タマ伸也ライブ/ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)<第1部>

タマ伸也20150120サムネイル460

Yさま(@ysb_freeman)です。

THE TWISTARS(ザ・ツイスターズ)のLIVE
『After20years in TOKYO』を観てきました。

2015年1月20日(金)
場所は高円寺の「抱瓶」。

二部制になっていて
出演は順番に、、、

<一部>
タマ伸也
相馬圭二
川畑兄弟

<二部>
ザ・ツイスターズ

この中から
タマ伸也さんの
ライブの様子をアップします。

【この記事からの続きです】
ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)に行ってきましたあ~

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

タマ伸也さん登場

20時過ぎ
華々しく
ザ・ツイスターズのメンバーが登場。

ジャパンツアー初日ということで
ビクターとエイベックスから
デビューが決まったという
川畑ウシ智史さんが開会宣言。

メンバー紹介などなどがあり
川畑アキラさんから
「タマ伸也さんです、どうぞー」と
一部のトップバッターを紹介。

川畑アキラさん
相馬圭二さん
川畑ウシ智史さんが
下手へハケて
タマ伸也さんが1人
ステージに残りました。

タマ伸也さん演奏スタート

「ぶっちゃけ楽しみすぎて昨日寝てねーぜ、いえー」
という叫びでスタート。

1曲目「HAND TO HAND」(←という表記で良いのかな?)。

歌の前に
タマ伸也さんから
「サビの部分でお客さん同士で手をつないで」
と聴き方の指導。

そしていざサビ。。。で。。。

「ぜんぜんやってねーな」と再び指導。

2度目の指導の後は
みなさんで手を挙げて手をつないで聴きました。

2曲目「これが自由というものか」。

三木鶏郎さん作詞作曲で
榎本健一さんというか
エノケンさんが歌った曲のカバー。

3曲目。

曲名はわかりませんが
ギターがカッコイイと歌う曲。

歌う前にお客に
「伸也コール」を要請。

そして
「どっちがギターが上手いかここで決着をつける」と
相馬圭二さんを呼び込み。

曲の中で
お互いがギターソロを弾いて勝負。

結果は「ドロー」。

そしてタマ伸也さんから
「続いては相馬圭二さんのライブをお楽しみ下さい」と
一部の2組目
相馬圭二さんを紹介。

続く。。。

Yさまのまとめ

最近のタマ伸也さんのソロは
初めて観たような気がします。

後先考えずに
常に「今が全力」なスタイルの
タマ伸也さん。

早くも声がつぶれていきそうなフラグがビンビンでした。

そしてタマ伸也さんと相馬圭二さんのコンビ。

それぞれ
ザ・コブラツイスターズや
ポカスカジャンで
この2人が活躍する前。

「ボストンクラブ」という
ユニットというか
コンビというか、、、を組んでいたのを思い出します。

【ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』シリーズ】

  1. ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)に行ってきましたあ~
  2. タマ伸也ライブ/ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)<第1部>
  3. 相馬圭二ライブ/ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)<第1部>
  4. 川畑兄弟ライブ/ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)<第1部>
  5. ザ・ツイスターズ『After20years in TOKYO』@抱瓶(東京高円寺)<第2部>【ライブ鑑賞記】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする