川崎駅西口に地上28階のオフィス棟と地上18階のホテル棟 2022年計画

川崎駅西口にビル2棟を計画サムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)が
川崎駅西口に
地上28階と地上18階のビル建設を
計画していますね。

2022年完成予定。

いろいろ情報を収集してみました。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

川崎駅西口開発計画
計画概要

事業主体:東日本旅客鉄道株式会社

所在:神奈川県川崎市幸区大宮町1番5外

用途:業務、宿泊、商業施設

敷地面積:約12,400平方メートル

建築面積:約11,150平方メートル

延床面積:約138,900平方メートル

建物高さ:約131m(塔屋等を含む最高高さ約143m)

階数:
オフィス棟 地上28階、地下2階
ホテル棟 地上18階

その他導入施設:
コンファレンス(会議室等)
生活利便施設
公共施設(ペデストリアンデッキ、緑地等)

着工予定:2018年2月

完了予定:2022年4月

※2017年1月6日(金)時点の計画なので、変更になる可能性アリ

計画地位置図

川崎駅西口開発計画の計画地20170112

計画建物配置図

川崎駅西口開発計画建物配置図20170112

計画建物断面図

川崎駅西口開発計画の計画建物断面図20170115

フロア概要

オフィス棟

地上28階、地下2階

建物高さ:約131メートル

地下2階~地上1階:駐車場等

2階~4階:業務・商業施設等

5階~28階:業務施設

ホテル棟

地上18階

建物高さ:約60メートル

1階:駐車場等

2階~3階:宿泊・商業施設等

4階~18階:宿泊施設

Yさまの所感

場所はJR川崎駅西口のすぐ近く。

「ミューザ川崎」と
JRの線路の間の土地。

何年も駐車場になっていた場所ですね~

建物配置図や
建物断面図などを
眺めてみると、、、

おそらく2階部分に
誰でも通行できる
ペデストリアンデッキが
設置される計画。

JR川崎駅からは
ミュープラザデッキを経由して
直結しそうな図になっていますね~

また、川崎駅と反対側の道路
(市道大宮町202号線)にも
歩道橋を新設することになっています。

UR都市機構
「アーベインビオ川崎」へも
2階デッキから
道路の上をまたいで
直結ということでしょうかね~

主な建物は2棟。

駅に近い方がホテル棟。

駅から遠い方がオフィス棟。

他には
ミューザ川崎のすぐ隣に
小さな建物が見えます。

また、
オフィス棟も
ホテル棟も
メインな部分とは別に
低層な部分が
合体しているような構造のようにも見えます。

オフィス棟の屋上には
さらに塔屋がありそう。

実際に

(塔屋等を含む最高高さ約143m)

となっていますね~

各棟には
商業施設も
予定されています。

オフィス棟は2階~4階。

ホテル棟は2~3階。

なんとなーくな予想として
賃貸面積(←売場面積ではなく)で
13,000~15,000平方メートルくらいの規模に
なるような、ならないような。
(↑Yさまの勝手な推測なので根拠ナシの数字です)

もしそのくらいの規模になるのであれば
けっこうな数のテナントが入居できますね~

Yさまの興味としては
ウマいものを堪能できる
飲食店テナントを
入れてくれるのかなーというところ。

まあ、このあたりは
次の発表を待つことにしましょうかね~

Yさまのまとめ

JR川崎駅というと
東口に街が広がって、、、

西口は
東芝やら明治製菓やらの
工場たちが
駅前にどどーんと鎮座していた印象。

そんな工場たちが撤退して
(ちょこっと離れた場所にキャノンが健在ですが)
デカい建物が
ボコボコと出現していますね~

デカい商業施設は
すでにあるので
オフィスとホテルの新設
といったところなのでしょうか???

1日乗車平均人員が
20万人を超えて
さらに増加傾向にある
JR川崎駅ですが
さらに駅利用者が
増えそうですね~

JR東日本としては
ビルでも
電車でも
収入が増えたら
大成功ですね~

川崎市としても
宿泊施設やら
商業施設やらのみならず
オフィス棟に
新たな事業者が
入居してくれたりしたら
税収アップで
ムフフといったところでしょうか。

まあ、ようやく
環境影響評価手続きが
はじまったところなので
どうなるのかわかりませんが
これからの動きを
注目していくことにします~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする