松屋「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」を賞味~

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めし賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

松屋が
「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」を
2015年10月22日(木)15時から
販売開始するということで、、、

【参照】

さっそく初日に賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

松屋に来ました

2015年10月22日(木)。

この日の15時から
松屋が
「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」を
販売開始するということで
お店に来ました。

松屋に来ました20151022

時間は14時56分。

販売開始の4分前です。

松屋店外のプレミアムピリ辛きんぴら牛めしのぼり

すでにお店の前には
「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」の
のぼりが立っています。

プレミアムピリ辛きんぴら牛めし
大盛を注文できず

15時になったので
入店します。

15時ちょうどの
食券をGETしようかと
思いましたが
前に2人並んでいます。

先頭のオニーサンが
なにやら手こずっている様子。

ついには店員さんを呼んで、、、

どうやら解決。

2番目のオニーサンは
すんなりと食券をGET。

そしてYさまの番です。

券売機をピコピコとタッチして、、、

松屋券売機にプレミアムピリ辛きんぴら牛めし見当たらず

あらら?

15時を過ぎていますが
15時で終了したはずの
「プレミアム牛めし50円引き」になっています。

そして
いくら探しても
「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」
は見当たらず。

Yさまも店員さんに声をかけることに。

Y「きんぴら牛めしがありませーん」

店「まだセッティングができていませーん」

店「お作りいたしますので座ってお待ち下さい」

店「お金はあとで良いです」

ということだったので
カウンターの空いている席に座ります。

店内を眺めてみると、、、

松屋店内を眺める20151022

おお、
「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」
のポスターがありますね。

松屋店内にプレミアムピリ辛きんぴら牛めしポスターを発見

松屋店内のプレミアムピリ辛きんぴら牛めしポスター

プレミアムピリ辛きんぴら牛めし
並盛が出てきました

なんてことをやっていると、、、

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めし

あらら?

まだ何も注文していないのに
「プレミアムピリ辛きんぴら牛めし」
が出てきました。

大盛を注文したかったYさまですが
これはどー見ても
フツー盛りというか
並盛です。

Y「あれッ?出てきちゃった!?」

店「・・・」

Y「これフツーもりですよね?」

店「へい」

Y「大盛を注文したかったのにー」

店「・・・」

Y「・・・」

店「・・・」

むむう。

ここでダンマリ作戦とは、、、

だびたび来るお店なので
騒ぎをおこすのは得策ではありません。

Yさまが妥協するしかなさそうです。

Y「出てきちゃったのでいただきます」

ということで
フツー盛りで賞味することにしました。

プレミアムピリ辛きんぴら牛めし
を観察

まずはよーく観察してみます。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしの牛めし

プレミアムピリ辛牛めしの本体。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしのみそ汁

みそ汁。

いつもの通り
具は
わかめ
油揚げ。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしの黒胡麻焙煎七味

黒胡麻焙煎七味。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしのピリ辛きんぴら

牛めしの上に載る
ピリ辛きんぴら。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしのきざみのり

ピリ辛きんぴらの上には
きざみのり。

ピリ辛きんぴらを
持ち上げてみます。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしのピリ辛きんぴらを持ち上げ

こんにゃく
にんじん
たけのこ
ごぼう
白ごま
鷹の爪

といった構成。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしの牛肉を持ち上げ

プレミアムな牛肉。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしの玉ねぎを持ち上げ

玉ねぎ。

プレミアムピリ辛きんぴら牛めし
を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

ピリ辛きんぴらを、、、

ぺろり。

冷蔵されていたような
ひんやりした感じ。

そしてその名の通り
ピリ辛いです。

シャキッとした歯ごたえ。

ごま油が効いているところに
さらに白ごま。

きんぴらの良さがいっぱい出ています。

続いて、、、

プレミアム牛肉と
ピリ辛きんぴらと
ごはんを一緒に、、、

がぶり。

ちょい甘口な
プレミアム牛肉に
ピリ辛いきんぴらが
良く合います。

これならば
黒胡麻焙煎七味は
なくても良い感じですが
せっかくなので
ふりふりかけてみます。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしの黒胡麻焙煎七味をふりかけ

黒胡麻焙煎七味が
かかったあたりを、、、

がぶり。

ちょい甘口なプレミアム牛肉
ピリ辛いきんぴら
きんぴらのごま油をさらに引き締める
黒胡麻焙煎七味。

これは良い組み合わせです。

かけすぎると
ピリピリし過ぎてしまいそうなので
ほどほどの量を
ぱさぱさとかけながら賞味していきます。

がばがばと賞味しているところへ
店員さんがやってきて、、、

Y「がばがばがばがば~~~」

店「530円デース」

Y「んがっんんっ」

「今ッ!?」と思いながらも
本来は先払いなので
膨満した口のまま支払い。

続きをがばがば賞味して、、、完食。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

プレミアムピリ辛きんぴら牛めし
の伝票

本来は食券の半券ですが
現金払いだったので
伝票を眺めてみます。

松屋プレミアムピリ辛きんぴら牛めしの伝票

2015年10月22日(木)15:16

プレミアムきんぴら牛めし並 ¥530

小計 ¥530
(内消費税 8% ¥39)
買上点数 1点

合計 ¥530
お預り ¥530
お釣り ¥0

千円札で支払って
470円のお釣りをもらったのですが
まあ、こんなもんでしょうかね~

Yさまのまとめ

温かいプレミアムで甘口な牛肉と
ひんやりしたピリ辛なきんぴらは
良い組み合わせでした。

きんぴらの方に
適度な水分があって
いつものプレミアム牛めしよりも
だんぜん賞味しやすい感じ。

そのままでも
充分に良い組み合わせですが
適度に黒胡麻焙煎七味をふりかけると
さらに引き締まる感じがします。

次は「大盛」で賞味したいかもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする