餃子の王将が酢豚を値下げ!11月1日~30日

餃子の王将酢豚フェアサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

餃子の王将が
酢豚の食材をすべて国産に切り替えるのを機に
「酢豚フェア」として
2015年11月1日(日)から30日(月)まで
酢豚を値下げすることを発表しましたね。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

酢豚フェア
概要

餃子の王将酢豚フェアポスター20151027

東日本版のポスター

11月1日(日)~30日(月)の1か月間
餃子の王将各店にて
酢豚1人前を特別価格で販売

東日本:通常520円(税抜) → 特別価格480円(税抜)
西日本:通常500円(税抜) → 特別価格470円(税抜)

税込価格で見ると、、、

東日本:税込518円
西日本:税込507円

となります。

東日本と西日本では
価格が違うのですね。

エリアの境目については後述します。

酢豚の食材

変更前

豚肉
パプリカ
玉ねぎ
ピーマン

この中で
おそらく「パプリカ」が
外国産な模様です。

変更後

豚肉
ジャガイモ
ニンジン
玉ねぎ
ピーマン

全て国産です。

パプリカ(←おそらく外国産)を
国産のニンジンに切り替え。

新たにジャガイモ(国産)が
加わっています。

国産化してもお値段は変わらずです。

フェア中は値下げになりますが。

国産化を進める餃子の王将

餃子の王将と言えば
いろいろな食材を
徐々に国産化へシフトしていますね。

最近で言えば
この記事を書いている約1年前の
2014年10月8日から
餃子と麺を全て国産化しています。

食材的に言えば、、、

餃子の原材料は、、、

豚肉
小麦粉
キャベツ
ニラ
にんにく
生姜

小麦粉は北海道産。

にんにくは青森県産とのこと。

麺の原材料は、、、

小麦粉

などなど。

2014年10月の時点では
揚げそば(皿うどん)の麺は
まだ外国産の小麦粉を
継続して使用するとのことでしたが
今でもまだ続いているのでしょうかね~

餃子の王将の
東日本と西日本はどこが境目?

さて、東日本と西日本では
酢豚に限らず
いろいろ価格が違っていたりするのですが
どこが境目なのでしょう???

例えば、、、

気象庁なら
東日本は関東甲信、北陸、東海地方。
西日本は近畿、中国、四国、九州北部地方、九州南部。

NTTなら
東西の境目の
東日本側は新潟、長野、山梨、神奈川。
西日本側は富山、岐阜、愛知、静岡。

それでは餃子の王将は???

どうやら
北海道、東北、関東が東日本な模様。

東海より西は西日本。

餃子の王将としては
新潟、富山、石川、福井の4県を
同じエリアとみなしている模様ですが
こちらが東日本なのか西日本なのか
Yさまにはわからず。。。
(おそらく西日本扱いな予感)

餃子の王将にある3つの営業部の
管轄エリアで見てみると
おそらく
第1、第2が西日本
第3が東日本
ということになるのでしょうか???
(↑推測)

第1営業部:東海、和歌山、阪奈、京都南、関西
第2営業部:九州、京都北、北陸、関西
第3営業部:北海道、関東

はっきりしたことがわかったら
また記事にしてみるかもです~
(しないかもしれませんがあ。。。)

Yさまのまとめ

食材の国産化と言えば
長崎ちゃんぽんの
リンガーハットなんかが
思い浮かびます。

野菜を全て国産化して
さらに増量までして
値段までアップして、、、

不況の2009年にスタートでも
客数も
売上も
客単価も
全てアップしたという
成功例を思い出します。

餃子の王将の場合は、、、

上と同じ2009年度では
増収増益でしたが、、、

餃子と麺を国産化した後の
最新の2014年度では、、、

いろいろな要因が
絡み合っていると思いますが
この1年は減収減益。

Yさまとしては
国産とか
外国産とかは
さておき
安心安全な食材で
ウマいものを提供してくれることが
一番ありがたいかもです~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする