LAWSON「新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ」(税込149円)を賞味

焼さけハラミメイン
Yさま(@ysb_freeman)です。

最近、セブン-イレブンが続いていたので
ちょこっと遠征してLAWSONへ行ってきました。

ここ何年かLAWSONのおにぎりは
どんどんウマくなっている気がします。

その中からすっかり看板メニューになってきた
「新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ」をGET~

賞味してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

まずは外観チェック!

焼さけハラミ外観

他のおにぎりとは一線を画す
和風のパッケージが
いかにも「このおにぎりはウマイよ」と
言いたげな感じを受けます。

和紙と薄いビニールを
合わせたような素材でしょうか(←想像)。

「おにぎり屋」のロゴが良いですね。

鮭の切り身の写真が
このおにぎりはどんな味がするのか
あれこれ思いをめぐらす材料となりますね。

それでは、さっそく開封してみましょう。

ビリビリリ。。。

おにぎり出現!

焼さけハラミ開封

和風パッケージを取り払って
おにぎりが出現しました。

少々、小ぶりな印象です。

台形型ですね。

おにぎりの側面に
キレイに海苔が巻かれています。

型崩れしにくそうで
しかも食べ易そうな感じです。

頂上から顔を出すごはんが
白くてキレイですね。

それでは中味を見てみましょう。

真ん中から割いてみてっと。。。

中味は鮭の切り身がどどーん!

焼さけハラミ中味

具が出現しましたあ~

おにぎりをタテに貫くように
大きい鮭の切り身が
どどーんと挿入されています。

おにぎりを上からかぶりついていけば
最初から最後まで
鮭を楽しめる構造ですね。

よくできています。

それでは、お味はどうでしょう。。。

ごはんがウマい!後から鮭の旨みが!

いよいよ賞味してみます。

上から食べてほしいと言わんばかりの形なので
素直に真上からがぶり~

ご、ご、ご、ごはんがウマイ!

具も大事ですが
おにぎりを構成する最大要素はごはん。

これがウマくなければ
何を具にしても台無しです。

そしてこのおにぎりは
最大体積を誇るこの部分がウマい。

もうそれだけでほとんど勝利と言っても良いくらい。

パッケージに自慢げに
「新潟コシヒカリ」
と謳いたくなる気持ちが
よーくわかります。

そこに海苔の風味が
ぷわ~んと効いてきて
最後に鮭の旨みがドカンとやってきます。

これはもう大勝利。

LAWSON自身も「看板メニュー」と評するだけあって
これは日本人(いや世界中の人にとっても)にはたまらないウマさです。

Yさまのまとめ

ごはんも
鮭も
海苔も
ぜーんぶウマいおにぎりでした。

下の「DATA」にも書きましたが
塩にもこだわりがあるのですね。

しかし、この小ぶりさ。

ちょっと物足りないです。

なのでみなさん
そーゆー時は
2個、3個とGETしましょう~

「新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ」DATA

おにぎり屋(R)

新潟コシヒカリ
瀬戸内産焼海苔
瀬戸備前にがり塩

本体価格138円
税込149円
名称:おにぎり

原材料名:
塩飯
焼さけ
海苔

調味料(アミノ酸等)
pH調整剤
グリシン
炭酸Mg

製造者:日本クッカリー株式会社厚木工場

1包装あたり
熱量209kcal
蛋白質6.0g
脂質1.8g
炭水化物42.3g
ナトリウム610mg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする