模様。

牛カルビ生姜焼き丼大盛を注文

近所をふらふらしながら
時を待ちます。

午前10時直前に入店。

吉野家店内の牛カルビ生姜焼き丼ポスター

壁には
「牛カルビ生姜焼き丼」
「牛カルビ生姜焼き定食」
のポスター。

こちらには
丼と定食と
どちらも載っていますね~

吉野家店内のメニュー20170209

まだ午前10時になっていないためか
メニューには
「牛カルビ生姜焼き丼」
「牛カルビ生姜焼き定食」
らしき要素はナシ。

そうこうしているうちに
午前10時になったので
店員さんを呼んで
「牛カルビ生姜焼き丼大盛」を注文しました。

牛カルビ生姜焼き丼大盛を観察

待つこと2分、、、

吉野家牛カルビ生姜焼き丼大盛一式を真上から

吉野家牛カルビ生姜焼き丼大盛一式をナナメから

出てきました。

めっちゃ早いですね~

吉野家牛カルビ生姜焼き丼大盛の丼を真上から

吉野家牛カルビ生姜焼き丼大盛の丼をナナメから

丼本体。

吉野家のマヨネーズ1_20170209

吉野家のマヨネーズ2_20170209

吉野家のマヨネーズ3_20170209

マヨネーズが別添えされています。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼の牛カルビ

牛カルビ。

鉄板で焼いているような素振りは
気が付きませんでしたが、、、

ちょこっと焦げ目がついていますね~

吉野家牛カルビ生姜焼き丼の玉ねぎ

玉ねぎ。

1箇所にかたまっています。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼のおろし生姜

おろし生姜。

けっこうな体積で
ボヨーンと載っています。

事前の情報では
「別添え」とのことでしたが
実際にはすでに
牛カルビの上に載っていますね~

「別添え」
になっているのは
マヨネーズでした。

それぞれの具を
持ち上げてみます。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼の牛カルビ持ち上げ

牛カルビ。

パサッとして
水分少なめな印象。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼の玉ねぎ持ち上げ

玉ねぎ。

いろいろしみていそうですね~

吉野家牛カルビ生姜焼き丼のおろし生姜持ち上げ

おろし生姜。

こちらも水分少なめかも~

吉野家牛カルビ生姜焼き丼のキャベツとにんじん

牛カルビの下というか
ごはんの上には
千切りキャベツと
千切りにんじんが
敷き詰められています。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼のキャベツとにんじんを持ち上げ

タレが絡んで
しっとりしていますね~

牛カルビ生姜焼き丼大盛を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、牛カルビをちょこっと、、、

はむッ。

見た目と同じく
サッパリした感じ。

生姜
リンゴ果汁
米味噌
などをブレンドした
「こだわりの生姜焼きのタレ」
とのことですが
薄味に仕上げてある印象というか
肉とマッチし過ぎているためというか
タレ単体の味わいは判別できず~

続いて、、、玉ねぎをちょこっと、、、

かぷッ。

こちらは
「焼き上げ」てあるというよりは
いつもの煮肉に入っている
玉ねぎに近い印象。

次に、、、おろし生姜をちょびっと、、、

ぺろり。

ピリッとした感触はあるものの
マイルド気味かも~

それでは3品組み合わせてみます。

牛カルビ
玉ねぎ
おろし生姜を
一緒に持ち上げて、、、

吉野家牛カルビ生姜焼き丼の全要素持ち上げ

がぶり。

牛カルビも
おろし生姜も
水分少なめなところに
玉ねぎからの水分が加わって
良い感じ。

せっかくなので
マヨネーズも試してみます。

ちょこっとたらしてみます。

せーの、、、

どばどば~~~

吉野家牛カルビ生姜焼き丼へマヨネーズを投入

わわ、めっちゃ出してしまいましたあ~

マヨネーズが
かかっているあたりの
牛カルビ肉を
持ち上げてみます。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼のマヨ付き牛カルビ持ち上げ

おお、めっちゃジューシーそう。

そのまま、、、がぶり。

牛カルビが
水分少なめなのは
マヨネーズと一緒に賞味するという
前提なのかなーと
思ってしまうくらいの
相性の良さ。

とは言いつつも、、、

Yさま的には
サッパリしている方が
良かったかなーと感じたので
マヨネーズは
これだけにしておきました。

ここからは
ひたすらがばがば賞味していきます。

気が付くとあっという間に、、、

吉野家牛カルビ生姜焼き丼を完食

完食。

温かいお茶で一服して、、、

吉野家の温かいお茶20170209

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

牛カルビ生姜焼き丼大盛の伝票

完食したので
伝票を眺めてみます。

吉野家牛カルビ生姜焼き丼大盛の伝票

1 牛カルビ 生姜焼 丼・大 690

小計 690

合計 690

2017年02月09日

10:00

時間が
販売開始時間ちょうどの
「10:00」になっていますね~

Yさまのまとめ

「こだわりの生姜タレ」で
生姜焼きにされた牛カルビに
さらに「おろし生姜」投入ということで
めっちゃ生姜ざんまいなお味。

サッパリが良い人はそのままで。

ジューシーが良い人はマヨネーズをかけて。

2月上旬という
寒い時期
(ちなみにこの日は東京でも最高気温予想5度)
生姜ざんまいな1杯で
身体が温まるかも~

余談ながら、、、

Yさまがお店に滞在している間は
「牛カルビ生姜焼き丼」
「牛カルビ生姜焼き定食」の
店内メニューは
ついに出てきませんでした。

単体のペラメニューと
新しいグランドメニューと
2つ新たに登場するかなーと
予想していましたが。。。

次に吉野家へ行く時にでも
眺めてみることにします~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする