丸亀製麺「牛とろ玉うどん」(大)2018年verを賞味~

丸亀製麺牛とろ玉うどん大2018賞味サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

丸亀製麺が
「牛とろ玉うどん」の
2018年verを
2018年4月17日(火)から
2018年5月下旬まで
期間限定で
販売するということで、、、

さっそく初日の午前中に
(大)で賞味してきました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

丸亀製麺に来ました

2018年4月17日(火)。

この日から
2018年5月下旬まで
期間限定で
丸亀製麺が
「牛とろ玉うどん」
2018年verを
販売開始するということで
お店へ向かいます。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_003

到着。

時間は午前10時19分。

まだ開店準備中な様子。

しばらく近所を
ウロウロしながら
時を待ちます。

午前10時37分。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_005

どうやらオープンした様子。

店前の看板たちの中には、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_006

「牛とろ玉うどん」の
立て看板もあります。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_007

動画を再生できる
立て看板も
「牛とろ玉うどん」に
なっています。

電源はこれからでしょうかね~

いつもなら
「のぼり」が
出現しそうなところですが
そんな気配はなさそうな雰囲気。

(↑お店を離脱する時も出現していませんでした)

牛とろ玉うどん
(大)を注文

さっそく入店してみます。

注文口の上方のメニューたちを
眺めてみると、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_008

イチ押しの場所に
「牛とろ玉うどん」
「牛とろろうどん」。

注文口の
目線の高さの
メニューたちは、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_009

こちらも
イチ押しの場所に
「牛とろ玉うどん」
「牛とろろうどん」。

店「ご注文どうぞー」

Y「牛とろ玉うどん。(大)で」

店「あったいのと、つめたいのとありますがー」

Y「あったかい方で」

店「へい」

1人がうどんを
ササッとお湯に通す横で
もう1人が
IHクッキングヒーターらしき上に
載っている鍋へ
牛肉を投入。

丼には、、、

うどん
温玉
とろろ
出汁
牛肉

の順番で投入されていきます。

完成したので
そのままレジへ。

楽天Edyで支払い。

シャリ~ン

牛とろ玉うどん
(大)を観察

小さいテーブル席に座ります。

テーブルの上には、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_010

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_011

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_012

「牛とろ玉うどん」の
三角柱のPOP。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_013

レシート。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_015

2018/04/17(火)10:42

1名

Eat-IN

牛とろ玉(大)▲ ¥790

合計 1点 ¥790

(消費税等 8% ¥58)

Edy

1 ( ¥790

時間は
「10:42」ですね~

「牛とろ玉(大)」の
後ろにくっついている
「▲」が気になります~

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_016

CARDNETの
Edy取扱票。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_017

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_018

うどん札。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_020

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_019

牛とろ玉うどん(大)の本体。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_021

牛肉。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_023

とろろ。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_026

温泉玉子。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_028

うどんとか出汁とか。

牛肉を持ち上げてみます。

びよーーーん

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_032

薄くスライスされて
ボロボロとした感じの
長ーーーい牛肉。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_035

丸亀製麺の
いつものうどん。

出汁の色が
しみていますね~

箸でちょこっと
うどんをよけて、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_038

出汁。

牛肉に
まとっていた
割り下が
溶け込んでいるのか
脂が浮いて
テカテカしています。

牛とろ玉うどん
(大)を賞味

それでは賞味していきます。

くわっちーさびら(いただきます)。

まずは、、、

汁をちょこっと、、、

ずず。。。

いつもの
出汁な感じもありますが
甘辛いというか
甘甘甘辛というか。

牛肉を加熱した時に
使用した割り下が
「甘甘甘辛」なのでしょうかね~

続いて、、、

牛肉をちょこっと、、、

はむッツ

やはり甘甘甘辛。

とろろは
よくあるお味。

うどんを1本、、、

ちゅるるん~

出汁+割り下の
お味をまとって
かなーり甘口。

ここで温泉玉子を
展開してみることにします。

せっかくなので
中央へ移動してみます。

箸を近づけて、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_040

そーっと、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_041

全体を持ち上げたつもりが
白身の部分だけ
ペロンとはがれて
黄身の姿があらわに。

再び箸を近づけて
慎重に、慎重に、触れ、、、、

あ。。。

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_043

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_042

黄身がでろでろーんと
流出してしまいました。

せっかくなので
黄身と絡みまくった
うどんを持ち上げて、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_044

そのまま、、、ずるずる~

甘口の汁と
玉子の黄身は
めっちゃ相性良いですね~

さらに、せっかくなので、、、

牛肉
とろろ
温玉
うどん
をいっぺんに持ち上げて、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_049

ずるずるずる~~~

甘口の汁と
ねばッとした
とろろが広がり、、、

後から
さらに甘口な
牛肉からの汁。

どんどん甘さが増してくる感じ。

ここからは
がばがばと
賞味していくと、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_053

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_052

牛肉やら
うどんやらを完食。

汁には
温玉やら
とろろやらが
溶け込んでいます。

その汁も
一滴残らず堪能すると、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_055

完食完飲。

冷たい水で一服して、、、

marugameseimen_gyu_torotama_udon_20180417_056

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

Yさまのまとめ

前年(2017年)に
賞味したので
2018年verは
記事にしなくても
良いかなーと
思ったら、、、

【参照】

あらら?

賞味した記事が
見当たらず。。。

ということで
2018年verを
記事にしてみましたあ~

全体的に甘口な仕上がり。

丸亀製麺いわく
「甘辛」とのことですが
Yさま的な感想は
上にも書いた通り
「甘甘甘辛」な味わい。

「牛すき釜玉」の
バリエーションの1つと
言えなくもないような。

うどんを(大)にしたので
肉増しなんかも
できると良いかもですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする