トート阪急洛西口(TauT阪急洛西口)2018年秋に第1期開業

トート阪急洛西口2018年秋第1期開業サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

「TauT阪急洛西口」
(トート阪急洛西口)が
2018年秋に第1期開業予定ですね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

TauT阪急洛西口
第1期エリア 計画概要

トート阪急洛西口外観イメージ20180517

トート阪急洛西口外観イメージ2_20180517

計画地:京都府京都市西京区川島六ノ坪町59-2他

敷地面積:約2,838平方メートル
(高架下全体の敷地面積は約11,200平方メートル)

延床面積:約1,522平方メートル

構造・階数:鉄骨造・地上1階

用途:物販・食物販・飲食・ATM・サービス・駐輪場等

開業予定:2018年秋

設計・監理:阪急設計コンサルタント株式会社

施工:株式会社中藏

工事期間:2018年3月15日 着工~2018年秋(予定)

TauT阪急洛西口
第1期エリア
地図と交通アクセス

トート阪急洛西口地図20180517

最寄駅
阪急京都線
阪急洛西口駅直結。

洛西口駅から
桂駅方面へ続く
線路の高架下。

TauT阪急洛西口
第1期エリア
テナント

この記事を書いている
2018年5月17日(木)の時点では
入居するテナントについては、、、

物販
食物販
飲食
ATM
サービス
駐輪場

となっていますが、、、

ちょこっと
ヒントのようなものが
示されています。


洛西口駅の
利便性向上につながる
サービス業態を誘致


地元京都で人気の
飲食・食物販の店舗を誘致

などなど。

Yさまのまとめ

阪急京都線
洛西口駅付近の
連続立体交差事業
(鉄道高架化)によって
生み出された
高架下スペース活用の
第1弾ですね~

総延長約1キロ
面積約11,200平方メートル
という
けっこうな大きさ。

「洛西口~桂駅間プロジェクト」
という名称で
活用が検討されてきましたが
まずは洛西口駅から続くスペース
約2,838平方メートルで
第1期開業ということに。

第1期は
「延床面積:約1,522平方メートル」
ということなので
ちょっとしたスーパーくらいの
広さではありますが、、、

高架下ということは
細長い形状になっているはずなので
多くの区画を作れそうな予感。

入居するテナント詳細
開業日時
などなど
新たな情報を入手したら
この記事に追記するか
別記事でアップするつもりです~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする