那覇オーパ(仮称)テナント約50店舗で2018年秋 旭橋にオープン予定

那覇オーパ仮称2018年秋オープン予定サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

(仮称)那覇オーパが
2018年秋に
旭橋に新規出店(再出店)しますね。

「カフーナ旭橋A街区」の
商業施設ゾーン(地上2~3階)。

テナントは約50店舗を予定。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

カフーナ旭橋A街区
物件概要

那覇オーパ仮称外観イメージ20171221

建物名称:カフーナ旭橋A街区

所在地:沖縄県那覇市泉崎一丁目20番6

敷地面積:約12,800平方メートル

延床面積:約65,100平方メートル

建物構造:地上11階 地下1階

カフーナ旭橋A街区
フロア構成

※フロア構成は変更になる可能性はあります

地下1階:バス駐車場

1階:バスターミナル、コンビニ、観光案内待合所

2~3階:店舗区画(商業施設)、観光支援窓口

4~6階:沖縄県立図書館、就労支援施設グッジョブセンター

7~11階:オフィス(企業事務所)

(仮称)那覇オーパ
概要

オーパロゴ20171221

総賃貸面積:約5,200平方メートル(地上2~3階)

開店予定日:2018年秋(予定)

ショップ数:約50ショップ(予定)

駐車場台数(計画時):140台

駐輪場台数(計画時):36台

カフーナ旭橋A街区
場所と交通アクセス

最寄駅
沖縄都市モノレール線
(ゆいレール)
旭橋駅から
ペデストリアンデッキで
久茂地川を渡るとすぐ。

イメージ画像を見ると
「カフーナ旭橋A街区」まで
ペデストリアンデッキが
延伸しているように
見えますね~

モノレール旭橋駅周辺地区第一種市街地再開発事業(北工区)
という名称で
再開発されている街区。

わかりやすく言えば
旧「那覇バスターミナル」跡地。

新たなバスターミナルを含む
県立図書館やら
オフィスやらが
入居する複合施設。

その地上2~3階の
商業施設ゾーンに
オーパが入居します。

(仮称)那覇オーパ
テナント

この記事を書いている
2017年12月21日時点では
入居するテナントについては
具体的な名称は
発見できておりませんが、、、

ヒントのようなものは
示されています。


新・都市型ファッションビル


従来のファッションビルには無い
新たな発見と驚きを提供


沖縄独自の食・カルチャーと、
世界発信の最新トレンドを融合し、
地域の魅力を活かした
新たな沖縄ライフスタイルを提案


“飾・食・磨・楽・輝”をテーマに
約50の最新トレンドショップを集積

むむう、、、

なんとも抽象的な。。。

オーパらしい
テナントを
集めつつも
各テナントごとに
那覇オリジナルとか
那覇限定とかの
アイテムを
創出していくとか、、、
でしょうかね~
(↑想像)

Yさまのまとめ

前記事

那覇オーパ 復活 2018年5月30日オープンを計画

でも書きましたが、、、

前身の
「那覇オーパ(OPA)」が
営業終了したのが
2013年7月21日(日)。

予定通りに
オープンすれば
約5年ぶりに
那覇オーパ復活ですね~

余談ながら、、、

この記事は
東京都世田谷区で
書いておりますが、、、

この日の夕方には
ゆいレールで
旭橋駅を通過する予定です。。。

車窓から
眺めてみましょうかね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする