相馬圭二2015新春ソロライブ@船橋Buddy’sに行ってきましたあ~

相馬圭二2015新春ソロライブサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

船橋Buddy’s(バディーズ)に
「相馬圭二2015新春ソロライブ」を
観に行ってきました。

相馬圭二さんは
元ザ・コブラツイスターズの
ギタリスト。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

船橋Buddy’s(バディーズ)へ向かいます

総武線各駅停車に乗って
船橋駅に来ました。

船橋駅に来ました

駅を出て
Buddy’s(バディーズ)を探します。

なんとなく頭に入れておいた地図を
思い出しながら
「こっちかなー」という方へ
歩いてみます。

この辺りを曲がるはず、、、

バディーズへの小道の入り口

近づいてみると、、、

バディーズへの曲がり角の看板

お、なにやら看板が出ていますね。

バディーズへの曲がり角の看板のアップ

相馬圭二!LIVE!

と書いてあります。

この小道を進んでみましょう。

左側になにやら看板がありますね。

バディーズへ続く小道

バディーズ入口の看板

どうやらこのビルのようです。

バディーズ全景

船橋Buddy’s(バディーズ)へ入店

それでは入店してみます。

階段を上がって2階へ。

右側にドアがあります。

バディーズの入口

ドアを開けて中へ入ると、、、

入ってすぐの場所で
相馬圭二さんが受付をやっています。

いきなり本人登場で
ちょこっとびっくりしました。

席へ案内されます。

ステージはこんな感じ。

バディーズのステージ

フロアは4人テーブルが6つ。

ほぼ満席です。

船橋Buddy’s(バディーズ)のメニュー

さて、何か注文しましょう。

メニューを眺めてみます。

船橋Buddysバディーズのメニューその1

船橋Buddysバディーズのメニューその2

船橋Buddysバディーズのメニューその3

船橋Buddysバディーズのメニューその4

もんじゃコロッケ ¥580

というのが気になりますが
とりあえずウーロン茶 ¥350 を注文しました。

相馬圭二2015新春ソロライブ第1部

開演時間は19時30分。

少しだけ遅れて
19時36分に
相馬圭二さんがステージへ登壇。

ソロライブの始まりです。

まずはエレアコにケーブルを挿そうとして落とすという
軽いボケから入ります。

チューニングを確認して、、、

演奏がはじまりました。

1曲目は「雪解け」。

ここで軽くMC。
「1回目の場所なんです」
「楽しんでいって下さい」
などなど。

2曲目は「天まで届け」。

ザ・コブラツイスターズ時代の最後のシングル曲です。

作詞作曲は相馬圭二さん。

ここでMC。

子供の頃から好きなことをやって
そのまんま大人になって
でも気が付くと
自分の子供が大きくなっていて、、、
自分の親もこういう感覚だったのかな、、、

みたいな思いを歌ったのが
「天まで届け」だそうです。

子供たちを見ていると
未来がパッーと開くような気持ちになるとか。

3曲目は「街灯並木」。

ここでMC。

次回作の制作を発表。

その中にこの「街灯並木」を収録する予定だとか。

そしてこの日は2部制ということも発表。

2曲続けて聴いて下さいということで

4曲目「私たちのひかり」
5曲目「青い空の向こうへ」

そして第1部終了。

相馬圭二2015新春ソロライブ第2部

第1部終了から10~15分後くらい。

第2部がはじまりました。

まずはカバー曲のコーナー。

この日は3曲。

1曲目は
アイルランドの港町を描いた望郷の歌。
「Carrickfergus」。

青森の港町で育った相馬圭二さんが
青森の北向きの黒い砂浜の寒い海と重ね合わせて聴いていたそうです。

後半は日本語の訳詞で歌いました。

2曲目は
相馬圭二さんが
小学校5~6年生の頃
よく聴いていたという曲。
「なごり雪」。

そして3曲目。

相馬圭二さん曰く
「絶対に知らない曲」ということで、、、

学生時代の音楽サークルの先輩のバンド
ザ・ブルドッグの曲で
「テレビかついで」。

このザ・ブルドッグのボーカル
大久保乃武夫さんは
現在のポカスカジャンの
大久保ノブオさん。

本人がやってくれないので
相馬さんがやっちゃうよ、ということらしいです。

相馬さん曰く
「バンドマンにとっては身に染みる歌詞」
だそうです。

4曲目は
「次回作」に入れたいという曲で
この年末年始にできた
一番新しい曲。
「揺れるカーテン」。

その「次回作」は
2015年中には完成させたいとのお話。

続いて5曲目。
「北にて」。
ザ・コブラツイスターズ時代の曲で
作詞作曲は相馬圭二さん。

2004年のミニアルバム「藪蛇」に収録されていた曲です。

ここでMC。

「次が最後の曲になってしまいました」

6曲目
「雪が悲しみの上に」。

相馬圭二2015新春ソロライブ
アンコール

第2部を終えて
ステージから降りて、、、

その足でステージへ引き返して
すぐにアンコール開始。

ここでお客さんから
「潮騒」のリクエスト。

相馬さん曰く
「夏にしかやっちゃいけない曲」
「夏にまた(ライブを)やるのでその時のお楽しみということで」
と見送りに。

そしてアンコール1曲目は
「夜のゆりかご」。

アンコール2曲目は
「歩き続ける人たちへ」。

これも作詞作曲:相馬圭二さんの
ザ・コブラツイスターズ時代の曲です。

2002年のアルバム
「ザ・コブラツイスターズIII」最後に収録されている曲ですね。

余談:ザ・ブルドッグ「テレビかついで」

相馬さんが
「絶対に知らない曲」と言っていた
ザ・ブルドッグ「テレビかついで」。

聴き覚えがあります。

ザ・ブルドッグ自体は
ほとんど観たことはないのですが
なぜか聴き覚えが。。。

実は
2008年3月13日
ザ・ブルドッグが
「テレビかついで」を演奏した現場にいたのでした。。。

が、、、

そこで聴いたような記憶でもありません。

ザ・ブルドッグのカセットテープを
2~3本持っているはずなので
もしかしたらそちらで聴いたのかもしれません。

と思って
取りやすい場所にあった
「ブルドッグ」と書かれた
カセットテープを出してみると、、、

ステッカーなんかも一緒にあったりしましたが、、、

ブルドッグのステッカー

ブルドッグのカセットテープ

ブルドッグのカセットテープの収録曲

どうやらブルドッグ違い。。。

このブルドッグではありません。。。

あとは、とーーーーーっても取り出しづらい場所に
カセット類が大量に保管してあるのですが
そちらに手を出すといろいろ大変なので
そっとしておくことに。

Yさまのまとめ

2014年11月15日以来
約2ヶ月ぶりの
相馬圭二さんのソロライブでした。

【その時の記事】
相馬圭二ソロライブ~落ち葉に乗せて~に行ってきましたあ~

前回と同じく
相馬さんの
温かい人柄が出ているライブでした。

相馬圭二2015新春ソロライブ

日程:2015年1月17日(土)
時間:18:00開場/19:30開演
場所:Buddy’s(バディーズ)千葉県船橋市本町1-8-28宮平ビル2階
料金:2000円(飲食代別)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする