川畑兄弟CD発売日ライブ@抱瓶(高円寺)を観てきましたあ~

川畑兄弟CD発売日高円寺抱瓶ライブサムネイル

Yさま(@ysb_freeman)です。

ちょっと前になりますが
2015年2月18日(水)。

川畑兄弟
CD発売日ライブを観に
高円寺の抱瓶へ行ってきました。

演奏曲目(セットリスト)は
最後にまとめてアップしておきます。

よろしければ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

高円寺・抱瓶に来ました

高円寺の抱瓶へ向かいます。

フツーは中央線で
高円寺駅下車、、、

という人が多いと思いますが、、、

バス好きなYさまは

世田谷→渋谷 バス

渋谷→新高円寺 バス

新高円寺→高円寺 高円寺ルック商店街を徒歩

というルート。

世田谷を出る時は雨でしたが
高円寺ルック商店街を歩いている頃は小雨。

高円寺に着いた頃に雨があがりました。

そんなこんなで
抱瓶の前に到着。

高円寺抱瓶に来ました

高円寺抱瓶ののぼり

高円寺抱瓶の光る看板

高円寺抱瓶の木の看板

抱瓶に来るのは
1月20日の
THE TWISTARS(ザ・ツイスターズ)の
ライブ以来なので
約1ヶ月ぶり。

【参照】

入口には、、、

高円寺抱瓶入口のライブ案内の貼紙

「本日1階はライヴです。」
「2階は通常営業です。めんそーれー!」

抱瓶へ入店してすぐにCDをGET

それでは入店します。

入口でチャージ2,000円を支払います。

と、その横で
この日、発売になったばかりのCDが
販売されていたので
さっそくGETしました。

店員さんにカウンター席へ案内され着席。

さきほどGETしたCDを
眺めてみます。

川畑兄弟与論島慕情CDを発売日に購入

ジャケットの写真は
「ハミゴウの夕陽(撮影:和田州生)」
と書いてあります。

帯には与論島の場所を示す地図。

「ヨロン島観光協会公認CD」と書いてあります。

川畑兄弟与論島慕情のCDウラ側

ウラ側は
「百合が浜と海(撮影:和田州生)」。

ライブが始まるまで
抱瓶店内をウロウロ

ゴーヤー炒飯(864円)を注文して
ライブの始まりを待ちます。

賞味した様子はまた別の記事でアップします。

店内に貼られたライブのチラシ。

川畑兄弟高円寺抱瓶ライブのチラシ

こちらがライブ前のステージの様子。

川畑兄弟高円寺抱瓶ライブのステージ

カホン
シンバル
アコギ
三線
などなど。

なんてウロウロしているうちに
みるみる客席はいっぱいに。

ギュウギュウ状態です。

川畑兄弟CD発売日ライブ
第1部

この日のライブは2部構成。

開始時間の20時を過ぎた頃に
川畑兄弟とサポートギターの相馬圭二さんが入場。

ステージでセッティングをはじめるとBGMが流れはじめます。

曲は、、、「兄弟仁義」。

兄弟仁義のキリの良いところで、、、

第1部のはじまり。

1曲目は
CDタイトル曲の
『与論島慕情』。

続いてそのまま2曲目のイントロ。

その中で川畑兄、アキラさんから
「今夜はみなさんの血をヨロン色に染めたいと思います」
と挨拶。

そして2曲目は
『ウヮーチタバーリ』。

2曲目が終わりMC。

兄・アキラさんから
「うちの弟、智史は、、、めでたく本日メジャーデビュー」

ということで
弟・智史さんから挨拶。

智史「帯をギュッとしめて、、、」

相馬「“兜の緒”じゃねぇか???」

などなど、いろいろ面白い挨拶でした。

このタイミングで相馬圭二さんの紹介。

そして3曲目
「じいちゃんの三線で書いた曲です」
ということで
『甦る人々』。

そのまま
4曲目『与論ラッパ節』。。。

いわゆる『与論ラッパ節』とは
歌詞は同じで
メロディが違うような。。。

こういうバージョンもあるのですねぇ~。

ここでMC。

兄・アキラさんから。

「『与論ラッパ節』も
『与論小唄』も
元々は与論を出た人たちが
三池炭鉱で働いて
寂しい時に与論の歌を歌って
お互い励まされたという曲。

。。。ということで書いた曲。

「黒いダイヤ」というのは
「石炭」のことです。」

という話があり
5曲目『黒いダイヤの涙』。

歌が終わって
兄・アキラさんのMC。

会場となっている「抱瓶」に対して
川畑兄弟のポスターを
さっそく貼ってもらっていることの感謝。

「目の奥が笑っていないところが似ている、と言われる」
byアキラさん

「第1部、最後の曲です。
休憩をはさみまして第2部。
全く同じ顔ぶれで。」

6曲目『ティダ(情熱バージョン)』。

ラテンな雰囲気のアレンジの『ティダ』です。

後半に川畑智史さんのパーカッションソロやら
相馬圭二さんのアコギソロやらが飛び出し盛り上がります。

演奏終了と共に第1部が終了。

拍手に送られてメンバーが退場していきます。

川畑兄弟CD発売日ライブ
第2部

第1部が終了して30分後くらい。

BGMが鳴りはじめます。

曲は、、、『兄弟船』。

そしてメンバー入場。

『兄弟船』の1番が終わったところで
第2部の始まり。

まずは川畑弟・智史さんの話から。

そして1曲目『ヤブカラボウ』。

弟・智史さんのアコギ弾き語り曲です。

曲が終わった後のMCで
弟・智史さんのオリジナル曲『イカ』の話題が出ると
観客から『イカ』コール。

ということで
急遽『イカ』も演奏することに。

さりげなく兄・アキラさんが
アドリブでコーラスを入れたりしていました。

続いて2曲目を準備している間に
川畑兄弟で会話。

智史「ウチの親父、、、共通の親父なんですけれども、、、」

兄・アキラさんが左利きなのは
父親がリトルリーグの監督をやっていて
左に改造されたという話。

兄・アキラさんは
父親がこわくて
高校3年の県大会が終わるまで
「野球をやめる」とは言えなかった話。

弟・智史さんは
途中で野球をやめることができた話。

などなど。

相馬さんの
「そろそろ曲いこう」で
ようやく兄弟の話が終わり、、、

2曲目
『親父殿よ ~ウヤウムイノウタ~』
(川畑兄弟バージョン)。

2曲目が終わり
兄・アキラさんのMC。

CDの中に
小さい頃の智史さんの写真が載っている話。

その写真は
兄・アキラさんが赤羽に住んでいた頃
まだ小さかった智史さんが
赤羽に遊びに来た時の写真という話。

当時、兄・アキラさんは大学生で
弟・智史さんを遊びに連れて行けず
智史さんは1日中、家でファミコンをやっていたという話。

当時、好きだったファミコンソフトの話。

などなどあったところで、、、

3曲目『与論のサンゴ祭り』。

ここで兄・アキラさんのMC。

与論に「どうかどうか」という言葉があって
「どうもどうも」という意味で
親しい人たちとの挨拶で使うという話。

兄から見ると
弟はまっすぐ育ってくれたなと思う話。

兄・アキラさんと
5つ下の妹とがケンカがたえず
それを見かねた両親が
弟・智史さんを作ったという話。

『どうかどうか』という曲は
智史のために作った曲ではないけれど
「生まれてきてくれてありがとう」
という気持ちを込めたバラードという話。

などなどあって
4曲目『どうかどうか』。

5曲目のイントロにのせて
兄・アキラさん
「残すところあと2曲」
「もちろんアンコールにはこたえますが」

この日ギターを弾いている
相馬圭二さんが曲を書いて
川畑アキラさんが与論の方言で歌詞をつけた、、、

と曲を紹介。

5曲目『マーブイユシ~魂寄せ~』。

曲が終わって
「YORON BLOOD」Tシャツの宣伝。

そのまま最後の曲。

6曲目『YORON BLOOD』。

珍しくラップ調の曲。

曲が終わって
「川畑兄弟でした」と
第2部終了。

川畑兄弟CD発売日ライブ
アンコール

第2部が終了して
1分くらいで再びメンバー登場。

川畑アキラさんからの第一声は
「ヨロンブラッッッドッ」という叫び。

まずは会場・抱瓶への感謝の言葉。

そして4月5日に予定されている
抱瓶花見の告知。

「その前日」ということで、、、

4月4日
LIVE STAGE GUILTY
「川畑兄弟 レコ発ワンマンライブ」
の告知。

そしてアンコール1曲目
『サクラサク』。

曲が終わり
弟・智史さんが
この日がメジャーデビュー日ということで挨拶。

高校野球の選手宣誓風の挨拶に
アキラ「さすが途中でやめたけど元高校球児」。

そして曲紹介。

智史「常識上、最後の曲を」

アキラ「大人になったな」

智史「与論島の言葉で運命という言葉です」
智史「ヌサリ」

アンコール2曲目『運命(ヌサリ)』。

曲が終わりメンバーが退場していきます。。。

川畑兄弟CD発売日ライブ
アンコール2回目

アンコールが終了して1分ちょっとして、、、

再びメンバーが戻ってきました。

兄・アキラさん
「そんなにわれわれとかんぱいしたいと」

グラスになみなみと注がれた
「ヨロンブラッド」(←おそらく有泉ストレート)が
アキラさんに手渡り、、、

ということで
メンバーとお客さんと店員さんと
みんなでかんぱい。

そしてアキラさん
そのまま全て飲みほしてしまいました。

翌日の昼から
沖縄・那覇で生放送ゲストのはずですが
大丈夫でしょうか。。。
(→ちゃんと翌朝便で那覇へ旅立てたようです)

「炎の店、抱瓶、ありがとうございました」

「最後の曲は、、、炎の曲」

ということで歌い出したのは、、、

Deep Purple『Burn』。

これは貴重なものを聴いてしまいました。

1番を歌い切り
そのリズムを刻んだまま、、、

アキラ
「続いての曲は
オレの弟、川畑智史が
高校の文化祭で
生まれて初めてカバーしてくれた曲」

ということで
アンコール2回目
「運命船サラバ号出発」。

この曲がこの日、最後の曲となり、、、

「ありがとう、また会いましょう」で全て終了。

Yさまのまとめ

川畑アキラさんと
川畑智史さんが
一緒にステージにいる姿は
何度も観てきましたが
「川畑兄弟」名義で観るのは
これで2回目。

【初めて観たのはコチラ】

ワンマンとしては初でした。

与論要素いっぱいの楽しいライブ。

お客さんの中にも
与論関係の人が
チラホラといたようです。

ライブ終了後は
川畑アキラさん、智史さんが
この日、抱瓶で
お客さんが購入したCDに
サインを入れていました。

Yさまも購入者ではありましたが
けっこう並んでいたので
サインはもらわずに抱瓶を出ました。

演奏曲目
(セットリスト)

第1部

入場BGM 兄弟仁義

1.与論島慕情
2.ウヮーチタバーリ
3.甦る人々
4.与論ラッパ節
5.黒いダイヤの涙
6.ティダ(情熱バージョン)

第2部

入場BGM 兄弟船

1.ヤブカラボウ
・.イカ
2.親父殿よ ~ウヤウムイノウタ~(川畑兄弟バージョン)
3.与論のサンゴ祭り
4.どうかどうか
5.マーブイユシ~魂寄せ~
6.YORON BLOOD

アンコール1回目

1.サクラサク
2.運命(ヌサリ)

アンコール2回目

・.Burn
1.運命船サラバ号出発

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする