サッポロ一番 神奈川 三崎まぐろラーメン(税込200円)を賞味~

三崎まぐろラーメンサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

「サッポロ一番 神奈川 三崎まぐろラーメン」を発見したので
ファミリーマートのイートインで賞味してみました。

1階のレジでGETして
2階のイートインへ。

標準栄養成分や原材料などのDATAは
最後に書いておきます。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

「サッポロ一番 神奈川 三崎まぐろラーメン」
外観をチェック

三崎まぐろラーメン外観

まず目に入るのが
「三崎まぐろラーメン」のカッコイイ筆文字。

正式なロゴなのかどうかわかりませんが
「のぼり」で使われているものと同じようです。

そしてB-1グランプリのロゴと説明。

左の方に「三崎まぐろラーメンズ監修」。

ビニールを取り払って
1周してみましょう。

三崎まぐろラーメン正面

三崎まぐろラーメン左側

三崎まぐろラーメンうしろ側

三崎まぐろラーメン右側

三崎まぐろラーメン真上から

さらにアップで見てみます

もうちょっとよく見てみましょう。

三崎まぐろラーメンとは

こちらには
「三崎まぐろラーメン」の説明があります。

三浦市内にある三崎漁港は
日本有数のまぐろ水揚げ港です。

その三浦の人々に愛された
地元グルメの一つが
「まぐろラーメン」です。

しかし、時代の流れとともに、
その味は幻となってしまいました。

2007年、有志が集い、研究を重ね、
新たな「まぐろの食文化」とすべく、
幻の地元グルメ「まぐろラーメン」を復活させました。

三崎まぐろラーメンズは、
この愛される「まぐろラーメン」を通じて、
まちおこし活動を行っています。

三崎まぐろラーメン具材にまぐろナシ

まぐろだしに
オイスターが香る
とろみスープ!

※具材にまぐろは入っておりません。

三崎まぐろラーメンカップ下の方にもB1グランプリロゴ

カップの下の方にも
B-1グランプリのロゴがあります。

神奈川県三浦市三崎町の場所

こちらには三崎町の場所が示されています。

わかりやすい!

三浦ツナ之介

三浦市のご当地キャラクター
「三浦ツナ之介」です。

着ぐるみも存在していて
イベントで活躍していますね。

開封してお湯を注いでみます

それでは開封してみます。

ペリペリペリ。。。

三崎まぐろラーメンにお湯を注ぐ前

麺があまり見えないくらい
かやくがいっぱい載っていますね。

ねぎと何かの肉。

原材料を見ると
「味付鶏肉そぼろ」となっています。

チラホラと椎茸が見えます。

それではお湯を注いでみましょう。

三崎まぐろラーメンにお湯を注ぐ

ジョボジョボ。。。ボ、ボ、ボ、、、

あらら、ほとんどお湯がありません。

口の開いたカップを持って
1階のレジへ行くと
そこにもポットがあったので
無事にお湯を満タンにできました。

三崎まぐろラーメンにお湯注入完了

あとはフタを閉めて3分間待ちます。

三崎まぐろラーメンにのフタを閉じて3分待つ

お湯を注入して3分、完成しました

さて、3分経ちました。

フタを開けてみます。

ペラリ。。。

三崎まぐろラーメンにお湯を注いで3分経ったので開封

おお、見事に完成しています。

麺を持ち上げてみましょう。

三崎まぐろラーメンの麺を持ち上げる

柔らかく仕上がってます。

三崎まぐろラーメンの麺を持ち上げたアップ

白くて、ちょう縮れた麺です。

ウ、ウ、ウマそうです。。。

「サッポロ一番 神奈川 三崎まぐろラーメン」
を賞味

それでは賞味してみます。

まずは麺から。。。

ずるずるずる。。。

うん、見た目通り
柔らかく仕上がっています。

具材としては
まぐろは入っておりませんが
マグロエキスは入っているので
どことなくマグロの風味はします。

「とろみスープ」ということですが
それほど「とろみ」には感じません。

鶏肉とねぎが
良い感じです。

あっという間に
麺を完食。

残ったスープを飲んでいくと、、、

なんと、底の方に
スープの粉末が
溶けずにドロリとたまっています。

「とろみ」を感じなかったのは
このせいでしたか。。。

箸で溶かして
再びスープを賞味します。

溶かす前よりも
魚介系の味と香りが増しました。

で、やはり「とろみ」は感じず。。。

最後の一滴まで飲み干しました。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

賞味前半は
フツーにウマい
カップラーメンでした。

まさかスープ粉末が溶け残っているとは。。。

もっとよく混ぜ混ぜしておけば
違った味わいだったと思います。

鶏肉そぼろは
まぐろの代替でしょうか。

「シーチキン」ではなく「(陸上の)チキン」。

まぐろを入れるのは
難しかったのでしょうかね(←推測)

技術的に難しかったのか
費用的に難しかったのか
食材確保が難しかったのか
きいてみたいところです。

「サッポロ一番 神奈川 三崎まぐろラーメン」
DATA

名称/即席カップめん

原材料名/
油揚げめん
(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵、野菜エキス、しょうゆ)
スープ
(糖類、食塩、チキンエキス、オイスターエキス、マグロエキス、野菜粉末、しょうゆ、ポークエキス、さば節粉末、かつお節粉末、かつおエキス、酵母エキス、デキストリン、植物油脂、魚介調味油、香辛料)
かやく
(味付鶏肉そぼろ、椎茸、ねぎ)
調味料(アミノ酸等)
増粘剤(加工でん粉、キサンタン)
炭酸カルシウム
かんすい
カラメル色素
クチナシ色素
酸化防止剤(ビタミンE)
香料
酸味料
ビタミンB2
ビタミンB1
(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

内容量/91g(めん70g)

保存方法/高温多湿・香りの強い場所・直射日光を避け、常温で保存
販売者/サンヨー食品株式会社

1食(91g)当たり
エネルギー:401kcal
たん白質:9.6g
脂質:16.2g
炭水化物:54.3g
ナトリウム:2.5g[めん・かやく0.7g、スープ1.8g]
ビタミンB1:0.47mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値
調理直後に分別して分析

めん・かやく エネルギー341kcal 食塩相当量1.8g
スープ エネルギー60kcal 食塩相当帳4.6g
合計 エネルギー401kcal 食塩相当量6.4g

本製品に含まれるアレルギー物質
小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする