セブン-イレブン「大きなソーセージのホットドッグ」(税込198円)を賞味~

大きなソーセージのホットドッグサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

2014年から2015年にかけての冬季に
さんざん賞味した
セブン-イレブンの
「大きなソーセージのホットドッグ」。

そー言えばアップしていなかったなあ、、、
と思い出したので
5月中旬ではありますが
アップしてみます。

栄養成分や原材料などは
最後にまとめてアップしておきます。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

大きなソーセージのホットドッグ
外観チェック

まずは眺めてみます。

大きなソーセージのホットドッグ外観

この写真は
2014年12月9日朝7時台。

まだ「新発売」の
赤地に白抜きの丸いシールが
貼られています。

もうひとつの
赤地の丸の中には
「温めてお召し上がりください」
とあります。

ということで
当然、温めてあるので
袋の中が
水滴でシナシナになっています。

ちなみに温めないで
賞味したこともありますが
ダ、ン、ゼ、ン、温めた方が
良いと思いました。

大きなソーセージのホットドッグ
を開封

それでは開封してみます。

ぺりぺりぺり。。。

じゃじゃーん。

大きなソーセージのホットドッグを開封

大きなソーセージのホットドッグ開封2

大きなソーセージのホットドッグ開封3

パンの左右に飛び出す
長いソーセージ。

長いだけでなく
若干、太めなようにも感じます。

ソーセージの片側には
粒マスタード。

反対側には
トマトケチャップ。

パンは温めても
ふにゃふにゃにならない
しっかりとしたパンです。

大きなソーセージのホットドッグ
賞味するとこんなお味

いつもなら
実況風に
賞味していく様子を
書いたりしますが、、、

この冬に
何十本と賞味した
典型的なパターンを
書いてみます。

まずはじめは
大きく飛び出している
ソーセージから。

がぶり、、、とやると
プチンとした食感。

そして中から
ソーセージの
いろいろな旨味が
じゅわじゅわじゅわ~っと
湧き出てきます。

ここで一度
ホットドッグを
ちょこっと開いて
パン
ソーセージ
粒マスタード
トマトソース
の位置を調整します。

挟み直したところで
がぶり
がぶり
がぶり。。。

じゅわっと飛び出す
ソーセージの旨味に
トマトソースのウマさが絡んで行きます。

溢れるウマさを
粒マスタードが
キュッと締めている感じ。

そんなこんなを
全て包み込んで
逃さないのが
ふにゃふにゃにならない
「しっかりパン」。

温めてあるところも
冬の寒い中では
ありがたさを増してくれます。

あと2口というところで
ホットドッグを180度回転させて
反対側から
がぶり。

最後の1口をがぶり。

完食。

Yさまのまとめ

こうやって
思い出しながら書いていても
ホットドッグのウマさが
じわじわと脳内に湧いてきます。

今でも店頭に
フツーの「ホットドッグ」はありますが
「大きなソーセージのホットドッグ」は
格別な味わい。

次の冬になったら
復活しますかね~

セブン-イレブンさま
ぜひご検討下さいませ~

大きなソーセージのホットドッグ
DATA

¥184(税込¥198)

袋を少し切って
温めて
お召し上がりください

電子レンジ加熱の目安
500W 50秒
1500W 15秒

364kcal

名称 調理パン

原材料名
ポークソーセージ
パン
トマトケチャップ
マスタード
調味料(アミノ酸等)
乳化剤
pH調整剤
増粘剤(アルギン酸エステル、増粘多糖類)
発色剤(亜硝酸Na)
炭酸Ca
V.C
香辛料抽出物
(原材料の一部に卵・乳成分・大豆・りんごを含む)

保存方法 10度以下
製造者 株式会社武蔵野 埼玉工場

1包装当り
熱量364kcal
蛋白質13.1g
脂質22.9g
炭水化物26.4g
Na900mg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする