節分豆を年齢の数だけ摂取しましたあ~

節分豆サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

2015年2月3日(火)。

節分なので
恵方巻を丸かぶり。

【恵方巻丸かぶりの記事】
サミット「節分和風恵方巻」を丸かぶり~

そして節分としてはもうひとつ
「節分豆」を年齢の数だけ摂取することに。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

「節分豆」は前日に調達

毎年のことですが
節分当日になると
「節分豆」がかなり品薄に。

夜になると売り切れのお店が続出。

昨年(2014年)は
夜になってから
探しに出かけたので
あちこちハシゴして歩いて
GETするのに苦労しました。

ということで
本年(2015年)は
前日に調達。

サミットで税込101円でした。

「節分豆」外観をチェック

まずは眺めてみます。

節分豆外観

赤と金の色使いや
イラストが
いかにも「節分」な感じです。

いろいろ済ませてある節分豆

いろいろ済ませてあるようです。

ありがたや~

節分豆外装の説明

節分豆の説明です。

裏側も見てみましょう。

ひっくり返してっと。。。

節分豆裏面

いろいろ書いてあります。

節分豆裏面の豆まきの由来の説明

豆まきの由来とか。

「伝説」と言っても
9世紀後半の出来事(?)なのですね。

節分豆の原材料とか

原材料とか。

大豆100%です。

「節分豆」を開封して摂取

それでは開封してみます。

ペリペリペリ。。。

そして取り出して眺めてみます。

節分豆

ピントが合っていませんね。。。

キレイな煎り豆です。

年齢の分だけ取って、、、

Yさまは美少年なのでまだ少ない個数。

ぱくぱくぱく~

ポリポリポリ。。。

年齢の数は完食。

更に「煎り豆」を賞味

さて「節分豆」を年齢の分だけ摂取しました。

が、、、

まだまだ豆は残っています。

さて、どうするのかと言うと、、、

ここから先は
「節分豆」ではなく
「煎り豆」として賞味します。

わずか50gの煎り豆ですが
なかなか進みません。

というか
この「なかなか減らない」ところが
良かったりします。

ポリポリポリと
大豆の旨味を噛みしめて
賞味していきます。

少し時間をかけて最後の1粒まで完食。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

煎り豆は
たんぱく質や食物繊維が
いっぱい含まれています。

という栄養的なところも優秀ですが
けっこうウマいところが良いです。

いっぺんにたくさんは
摂取できませんが
節分の時だけでなく
普段から時々は摂取したいところです。

とは言いながら
節分の時期以外では
あまり出回っていなかったりしますよね。

大豆をGETして自作するという手もありますが、、、

電子レンジでも
そこそこ良い出来に仕上がるようなので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする