赤い冷製モンゴリアンヌードル。つけめんTETSUグループ22店舗で夏限定のラーメン~

赤い冷製モンゴリアンヌードルサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

つけめんTETSUグループのうち22店舗で
2ヶ月だけの夏限定ラーメン
「赤い冷製モンゴリアンヌードル」が
2015年7月1日(水)から販売開始されますね。

8月31日(月)まで。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

赤い冷製モンゴリアンヌードル

赤い冷製モンゴリアンヌードル

TETSUグループ全27店の店長さんたちによる
ラーメン選手権で優勝したラーメンということです。

「冷製」ということですが
「冷やし中華」ということではなく
冷やし中華よりも太い麺です。

小さく角切りされたトマト
肉味噌
ねぎ

などが見えます。

頂上に載っているのは
おろししょうがでしょうか?

器の左側にラー油のようなものが浮いていますね。

説明によると、、、

トマトの酸味
唐辛子の辛味
肉味噌の甘味

がマッチしているとのこと。

賞味できるお店

賞味できるお店は
TETSUグループ全27店のうちの22店。

つけめんTETSU 16店
つけめん102 2店
江戸前中華そば きみはん 2店
鶏と魚だしのつけめん哲 1店
キンシャリ屋 1店

といったところでしょうか。

残りの5店では
別の夏限定ラーメン

残りの5店は
販売しないとのことですが
「赤い冷製モンゴリアンヌードル」とは別に
夏限定ラーメンを用意しているということです。

博多豚骨 たかくら・・・金の冷やしそば

担担麺 手しごと ごま金・・・冷やし担担麺

などなど。

赤い冷製モンゴリアンヌードル
という名称を考えてみる

ところで
「赤い冷製モンゴリアンヌードル」
変わった名前ですね。

「赤い」を先頭に持って来たのは
やっぱり
「赤い冷製」と
「赤い彗星」と、、、似ているから?でしょうか!?

それと
「モンゴリアンヌードル」。

こちらは、、、

「モンゴリアンヌードル」ってなんでしょう?

Yさまが知っている
「モンゴリアンヌードル」は
「麺と具材の鉄板焼き」みたいな品。

スタイルとしては
容器に麺と具材(肉とか野菜とか)を入れて
コックさんに渡して
鉄板で焼いてもらうという感じ。

と言っても
日本では見たことはなく
アメリカやメキシコの方面から
入ってくる情報だったりしますが。。。

韓国の釜山空港にも
「モンゴリアンヌードル」なる
焼うどんのような品があるとか。。。

ちなみに
日本にあるモンゴル料理店で見る
似たような麺と言えば
「ツォイウォン」とか
「ツォイワン」とか
呼ばれている
蒸し麺の焼きそば?
というか
焼きうどん?
のようなもの。

なので
釜山空港の
「モンゴリアンヌードル」は
コレなのでしょうかね。

モンゴルに
「モンゴリアンヌードル」はあるのか?

となると気になるのが
モンゴルには
「モンゴリアンヌードル」は
あるのか?ということですが。。。

モンゴルへは
行ったことがないので
いろいろ調べてみましたが
よくわからず。。。

検索してみると
ウランバートル国際マラソンのツアーばかりが
ひっかかって来て
その中に
「モンゴリアン・ヌードルパーティー」
なるものがあるのですが
どんな様子なのかは
さっぱりわからずでした。

そー言えば
前の会社にモンゴル出身の人がいたなあ、とか
モンゴルに3~4ヶ月出張していた人がいたなあ、とか
いろいろ知り合いを思い出しましたが
連絡先を思い出せず。。。

まあ、こんなことで
何年かぶりに連絡するのもどうかと思いますが。。。

あらら、なんか夏限定ラーメンから
どんどん違う話になっているような。。。

Yさまのまとめ

なぜに
「モンゴリアンヌードル」なのかは
わかりませんが
写真を見る限りでは
とってもウマそうです。

近々、賞味してみましょうかね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする