マークイズ福岡ホークスタウンモール跡地に2018年度下期開業予定

マークイズ福岡HTM2018年度下期開業予定サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

福岡県福岡市中央区の
ホークスタウンモール跡地に
商業施設「MARK IS(マークイズ)」と
分譲タワーマンション2棟が
複合開発されますね。

マークイズは
2018年度下期開業予定。

分譲タワマンは
1期棟が2019年度下期
2期棟が2020年度下期に
竣工予定です。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ホークスタウンモール跡地
複合再開発計画地

マークイズ福岡HTM計画地地図640

マークイズ福岡HTM計画地拡大図切り抜き

所在:福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番1

敷地面積:約54,400平方メートル

施設:商業施設、共同住宅

商業施設棟
(MARK IS(マークイズ)予定)概要

マークイズ福岡HTM外観イメージ640

敷地面積:約42,300平方メートル

構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造

規模:地上4階 塔屋1階(本体棟)、地上8階(アネックス棟)

延床面積:約125,000平方メートル

賃貸面積:約48,000平方メートル

店舗数:約150~200店舗

駐車場台数:約1,300台

用途:物販店舗、飲食店舗、サービス店舗等

スケジュール:2017年度上期着工、2018年度下期開業

設計監理:株式会社三菱地所設計

施工者:未定

共同住宅棟

敷地面積:約12,100平方メートル

構造:鉄筋コンクリート造

規模:地上28階 地下1階 塔屋2階

延床面積:約72,300平方メートル(2棟合計)

スケジュール:
1期棟 2017年度下期着工 2019年度下期竣工
2期棟 2018年度下期着工 2020年度下期竣工

設計監理:株式会社三菱地所設計

施工者:未定

Yさまの所感

2016年3月31日(木)で
営業終了した
ホークスタウンモール。

Zepp Fukuoka(Zepp福岡)が
2016年5月9日(月)を最後に休館。
(元々は5月8日予定だったのを急遽延長)

2016年3月31日(木)の時点では
ホークスタウンモール跡地は
延床面積約130,000平方メートルの
大規模商業施設を予定していた模様。

2016年10月28日(月)の発表では
商業施設2棟
分譲タワーマンション2棟
となりましたね~

当初から
ちょこっと縮小したとはいえ

延床面積:約125,000平方メートル

賃貸面積:約48,000平方メートル

という巨大商業施設。

イオンモール並のデカさですね~

約150~200店舗が
入居するという
テナントたちは
いろいろブッキング中なのだと思われますが
すでに、、、

ユナイテッド・シネマ福岡
Zepp Fukuoka(Zepp福岡)

は再出店について
基本的な合意に至っているとのこと。

この2店の再出店については
映画界からも
音楽界からも
歓迎する声が多いですね~

開業時期は
商業施設が先行して
後からタワマン。

三菱地所としては
お客が購入するにあたって
「周辺環境を確認した上で」
ということのようですが、、、

なんとなーくな推測としては
「先に大規模商業施設が開業している方が高く売れそう」
という皮算用なのではないかと
思ってみたり、みなかったり。。。
(↑個人の感想なので根拠はありません)

Yさまのまとめ

当初の計画では
ツインドームの
1つとなる予定だった場所に
ドームのかわりに
つくられた
ホークスタウンモール。

運営主体が
いろいろ変遷した後に
ついに解体されて
あらたな施設となっていくのですね~

最寄駅
福岡市地下鉄空港線
唐人町駅から
距離約600メートル
徒歩8~9分くらいと
ちょこっと距離があるのが
どうかなーと思ったりしますが
「バス乗り場等の整備による公共交通機関の利便性向上」を
うたっていたりするので
いろいろ改善されるのでしょかね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする