相馬圭二ソロライブ~落ち葉に乗せて~に行ってきましたあ~

相馬圭二ソロライブ20141115サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

元ザ・コブラツイスターズのギタリスト
相馬圭二さんのソロライブに行ってきました。

いままでも何度か
ソロライブはやっていたらしいのですが
まったく気が付かず
今回が初鑑賞になります。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

「相馬圭二ソロライブ~落ち葉に乗せて~」概要

ますは軽~くライブ概要を。

  • タイトル:相馬圭二ソロライブ~落ち葉に乗せて~
  • 出演:相馬圭二
  • 日程:2014年11月15日(土)
  • 時間:開場19:00/開演19:30
  • 場所:日暮里プロモボックス!(JR日暮里駅より徒歩1分)
    〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2丁目25-1
    ステーションガーデンタワー 3F
  • 料金:大人(大学生以上) 2500円
    中学・高校生(学割) 1500円
    小人(小学生以下) 無料
    *別途ドリンク代500円

会場へ向かいます

まずは会場へ向かいます。

東急バスで渋谷駅まで行って
渋谷駅から山手線外回りに乗車して、、、

日暮里駅に到着。

相馬圭二ソロライブ20141115日暮里駅に到着

改札を出て東側へ歩くと、、、

相馬圭二ソロライブ20141115ステーションガーデンタワー

駅前に高いビルが。。。

これは「ステーションガーデンタワー」なる高層ビルで
高さ153.00m
地上40階、地下2階だそうで。

これでも東京都23区だけのランキングでも100位圏外らしいです。
(2年半前の2012年4月の時点でも101位だった模様)

「ステーション」と冠するだけあって駅直結。

ビルの外側にある
エスカレーターで3階へ上がり
ビルの中に入ると、、、

ありました。

相馬圭二ソロライブ20141115プロモボックス入口

今回の会場となるプロモボックス!です。

写真がピンボケですね。

来るまでは「プロモボックス」だと思っておりましたが
正しくは「プロモボックス!」のようです。

祝花が出ていますね。

相馬圭二ソロライブ20141115会場の祝花

「美樹克彦音楽教室」からのお花のようです。

後で調べてみたら君津駅前にある音楽教室ですね。

ホームページの「講師プロフィール」というところを見てみたら、、、

あらら、相馬圭二さんが載っていますね。。。

「プロモボックス!」に入場

それでは入場してみます。

受付でチケット代とドリンク代と合わせて3000円を上納してっと。

足を踏み入れてみると、、、

小さいながらもキレイで良い雰囲気です。

丸テーブルと椅子が並べられていて
どこでも座って良いようです。
いわゆる自由席。

Yさまが入場した時は
すでに半分くらい埋まってました。

良さめなところに陣取って着席します。

ステージを見ると、、、

相馬圭二ソロライブ20141115ステージとギター

エレキ1本
アコギ1本
足元にはエフェクター類
ギターアンプ(FENDERですかね???)
モニターは左右に1台ずつ

といったところでしょうか。

天井を見上げてみると、、、

相馬圭二ソロライブ20141115プロモボックスの天井

大小のライトがたくさんぶら下がっています。

なぜか小型扇風機もたくさん。

真ん中にはミラーボールもありますね。

写真右上にはPanasonicのプロジェクター。

視線を下に向けてテーブルを見ると、、、

相馬圭二ソロライブ20141115テーブルにはみかんとお菓子

各テーブルにはお皿が2つ。

1つはみかん。

もう1つは
柿ピー、ぼんち揚げ、いちごみるくなどなど。

そして写真の下の方にチラリと見えているのは、、、

相馬圭二ソロライブ20141115次回LIVEのチラシ

なんと次回LIVEのお知らせが。

※下の方に次回LIVE情報を載せてあります。

入場する時にこのチラシと
アンケート
あられ(?)
500円のドリンクチケットを
手渡されました。

わざわざ手渡しであられとは
何か特別なあられでしょうか?

アンケートはこんな感じ。

相馬圭二ソロライブ20141115アンケート

という具合に
入場してから
開演まで
あちこち眺めていました。

そして、いよいよ開演します。

LIVE本編レポート

開演時間をちょっと過ぎて
上手側から相馬圭二さん登場。

ステージに立ってまずは、、、

チューニング。

そして1曲目開始。

アコギでの弾き語りです。

予習ゼロで来てしまったので
曲名はわかりませんが
フォークっぽい雰囲気ながらワルツ調の穏やかな曲。

穏やかな曲でしたが
歌詞はお別れの曲のようでした。


後で調べてみたら
ライブタイトルと同じ
『落ち葉に乗せて』という曲が
ワルツ調とのことなので
これですかね。。。

1曲目が終わって
「ようこそー」と一言あってすぐに2曲目。

こちらは空というか天をテーマにした明るい曲。

そしてMC。

  • ソロライブは年に数回しかない貴重な機会
  • プロモボックス!はちょうど1年前にもライブをやった
  • プロモボックス!オーナーの優しい笑顔がお気に入り
  • 普段は曲の練習と同じくらいの割合でMCの練習もする
  • 今回は楽曲の練習だけでMCの練習まで辿り着けず

そして3曲目。

千葉の房総の山の中で雨に打たれている時にできた曲
『Rain Song』

雨の歌ですが最後は晴れてました。

4曲目は
ザ・コブラツイスターズのドラム加藤一郎さん作曲で
相馬圭二さんが作詞をした
『夜のゆりかご』

解散してからもう7年だそうで。

ここでMC。

「落ち葉に乗せて」というライブタイトルにしたので
秋っぽい曲を演奏しようと思ったら
あまり秋の曲がないのでカバー曲をやります、と。

さだまさしさん『秋桜』

娘を嫁にやるシーンということで
相馬さんも娘さんが高校生なので
「(そろそろ)やばいな」

山口百恵さんを思い浮かべましたが
相馬さん的にはさだまさしさんverを思い浮かべてのカバーだったようです。

そしてカバー2曲目。

五輪真弓さん『恋人よ』

遠い昔、フラれた彼女のことを思い浮かべて歌ったそうです。

次のカバー曲は
映画のドラえもんのテーマ曲。

音楽教室で7歳の女の子の生徒が
カラオケで歌ったのを聴いて感動したとか。

秦基博さん『ひまわりの約束』

歌い終わったところで
エレキギターに持ち替え。

エレキギターの名前は「きくち」。
アコギは「だいちゃん」だそうで。

20数年前
吉祥寺の三鷹楽器(←今はない)で一目ぼれして
3年ローンで買ったエレキギター。

その時の店員さんが「きくち」だったので
この名前にしたのだとか。。。

とりあえず「きくち」にしただけだったものの
20数年間「きくち」のまま。

バンド時代はエレキが長かったので
エレキを持つとホッとするそうです。

8曲目『ほしのこえ』
9曲目『わたしたちのひかり』

2曲続けて歌いました。

2曲ともオケ+エレキの組み合わせ。

『ほしのこえ』は
カッチョいいギターソロ入り。

歌詞には
星、雲、光、山、雨、陽射し、風などの言葉が入っていて
山里という自然の中で暮らしている
相馬さんらしい歌詞だと思いました。

『私たちのひかり』は
軽快なイントロからはじまり。

人類が紆余曲折の末に
自らの中に光を見つけるという内容の歌詞でした。

もちろんギターソロ入り。

エレキコーナー最後の曲。
10曲目『青い空の向こうへ』

お客さんにも参加してほしい場所があるので
目をそらしたりしないで、と前フリをして演奏開始。

お客さんの間からは
この日はじめて
自然と手拍子が巻き起こります。

曲の後半で
サビ部分を
「ラララ」で歌うように
お客さんに要求。

みなさん目をそらしたりせず
ちゃんと歌ってました。

曲が終わって
アコギに持ち替えます。

まだアルバムに入っていない曲で

11曲目『街灯並木』

  • 今住んでいる君津には街灯があまりない
  • 夜は真っ暗
  • たぬき、犬、猫、鹿が夜の道を横切る

などなどの話の後に

東京に住んでいた頃
街灯を数えながら帰ったことを
思い出して書いた曲だそうです。

そして次は
ザ・コブラツイスターズ時代の曲。

12曲目『歩き続ける人たちへ』

またまたお客さん手拍子。

そして最後の曲。

13曲目『雪が悲しみの上に』

曲の途中に次のLIVEの告知などなど。

告知の後には、、、ワルツ調の曲に続きます。

ん?

ワルツ調?

これは1曲目にやった曲と同じメロディですね。

アンコール

本編が終わって
1分もしないうちに
相馬さん再登場。

再登場時に
何かにぶつかるという
相馬さんらしいボケ付き。

何百回ライブをやっても慣れないという話とか。

アンコール1曲目『夢の旅人』

これもザ・コブラツイスターズ時代の曲ですね。

ライブで数えきれないほど聴いてきた曲ですが
相馬さんが歌うのは初めて聴きました。

ここでMC。

青森で生まれ育って
青森の雪と寒さが
イヤでイヤで逃げてきた
ようなきもするのですが
不思議なもので
歌詞などで「雪」とか出てきてしまう、と。

だんだん最近は青森が好きになってきた。。。と言った後で。。。

将来的には南の島へ移住を希望だとか。

  • 与論島へ行ったら海が青い
  • 青い海なんてポスターでしか見たことがなかった
  • 那覇に移住した川畑アキラさんに「いい物件探しといて」

などなど。

アンコール2曲目『雪解け』

雪が解けるのと
心が解けるのをかけあわせたような歌詞でした。

歌い終わって
「ありがとうございました」

そしてライブ終了。

Yさまの勝手に改善妄想

LIVE鑑賞記の後には
必ずこの「勝手に改善妄想」を書くつもりでしたが
初回がいきなりJIGGER’S SONさん
そして2回目が相馬圭二さん。

プロの世界で生き抜いてきた人に
改善を妄想するなど100年早いです。

が、そこをあえて書くと。

またYさま自身への改善に繋がってしまうのですが。。。

今回は会場で相馬圭二さんのアルバム『歌弾ーかだんー』を
買おうかと思っておりましたが
売っている様子が見当たらず。
(売っていたら、すみません)

まあ、小さい会場で
大きな告知をせずに
少人数のお客さんだけのライブなので
ほとんどの人は
すでにアルバムを入手しているのだとは思いますが。。。

通常の店舗では入手できないはずで
現在、入手できるのはアマゾンくらいのはずというレア盤なのです。

ということを知っていながら
フラリと会場へ行ってしまったYさまに改善が必要です。

次のライブまでにはGETして
アルバムを聴いてから行くようにします。

次回の相馬圭二さんのソロライブ

2015年新春
相馬圭二ソロライブ

  • 日程:2015年1月17日(土)
  • 時間:開場19時00分/開演19時30分
  • 会場:Buddy’s 千葉県船橋市本町1-8-28 2F

The Twisters(ザ・ツイスターズ)のライブも決定!

  • 2015年1月30日(金)沖縄@風華 開場19:30/開演20:00/2500円+ドリンク代
  • 2015年1月31日(土)沖縄@抱瓶久茂地店2F
  • 2015年2月1日(日)沖縄@時空

Yさまのまとめ

ほとんど告知をしていないようでしたが
小さい会場なだけあってほぼ満席でした。
空席は1席のみ。
(どなたか1人、急用で来られなくなったのかもしれませんが)

相馬さんのほんわかした人柄が
最初から最後まで会場を包み込んでいて
温かいライブでした。

ちなみに日暮里駅から渋谷駅までの戻りも
山手線外回りに乗車したので
まるまる1周して渋谷へ戻ったことになります。

分割したとはいえ
1日で1周するのは
もしかしたら人生初かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする