kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)「ロティサリーチキンランチ」を賞味~【世田谷区世田谷・上町駅】

kitchen_a_la_yanのロティサリーチキンランチサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

2015年1月15日
世田谷ボロ市に合わせて
世田谷上町にオープンした
「kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)」。

【その時の記事】
kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)がOPENしましたあ~【世田谷区世田谷・上町駅】

お店を発見した時は
入店しませんでしたが
あらためて行ってみました。

気になっていた
「ロティサリーチキン」を賞味。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)に来ました

東急世田谷線上町駅から
世田谷通りを
農大方面へ歩くこと3~4分。

世田谷通りから
ちょこっと入ったところに
「kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)」があります。

kitchen_a_la_yanに来たら行列

開店時間の午前11時30分過ぎでしたが
お店の前に軽く行列ができています。

入れなかったら
「来々軒」か
「hachidai cafe」にでも
行こうかなと思いながら
遠巻きに眺めていると
全てのお客さんが
お店へ入って行ったので
近づいてみます。

kitchen_a_la_yan外観

1月16日に来た時は
まだ看板がありませんでしたが
テントっぽい生地のオレンジ色の看板ができています。

kitchen_a_la_yanテント生地の看板

お店の前の立て看板は
1月16日と同じですが
「岩手野菜のごった煮ポトフ」という
貼紙が追加されています。

kitchen_a_la_yanの立て看板その1

反対側は前と同じ。

kitchen_a_la_yanの立て看板その2

kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)へ入店

それでは入店してみます。

ドアを開けて中へ入ると、、、

満席。

だったのですが、、、

どうにか1席作ってもらい
無事に着席。

まず目に入るのが
ケースに入った
ロティサリーチキンたち。

kitchen_a_la_yanケースに入ったロティサリーチキン

マンガに出てくるような鶏の丸焼き。

厨房の奥には
ロティサリーオーブンが見えます。

kitchen_a_la_yan厨房のロティサリーオーブン

2羽が丸焼き中です。

kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)メニュー

メニューを眺めてみます。

昼前なのでランチメニューです。

kitchen_a_la_yanランチメニューその1

期間限定ハンバーガー
¥750
(スープ、サラダ付)

というのが気になりますね~

裏側は、、、

kitchen_a_la_yanのパーティメニュー

パーティーメニューです。

6品で
1人前¥3,000(税込)。

壁にもいろいろ貼られています。

kitchen_a_la_yanの壁に貼られたメニューたち

  • われらが岩手、<広田湾のカキ> 1個450円
  • 岩手野菜のごった煮ポトフ 1人前400円
  • <旬の生牡蠣>兵庫・室津“室津” 1コ450円
  • <旬の生牡蠣>福岡・糸島“みるくがき” 1コ450円
    などなど

ロティサリーチキンランチを注文

いろいろ気になるものがありましたが
ここはこのお店の一番のウリ
「ロティサリーチキン」を注文します。

ランチ時は
「ロティサリーチキンランチ」
サラダ・スープ・ライス付
¥900(税込)
です。

まずはスープが出てきました。

ロティサリーチキンランチのスープ

続いてサラダ。

ロティサリーチキンランチのサラダ

そして、待つことしばし、、、

ロティサリーチキン登場~

ロティサリーチキンランチ

kitchen_a_la_yanのロティサリーチキン

メインのロティサリーチキンは
3つのかたまりで出てきました。

1羽の半分くらいを使っていそうな感じです。
(値段から考えると4分の1くらい?でしょうか???←推測)

kitchen_a_la_yanのロティサリーチキン2

分厚い肉。

というよりは、、、

肉のかたまりです。

ロティサリーチキンランチのポテト

ポテト。

小さめなものを2つに切って
軽く揚げたような感じです。

ロティサリーチキンランチのにんじんとたまねぎのマリネ

にんじんとたまねぎ。

香りからするとマリネのようです。

ロティサリーチキンランチのライス

ライスはめちゃ少なめ。

詰め込めば1口で入りそうな分量。

これはチキンはおかずではなく
チキンの方こそがメインで
ごはんは
「付け合せのひとつ」
という位置付けでしょうか。

チキンを切ってみます。

kitchen_a_la_yanのロティサリーチキンの断面

あらら、ピントが合っていませんね。。。

オーブンで丸焼きにされているうちに
すっかり脂肪が落ちているようで
見た感じは蒸し鶏のようです。

ロティサリーチキンランチを賞味

それでは賞味していきます。

まずはロティサリーチキンから、、、がぶり。

見た目だけでなく
お味も蒸し鶏のようです。

柔らかくて
脂肪が落ちてサッパリしていて
それでいて中まで味が付いている感じ。

「中まで」と書いたものの
あまりに肉が分厚いので
中心部は鶏肉本来の味が残っています。
ちょっと土っぽい味。

じゃがいもは
でんぷんからくる
自然な甘みを感じます。

にんじんとたまねぎは
やはりマリネのようでした。
シャキッとした食感で
新鮮な感じ。

サラダは
サニーレタス
水菜と、、、

パクチーっぽいものが入っていましたが
パクチーではない感じ。
何でしょうね~

スープはじゃがいもっぽいです。
生クリームとパセリがかかっています。

がぶりがぶりと賞味して、、、完食完飲。

くわっちーさびたん(ごちそうさまでした)。

SHOP CARDをもらいました

料金を支払って
「お店の名刺はありますか?」
と尋ねてみたところ、、、

店員さんが奥の方へいって
ガサゴソガサゴソ。。。

しばし待たされて出てきたのはSHOP CARD。

kitchen_a_la_yan_SHOPCARD1

kitchen_a_la_yan_SHOPCARD2

3つ折りになっていて
内側にはメニューがいろいろ。

kitchen_a_la_yan_SHOPCARD3

ポイントカード兼用になっています。

kitchen_a_la_yan_SHOPCARD4

  • 500円ごとに、1スタンプ押印
  • 10スタンプで500円引き
  • 20スタンプで1,000円引き
  • 有効期限1年間

1スタンプ目は
初めから印刷されているので
実質9スタンプで500円引き
19スタンプで1,000円引きのようです。

それと、、、

誕生日を記入する欄があるので
何かあるのかもしれませんね。

Yさまのまとめ

ロティサリーチキンは
大ボリューム。

ごはんがあまりに少量なので
「足りないかも」と思いましたが
チキンがドカンと大きいので
充分にお腹にたまりました。

他のメニューたち

  • コクとろチキンカレー
  • 彩り野菜のヘルシーカレー
  • 手作りハンバーグ
    etc

なんかも気になるので
また行きたいと思います。

Kitchen a la yan(キッチン ア・ライアン)

東急世田谷線上町駅から徒歩3~4分
住所:東京都世田谷区世田谷2-14-3 TKビル 1F
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)/17:30~24:00(L.O.23:30)
定休日:火曜日
TEL:03-5426-3607/FAX:03-5426-3608

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする