-両国- 江戸 NOREN 2016年11月下旬オープン

両国江戸NOREN2016年11月下旬オープンサムネイル

 


これよりも新しい記事があります。

最新の情報はコチラ!


Yさま(@ysb_freeman)です。

-両国- 江戸 NOREN が
2016年11月下旬
JR両国駅西口に
オープンする予定ですね。

粋な江戸の食文化を堪能できる
複合飲食施設。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

-両国- 江戸 NOREN

施設名称:-両国- 江戸 NOREN

施設特性:「江戸の食文化」をテーマとした飲食施設

所在地:東京都墨田区横網1丁目3番地20(JR両国駅西口直結)

開発規模:約2,900平方メートル 2階建

開業時期:2016年11月下旬

粋な江戸の食文化を楽める
テナント12店舗

江戸で発達した料理や
その流れをくむ
東京の料理たちを提供する
和食店舗が12店舗出店します。

店舗名などは
まだ発表されていませんが
「江戸の三味」と言われる
こんなウマいものたちを
予定しているとのこと。

江戸前鮨

両国江戸NOREN江戸前寿司イメージ

江戸握り鮨発祥と
言われている
花屋与兵衛
(華屋与兵衛)さんの
「与兵衛鮨」は両国にありました。

(堺屋松五郎さんの「砂子鮨(いさごずし)」「松之鮨(まつのずし)」が発祥という説もありますね~)

大阪風の「押し鮨」ではなく
手早く作る方法として
ワサビを使った
握り鮨の考案に至ったとか。

めちゃめちゃ繁盛していたとのこと。

絵を見ると、、、

あなご甘煮
のり巻
こはだ
あかがひ
車えび
しらを

などなどが
描かれていますね~

ちなみに
「与兵衛鮨」は
昭和5年に廃業しているので
ゼンショーグループの
和食ファミレス
「華屋与兵衛」とは
全く関係がありませんね~

天麩羅

両国江戸NOREN天婦羅イメージ画像

素材に衣をつけて
油で揚げる料理自体は
江戸時代以前からあったものの
高価な「ごま油」に変わって
安価な「なたね油」が普及すると
いっきに江戸庶民に広まったとか。

その頃の
天麩羅は
屋台で
江戸前の
新鮮な魚介類や
野菜などを
素材として
串にさして揚げて
ササッと賞味するのが
一般的だったそうで。

蕎麦

両国江戸NOREN蕎麦イメージ画像

蕎麦粉を原料に
麺にする
「蕎麦切り」は
江戸時代前からあったり
発祥が江戸ではなかったりしますが
急速に普及したのは
江戸時代の江戸が中心だったとか。

江戸前の蕎麦は
「挽きたて」
「打ちたて」
「茹でたて」
の三たてが良いとされてますね~

江戸っ子は
蕎麦をつゆにちょこっとだけつけて
「手繰る」のが粋だったそうで。

建物は両国駅の旧駅舎

両国江戸NOREN外観イメージ640

「-両国- 江戸 NOREN」の建物は
1929年に建造された
両国駅の旧駅舎。

初代駅舎は
大正12年の
関東揺れ揺れで
焼けてしまったので
2代目の駅舎ですね~

その頃は
隅田川を渡る橋を
建設するのが
いろいろ大変だったようで
両国駅(当時は「両国橋駅」)が
房総方面へ向かう電車の
始発駅だったそうで。

房総方面からすれば
東京への玄関口。

その旧駅舎の外装を
リニューアルして
新たな施設として
復活します。

江戸の町屋をイメージした館内

両国江戸NOREN内観イメージパース

江戸の粋なウマいものを
堪能できる施設ということで
館内のイメージは
「江戸の町屋」。

イメージ画像を見ると
中央が吹き抜けで
左右に2階建ての
飲食店といった感じになってますね~

休憩用のイスも
江戸の茶屋っぽいです。

両国国技館至近
ということもあって
中央には
日本相撲協会監修の
土俵が設置されます。

江戸の伝統や文化を楽しめる
イベントなどなども
予定しているとのこと。

訪日外国人客
(インバウンド)たちも
喜びそうな施設に
なりそうですね~

Yさまのまとめ

江戸のウマいものを
堪能できる
複合飲食施設ですね~

江戸三味の

江戸前鮨
天麩羅
蕎麦

などが挙げられていましたが
全12店ということなので
どんなウマいものたちが
出てくるのか
楽しみですね~

鰻なんかは
入ってきたり
するのでしょうか。

新たな情報を
入手したら
またアップしておきます~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする